ANAカードでANAマイルがもっと貯まるショップをまとめてみました

シェアする

マイルを貯めるだけならANAカードは必須ではありません。しかしANAカードがあればもっとマイルが貯まったのに、という場面があることも事実。ANAカードを利用するとお得になる場面、まとめてみました。

買い物

Alexas_Fotos / Pixabay

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ANAカードなんて必要ない?

ANAカードは利用することでANAマイルが貯まるクレジットカード。ANAマイルを貯めるために必須のカード、というわけではありません。理由はANAカード以外のクレジットカードでもANAマイルを間接的に貯めることができるから。むしろ別のカードの方がマイルが貯まる場合もあります。

しかしANAカードならではの特典が数多く用意されているのも事実。ぜひ1枚はANAカードを所有しておかれることをおすすめします

ANAカードが活躍する場面は?

ANAカードが活躍する場面、すなわちANAマイルがより多く貯まる場面です。精算時にANAカードを出すことでお得になる場面はこんなにあるんです。

ANA航空券を購入する場合

ANA 国内線、国際線航空券・エアージャパン国際線航空券をANAグループで購入する際にANAカードを利用すると、カードのポイントとは別に、100円ごとに1マイルが貯まります。

これはANAがANAカードマイルプラス提携店だから。

ANAカードマイルプラス提携店はANAカードで支払うとANAマイルがより多く貯まる店舗。総本山のANAで利用してもしっかりとマイルが貯まります。

このほかにも、ANAカードの種別によってさらにマイルが貯まります。

  1. ANAアメリカン・エキスプレス・カード 100円=1.5マイル
  2. ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 100円=2マイル
  3. ANA VISAプラチナ プレミアムカード 1000円=15マイル
  4. ANA JCBカードプレミアム 1000円=13マイル
  5. ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード 100円=2.5マイル

ANA航空券をよく購入する人(陸マイラーではない人)はANAカードをしっかり活用すれば、どんどんマイルが貯まっていきます。

ANA便搭乗時にボーナスマイルが貯まる

ANAカード所有者がANA便に搭乗すると、ボーナスマイルがもらえます。一般カードは10%、ワイドカード、ワイドゴールドカードは25%、プレミアムカードは50%分のボーナスマイルを加算。これも陸マイラー向けではありませんが、年に1回海外旅行へ行かれるだけでも貯まるマイルに差が付きます。

あなたに合ったANAカードの選び方 check!

ANAカードマイルプラス提携店を利用する

ANAでの航空券購入でマイルが実質2倍貯まることは先ほどお示ししましたが、その他にもANAカードを利用することでマイルが貯まるANAカードマイルプラス提携店は多数あります。そのすべてを記憶しておくことは困難ですが、よく利用する店舗がANAカードマイルプラス提携店なのかは把握しておいた方が良いでしょう。

【ANA公式サイト】ANAカードマイルプラスで貯める。あなたの旅や暮らしを豊かに彩る「ANAマイレージクラブ」。特典航空券や、キャンペーンなどANAのマイルを貯めて使えるサービス満載。

ガソリンスタンドを利用するならエネオス

ガソリンスタンドでANAマイルを貯めるならエネオスがお得。ANAカードマイルプラス提携店のエネオスではANAカードでの支払い100円ごとに1マイルが加算されます。ガソリン代は一度給油すると結構高額になるので、しっかりマイルが貯まります。

コンビニを利用するならセブンイレブン

セブンイレブンでANAカードを支払いに利用すれば、200円ごとに1マイル貯まります。nanacoポイントが付く商品ならnanacoで支払う方がお得ですが、通常商品はANAカードの方がマイルが貯まります。最近はコンビニでクレジットカード払いもしやすくなりました。

コーヒーを飲むならスターバックスで

スターバックスでANAマイルを貯める場合はスターバックスWEBサイトを利用しましょう。WEBからあらかじめ用意したスターバックスカード(モバイルカードもあります)にANAカードからチャージすれば100円ごとに1マイル貯まります。店舗でANAカードを利用した場合は200円ごとに1マイルの加算となり、スターバックスカードにチャージするよりも加算マイルが減ってしまうので注意です。

空港へ行くなら京成スカイライナー、エアポートリムジン

成田空港へ行く際に利用する京成スカイライナー。スカイライナー券の購入でもANAマイルが貯まります。京成電鉄のスカイライナー券窓口・スカイライナー券自動券売機、「スカイライナーチケットレスサービス」での購入が必要となりますが、100円ごとに1マイルが加算されます。

エアポートリムジンでもANAマイルが貯まります。こちらは

  • 東京シティ・エアターミナル(T-CAT)
  • 新宿駅西口
  • 横浜シティ・エア・ターミナル(YCAT)
  • 成田空港

でのチケット購入の際、ANAカードを利用すれば100円ごとに1マイルが加算されます。

まとめ

ANAカードは日常で利用することでより多くのマイルが貯まる重要なツールです。普段使いするもよし、決まったシーンで登場させるのもよし。ぜひ財布に1枚入れておきたいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク