Google Mapやストリートビューだけじゃない!旅行に役立つGoogle検索

シェアする

スマホでGoogleマップを利用すると、GPS機能で現在地を知ることができます。初めての場所でもどこにいるのかが正確にわかるので、旅先では非常に便利。

初めて行く場所でも、あらかじめストリートビューで目印を見つけておけば、スムーズに目的地にたどり着くことができます。

でもGoogleにはマップやストリートビュー機能以外にも、旅行に役立つ便利な検索方法があるのをご存知ですか?”隠しコマンド”というほどのものではありませんが、旅行前、旅行中に役立つ検索方法をお伝えしたいと思います。

スマートフォン

geralt / Pixabay

スポンサーリンク
スポンサーリンク

旅行日程を考えるのに役立つGoogleの検索方法

旅行日程を考えるときに、出発地と目的地の間に就航している航空会社が検索できると便利です。特にマイルを利用した特典航空券の予約には、同じアライアンス(航空連合)に属する航空会社が就航している路線がわかれば、旅程を組みやすくなります。

都市間・空港間に就航している航空会社を検索する方法

海外航空券を検索できるサイトであれば、就航している航空会社も、運賃もわかりますが、もっと手軽にGoogleを利用して検索することができます。

方法は都市名、空港名を検索窓に入力するだけ。スリーレターコードを知っていると、さらに簡単に検索ができます。

スリーレターコードとは各都市、各空港に定められた記号で、3文字でどこの空港か、どこの都市かがわかるようになっています。

例えば、成田空港ならNRT、羽田空港ならHNDです。東京を表すスリーレターコードはTYOとなります。

試しに、成田空港からタイ・バンコク(BKK)へ行く便を検索してみます。Googleの検索窓に「NRT BKK」と入力するだけ。すると検索結果が、

Google検索結果

運行スケジュール、航空会社が一目でわかります。

ご丁寧に、乗り継ぎ便も出てきます。

googlebinkennsaku02

空港のスリーレターコードを知らない場合でも、「成田からバンコク」と検索しても同じ結果が表示されます。

さっと検索できるので航空会社を選ぶときや旅行ルートを検討するときに便利です。

旅先で役立つGoogleの検索方法

電卓として利用

Google検索窓に「電卓」と入力すると、電卓が表示されます。

電卓

検索ですので、通信環境(WiFiや現地で使えるSIMカード)が必要になりますが、電卓アプリが入っていない場合に便利。いちいち電卓アプリを起動する必要もありません。

通貨換算機能

Googleの検索窓に日本円に換算したい通貨を入力すると、現在のレートでの金額を表示してくれます。

例えば126米ドルを知りたいときは、「126USD」と入力。

米ドル通貨換算

126ユーロっていくらぐらいかな、と知りたいときは「126EUR」と入力。

ユーロ通貨換算

「USD」や「EUR」というのは各国の通貨に付けられている”ISO code”。先ほどのスリーレターコードのようなものが、通貨にもついています。このコードで検索すると間違いがありませんが(米ドルとシンガポールドルのようにどちらも表記がドルのような場合)、126ドル、126ユーロと入力してもちゃんと検索結果に表示してくれます。

滞在国の”ISO code”をあらかじめ調べておくとスマートですね。

主な通貨のISO code

日本円 JPY

アメリカドル USD

ユーロ EUR

イギリスポンド GBP

オーストラリアドル AUD

カナダドル CAD

シンガポールドル SGD

スイスフラン CHF

韓国ウォン KRW

ニュー台湾ドル TWD

人民元 CNY

ベトナムドン VND

香港ドル HKD

マレーシアリンギット MYR

インドネシアルピア IDR

天気予報を調べる

観光にいくときに重要なのは天候です。晴れなのか、雨なのか、気温や風の強さもわかると服装を考えることが出来ます。

でも海外で現地の天気予報をどうやって調べれば?

これもGoogleで解決可能。

「地名(都市名)+天気」と検索すれば表示されます。

天気予報

今回は「東京+天気」で検索しましたが、「シンガポール+天気」や「ニューヨーク+天気」と検索すれば、日本語で情報を得ることができます。

アメリカなどでは、テレビの天気予報では華氏何度(°F)と表示されます。セ氏(℃)に慣れている私たちにはその気温が暑いのか寒いのか、パッとわかりません。Google検索ならセ氏(℃)で結果が表示されるので、体感的な気温を知ることが出来ます。

フライト情報を知る

これから搭乗する予定の便名(フライトナンバー)を入力すると、フライト情報を知ることができます。

例えば「JL066」と入力すると、

日本航空66便フライト情報

JAL066便の情報が表示されます。

今回は既に出発済みでしたので、現在の運航状況が表示されています。17:07に出発し、サンディエゴには予定より少し早い現地時間の9:23に到着予定のようです。

出発、到着ターミナルやゲートまで表示されるので便利です。

まとめ

Googleはユーザーにいかに親切に、フレンドリーに対応できるかということを常に考えている企業です。その姿勢がこのような検索結果に反映されているんでしょうね。

検索だけでさまざまな情報を得ることができるので、これらの検索方法を知っていると旅行前、旅先で役に立ちますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク