JAL・成田-ジャカルタ線ファーストクラスを廃止

シェアする

私もよく参考にしている、Routes Online (Airlineroute)。航空会社のスケジュールや機材についていち早く情報を伝えるサイトです。

Routesonline is the home of Routes, the world’s leading aviation network development conferences and events. Plus aviation news and features, and profiles of gl...

新たに就航する路線や、機材の変更など、航空路線に関する情報をキャッチするのに最適なこのサイトに、JALジャカルタ線に関する情報が掲載されました。

JAL

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JAL・ジャカルタ線の機材変更

Routes Onlineに掲載されたのは、”JAL Jakarta aircraft changes in March 2017“という情報。2017年3月から機材が変更されるとのことです。

2017年2月末までは、Boeing 777-300ERで運航しますが、3月からは787-9に置き換えられます。機材変更により供給座席数が減少するほか、ファーストクラスが廃止されます

JALが運航するアジア路線では唯一ファーストクラスの設定があった成田-ジャカルタ線ですが、今回の機材変更によって、アジア路線でファーストクラスに乗ることはできなくなります。

2016年にJALファーストクラスに実際に搭乗してファーストクラスのサービスを取材する番組が放送されましたが、運航時間が最も短いジャカルタ線が選択されていました。

またJALと提携を開始したアラスカ航空のマイルで、JALアジア路線のファーストクラス(実質ジャカルタ線しかありませんが)を非常に少ないマイルで予約できることが話題となりましたが、それも不可能になります。

私もいつかはジャカルタ線でJALファーストクラスを体験してみたいなと思っていましたが、それもかなわなくなってしまいました、残念です。

Boeing 777-300ERはどこへ投入されるのか?

ではジャカルタ線から外された、ファーストクラスを搭載したBoeing 777-300ERはどの路線に投入されるのでしょうか?

ひとつは2017年3月末でJALの新規路線就航を制限されていた「8.10ペーパー」の期限が切れます。4月からは新たな路線を開拓することが出来るようになります。そこで羽田空港とニューヨークなど米国本土を結ぶ路線を新規開設し、ファーストクラス設定のあるBoeing 777-300ERを投入するのではないかと考えています。

ニューヨーク線はビジネス需要も多く、ビジネスクラス、ファーストクラスなどの収益性の高い座席がしっかりと売れる路線です。さらにビジネスマンに人気の羽田空港からとなると、ドル箱路線となる可能性大です。

ジャカルタ線はビジネスクラスで稼ぎ、ニューヨーク線に総力を注ぐのではないかと思います。

ハワイ路線にファーストクラス再投入の可能性は?

リゾート路線の花形、ハワイ線。ハワイアン航空は就航路線を増やし、ANAはA380を投入し、攻勢を強めています。

ANAのA380にはファーストクラスも設定されると目されており、その対抗としてJALもファーストクラス設定機材を導入する可能性があるのではと思います。

となると現状ではBoeing 777-300ERを投入するしかないのですが、どうでしょう?

2016年12月28日~2017年1月8日の期間中、JALは羽田-ホノルル線に777-300ER型機を投入、ファーストクラス設定のある機材で運航しました。普段使用している機材は777-200型機ですから、年末年始限定ではありますが大型化したわけです。

ANAのA380納入は2019年。それまでには何か動きがあるでしょうか。

まとめ

ジャカルタ線のファーストクラス廃止は残念ですが、ニューヨーク線のファーストクラスは、そのサービスを最大限受けられる路線となります。いつかはファーストクラスでニューヨークへ!夢は膨らみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク