マイナス金利時代はクレジットカードを使え!

カードと紙幣 クレジットカード

マイナス金利が導入され、預貯金の金利も下がる一方です。

預貯金でお金を増やすことができない時代に、自衛策としてとれることは無いのか?私はクレジットカードの利用を推奨します。その理由は…

 

カードと紙幣

 

 

マイナス金利時代

マイナス金利とは?

マイナス金利が導入されてひと月ほど経ちました。

マイナス金利といっても、私たちの預金につく金利がマイナスになるわけではなく、銀行が日銀にお金を預けると利子がもらえず、逆に利子分のお金を払わなければならなくなることです。

しかし私たちにももちろん影響があり、預金しても利子がほとんどつかなくなります。

 

銀行に預金しても

ゆうちょ銀行でみてみると、2016年3月15日現在の通常貯金の金利は0.001%。

これは100万円を1年間預けてもらえる利子が10円ということ。すっげー、少なくてびっくりします。

 

 

クレジットカードを活用しよう

さて、このマイナス金利時代に私たちができることはなにか無いでしょうか?

銀行に預けても資産は増えないことは明らかです。かと言って、投資するにもリスクがあります。投資を考えるなら、やはりいろいろと勉強しなければいけません。

 

そこで、クレジットカードの活用です。

 

 

マイナス金利だからクレジットカードを使う理由

クレジットカードを利用すると、カード会社から利用額に応じたポイントがもらえます。

多くの場合、このポイントには利用額の0.5%から1%に相当する価値があります。

 

先ほどの利子の計算では100万円預けて1年間でもらえるのが10円でしたが、同じ100万円をクレジットカード払いで利用すると、0.5%ポイント還元なら5,000円、1%ポイント還元なら10,000円に相当するポイントがもらえるのです。

 

10円と5,000円、その差は明らかです。

 

 

クレジットカードは借金でしょ?

クレジットカード利用でいくらポイントがもらえると言っても、それは出費に他なりません。

100万円貯金しておけば100万円は残りますが、100万クレジットカードで使えば、100万円は消えてなくなります。

ですから利子とポイントを同列で扱うことはできません。

 

私がお伝えしたいのは、クレジットカードをどんどん利用しましょうということではなく、避けれない出費をクレジットカード払いにすることで生活防衛ができますよ、ということです。

 

 

毎月の固定費をクレジットカード払いに

例えば光熱費。電気料金やガス料金は生活するうえで必須のインフラであり、毎月支払いが生じます。

携帯料金などの通信費も今や必要な出費でしょう。もちろん、少ない方がありがたいですが。

 

そういった固定費をクレジットカードで支払うことで、0.5%や1%分のポイントが還元されるのです。

 

特にキャッシュバック型クレジットカードを利用すれば、ポイントはそのまま出費の削減につながります。

 キャッシュバック型クレジットカードはマイルに代わる必需品

 

 

マイルを貯めれば旅行に行けます

私は陸マイラーなので、クレジットカードはマイルが貯まるものを利用しています。

キャッシュバックを受けられる方が直接的なお得感がありますが、貯まったマイルを利用して旅行に行くと、さらにお得感が高まります。

 

 マイルの魅力を語ろう

 

 

 

まとめ

固定費の支払いだけでマイルを貯めることは難しいのですが、クレジットカードの利用でポイントを貯めることは、まさに塵も積もれば、であります。

 

 自分でも驚くほどマイルが貯まる方法

 

マイルを貯めていない方もキャッシュバック型クレジットカードを利用することで、マイナス金利時代の自衛になります。

 

 

コメント