還元率1.62%のLINE Payカードと、ポイントサイトでANAマイルを貯める方法

シェアする

大量にマイルを貯めるコツはポイントサイトをうまく利用することです。

今日からあなたも”陸(おか)マイラー”! 陸マイラーとは、飛行機に乗らずにマイルを貯めている人たち。飛ばずに、陸で貯め...

さらに日常生活でクレジットカードをうまく利用して、ポイントサイトと両輪でマイルを貯めれば、特典航空券発券により近づきます。LINE Payカードソラチカカードを組み合わせる方法はまさにANAマイルを貯めるのにピッタリ。LINE-ソラチカルートでANAマイルを貯めて旅に出ましょう!

ANA

LINE Payカードとは?

LINE Payカードは、LINEが発行するプリペイドカード。電子マネーのようにあらかじめチャージしておくことで、クレジットカードのように国内・海外のJCB加盟店で利用できます。チャージした金額以上には利用できないので、適切に使用すれば、使いすぎないように歯止めをかけることができます。

LINE Payカードの一番の魅力は、カード利用金額の2%分のLINEポイントが貯まること。1万円利用すれば200 LINEポイントが貯まります。一般的なクレジットカードでは1%分のポイントしか貯まらないので、2倍のポイントが貯まるカードなんです。

それだけ貯まりやすいLINEポイントですから、マイラー的にはマイルに交換して有効活用したいですよね。LINEポイントは2016年5月末からメトロポイントに交換できるようになり、ソラチカルート経由でANAマイルに高効率に交換できるようになりました。

LINEポイントからメトロポイントへ交換

ソラチカルートとは

ANAマイルへのポイント交換ゴールデンルートは「ソラチカルート」です。

ソラチカルートとは、ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)を利用して、ポイントサイトのポイントを高効率にANAマイルに交換することを言います。

陸マイラーにとって、史上最強のクレジットカードであったソラチカカード。 いったいソラチカカードの何がすごかったのか?そ...

ソラチカルートを利用する際に必ず通るのが東京メトロのポイントである「メトロポイント」です。どんなポイントでも、このメトロポイントへ交換することができれば、ソラチカルートを通してANAマイルに交換することができるのです。

2018年3月末で、ドットマネー、Gポイント、PeX、Netmileからのメトロポイント交換は終了します。LINEポイントからの交換にはアナウンスがありませんが、今後終了する可能性もあります。

LINEポイントをメトロポイントに交換

LINE Payカードで貯まるLINEポイントは2016年5月末より「メトロポイント」へ交換できるようになりました。

LINE

LINEポイントはLINE Payにチャージして使うこともできますし、LINEコインに交換してLINEスタンプを購入することもできます。通常ならこの利用方法でしょうが、陸マイラーはマイルに交換してなんぼ、ですから、マイルへの交換ルートを利用する習性があります。

LINEポイントからメトロポイントへの気になる交換レートは以下の通り。

LINE

300LINEポイントが270メトロポイントに、500LINEポイントが450メトロポイントに、1,000LINEポイントは900メトロポイントに交換できます。

交換率は90%。10%分はLINEの手数料でしょうか。

LINE PayカードのANAマイル還元率は驚愕の1.62%

1,000LINEポイントをメトロポイントに交換すると、900メトロポイントになります。

900メトロポイントをさらにANAマイルに交換すると、ANA810マイルになります。

1,000LINEポイントがANA810マイルになるので、このまま計算するとANAマイル交換率は0.81%。しかしLINE Payカードは100円の利用で2 LINEポイントが貯まるカードであることを忘れてはいけません。

仮に100万円をLINE Payカードで支払ったとすると(実際には一度に100万円もチャージできませんが)貯まるLINEポイントは20,000ポイント。これをメトロポイントへ交換すると18,000ポイントになり、さらにソラチカルートでANAマイルに交換すれば16,200マイルになります。

つまり最終的なANAマイル還元率は1.62%ということになります。

還元率1%のANAカードを利用した場合、100万円の買い物で貯まるマイルは1万マイル。同じ金額を利用しても、LINE Payカードの方が6,200マイル多く獲得できます。いかにLINE Payカード&ソラチカカードの組み合わせがすさまじいものかお分かりいただけると思います。

ポイントサイトからLINEポイントにポイント交換

いくつかのポイントサイトから、LINEポイントにポイント交換できます。

ポイントサイトのポイント1円分が、どれだけのANAマイルになるかを計算したものが、ANAマイル交換率になります。

LINEポイントを、ソラチカルート経由でANAマイルに交換した場合のANAマイル交換率は、0.81(81%)です。LINEポイントに効率よく交換できるポイントサイトは貴重な存在です。

LINEポイントーソラチカルート

ポイントタウン

ポイントタウンからはLINEポイントに等価交換(1円分のポイントタウンポイント=1円分のLINEポイント)できます。交換手数料も無料。もっともLINEポイントを貯めやすいポイントサイトです。

リンク ポイントタウン

Gポイント

GポイントからLINEポイントへも等価交換できます。ただし交換手数料が5%分必要です。でも大丈夫、ポイント交換申請の前月1日~交換申請月の4か月後末日までに対象サービスでのポイント獲得が完了していれば、手数料が戻ってきます。交換申請が2月1日の場合、1月1日から6月30日までに対象サービスを利用していれば条件クリア。

リンク Gポイント

Club Panasonic コイン

Panasonic商品購入者のためのサイト、Club Panasonic。アフターケアなどのサービスサイトと、ポイントサイトが一緒になった異色のサイトが、Club Panasonic コインです。

Club Panasonicコインのポイントは等価交換でLINEポイントに交換できますが、通常は10%の交換手数料が必要。2018年3月まではキャンペーンで交換手数料は無料です。

Club Panasonicコインは、Gポイントへ等価交換できます。Gポイントを経由してLINEポイントに交換すれば、キャンペーン終了後も、実質的に手数料を無料にできます。

リンク Club Panasonicコイン

モッピー

モッピーからLINEポイントへの交換も等価交換です。しかし交換手数料が10%分かかります(330モッピーポイント=300LINEポイント)。しかも交換手数料は戻って来ませんので、実質的なANAマイル交換率は0.73%に落ちます。

モッピーからはGポイントに交換できます。Gポイントギフトに交換し、ギフトコードをGポイントに入力することで交換完了。GポイントからLINEポイントに交換すれば、交換レートはアップし、Gポイントの広告を利用するなど条件を満たせば、Gポイントの交換手数料はポイントバックされます。

リンク モッピー

PeX

ポイント交換サイトであるPeXからもLINEポイントに交換できます。ただし、ポイント交換レートは2/3。15円相当のポイントが10円相当のポイントになってしまいます。

LINEポイント-ソラチカルートによる、最終的なANAマイル交換率は0.54となり、全くお得とは言えません。PeXからLINEポイントに交換するのは最終手段です。

時間と手間がかかっても良い方には、裏Gルートが利用できます。

PeXから三井住友VISAカードのポイントである、ワールドプレゼントポイントに交換し、さらにGポイントへ交換します。GポイントからLINEポイントへの交換は、前述のように対象広告利用で手数料還元が受けられるので、実質手数料無しでポイント交換できます。

裏Gルートの利用には、三井住友VISAカードの発行するクレジットカードが必要ですが、ANA VISAカードやANA Masterカードもワールドプレゼントポイントが貯まるので利用できます。

リンク PeX

PeXにポイント交換できる、ハピタスなど他のポイントサイトも利用できます。

LINE Payカードを入手、利用する方法

LINEアプリから申し込む方法

LINE Payカードの申し込みはLINEアプリから行います。LINE Payカードの発行、年会費は無料です。またクレジットカードではありませんので、所定の審査などもなく、年齢制限もありません(未成年者は親権者の同意が必要)。

まずはLINEアプリを立ち上げ、左端その他タブをタップします。

LINE Pay

中央の「LINE Pay」をタップ。

LINE Pay

LINE Payの登録とともに、LINE Payカードの申し込みが行えます。

LINE Pay

LINE Payカードのデザインは4種類あり、ひとつを選びます。

LINE Pay カード

LINEキャラクターの券面と、シンプルなブラックの券面。恥ずかしい方はブラックを選択するのが無難ですね。

2016年8月と11月に新しいデザインも追加されました。
LINE Payカード LINE Payカード

パステル調のかわいらしいデザインです。

次に姓名、郵便番号、住所を入力。カード券面には姓名はプリントされず、”LINE MEMBER”とプリントされるようです。

LINE Pay

LINE Payで使用するパスワードを設定します。数字7桁です。

最後に申し込み確定をタップすれば完了。5~10分ほどで終了します。

LINE Pay

LINE Payが登録されました。まだ入金していないので残高はゼロです。この段階で入金(チャージ)してモバイル送金や決済に利用することができます。店舗で利用するためにはLINE Payカードが必要です。

linepay09

早速LINE Payカード申し込みキャンペーンの200 LINEポイントをいただきました。これでANA 162マイル獲得です。キャンペーンは期間限定で実施されているので事前に確認してください。あとはカードが手元に届くのを待つだけです。

以前は通常のLINE Payカードを申し込んでも、ファミマでファミマTカードによるクレジットカードチャージが可能でした。しかし2017年3月をもって、ファミマでのクレジットカードチャージは終了しました。気に入ったデザインのLINE Payカードを持ちたい場合以外は、後述のPOSAタイプのLINE Payカードを購入すればOKです(2018年1月15日をもって、POSAタイプのLINE Payカードは販売終了)。

LINE Payカードを登録する

LINEアプリから申し込んだ場合は、7~10日ほどすると封筒でLINE Payカードが届きます。

LINE Payカード

カード自体はクレジットカードと同じ厚み、硬さ、材質のようなのですが、カードフェイスがこれなのでどうもおもちゃっぽいのが難点。まあ。LINEっぽいと言えばそうなのですが。

届いた状態のままではLINE Payカードを利用することはできません。利用開始手続きを行いましょう。

LINE Payカードの台紙に利用開始手続きについて記載されています。QRコードを読み取るか、LINEアプリを立ち上げ、その他タブをタップ、LINE Payをタップ、カードの有効化をタップします。コンビニで購入した場合は、台紙のQRコードを読み込んで手続きを開始します。

LINE Payカード

セキュリティコードの入力画面になります。

LINE Payカード

セキュリティコードはLINE Payカード裏面に記載されている3ケタの数字です。大切なものなので、絶対に人に教えてはいけません!ですからぼかしをかけてありますが、この部分に書いてある数字3ケタがセキュリティコードです。

LINE Payカード

正しい数字を入力すると手続きは完了です。

LINE Payカード

これでLINE Payカードを利用できるようになりました。

LINE CashアカウントとLINE Moneyアカウント

LINE Payカードの利用上限可能金額は、アカウントの種類によって異なります。

アカウントにはLINE CashアカウントLINE Moneyアカウントがあり、LINE Cashアカウントの場合、チャージ上限額はカード1枚につき10万円まで。LINE Moneyアカウントの場合、1回の利用限度額が100万円と跳ね上がります。

ではこの「LINE Cash」と「LINE Money」の違いはどこにあるのでしょうか?

LINE Payの利用開始手続きを行うとまず「LINE Cash」が利用できるようになります。さらに手続きを行い、住所の登録や免許証などの身分証の確認を行い、本人確認が完了すると「LINE Money」アカウントになり、

・残高限度額の解除
・LINEの友達への送金
・LINE Payの口座残高を銀行口座へ出金

以上の3つの機能が追加で使えるようになります。

本人確認・「LINE Money」アカウント利用開始手続きの方法

LINEアプリから本人確認の手続きを行います。

LINE Pay

設定をタップ。

LINE Pay

本人確認をタップします。

LINE Pay

本人確認の方法には、銀行口座を登録するか、身分証のアップロードを行います。登録できる銀行口座はこちら。

LINE Pay

2016年6月現在、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、横浜銀行、伊予銀行、滋賀銀行の8行です。

LINE Pay

本人確認書類は、運転免許証、健康保険証(カード型)、住基カード(写真付き)、在留カードのいずれかを表面、裏面ともに写真に撮ってアップロードします。スマホからだとすぐにできますね。LINEで本人確認が終了したらLINE Moneyアカウントが利用できます。

LINE Payカードが使えるところ、使えないところ

LINE Payカードはプリペイドカードという特性上、使えるところと使えないところがあります。基本的にJCBカードと同じようにスーパーやコンビニ、オンラインショッピングなどで利用できますが、支払額が決まらない状態で利用することができません。

例えばガソリンスタンド。セルフ式ガソリンスタンドでは、先にクレジットカードを挿入して、給油。給油したガソリンの量で支払額が決まります。ですからチャージした金額以上に給油してしまう恐れがあるため利用できません。

また各種公共料金や携帯電話料金の支払いも、その月ごとに支払額が変わりますし、またチャージし忘れていると残高不足となってしまい引き落とせないため、利用できません。

当然ながらLINE Payカードから、電子マネーへのチャージを行うこともできない仕様になっています。

まとめ

LINE Payカードは、お買い物をしてポイント交換するだけで、ANAマイル還元率1.62%のクレジットカード(プリペイドカード)になります。

さらにポイントサイトで貯めたポイントをLINEポイントに交換、ソラチカルートを利用すれば、ANAマイル交換率0.81(81%)のポイント交換ルートになります。

ANAマイルを貯める、優秀なカードがLINE Payカードです。

LINE PayでJALマイルを貯める方法はこちらです。

みなさん、LINE Payカードを利用していますか? いつもニコニコ現金払いをしていちゃダメです。LINE Payカー...

LINEポイント2倍キャンペーン

LINEポイント2倍!年末年始の大大大お買い物祭り

※こちらのキャンペーンは終了しました

2016年12月23日から2017年1月9日までの期間中、LINE Payカードを利用するとポイントが2倍の4%分貯まる、年末年始の大大大お買い物祭りが開催されます。

LINE Pay

キャンペーン参加等は不要の、LINE Payカードを利用するだけ、お得なキャンペーン。100円で2ポイント貯まるところが、倍の4ポイント貯まります。ANAマイル還元率は3.74%ととなるとってもお得なLINE Payカード。年末年始のお買いものはLINE Payカードで決まりですね。

LINEポイント秋祭り開催!

※こちらのキャンペーンは終了しました

2016年11月24日11:00から11月30日23:59まで、LINEポイント秋祭りが開催されます。

LINEポイント夏祭りに続く第2弾となるポイントアップキャンペーンで、期間中LINE Payカードで支払うと通常100円=2ポイントのところ、100円=4ポイントに倍増!JCBカードが使えるお店ならどこでも利用できますので、早めのクリスマスプレゼント購入にもうってつけのキャンペーンです。

LINEポイント秋祭り

この機会をお見逃しなく!

LINEポイント夏祭り開催!

※こちらのキャンペーンは終了しました

LINEでは、LINE株式会社の日米同時上場を記念して、2016年7月25日(月)から7月31日(日)までの1週間、LINE Pay カードを利用するとLINE ポイントが通常の2倍の4%分(100円につき4ポイント)貯まるキャンペーン「LINEポイント夏祭り」を開催します。

LINEポイント夏祭り

期間中なら、普段の倍のLINEポイントが貯まるので、ANAマイルも倍に!ANAマイル還元率は3.24%になります。ファミマTカードでのチャージ分0.5%を追加すれば3.74%!となります。

コメント

  1. ひろゆき より:

    756 名無しさん@ご利用は計画的に sage 2016/06/03(金) 15:14:58.82 ID:QOa05z7t
    そろそろ「ANAマイル還元率2.12%で最強」とかブログ書く情弱が出てきそうだなw

  2. あなすい より:

    こんにちは!お知らせありがとうございます。
    確かに最強ではないので、記事タイトルいじってみました。

  3. うっちー より:

    ご存じでしたら教えてください。
    家族のLINE Payで貯めたLINEポイントをメトロポイントに
    交換する際、例えば父親1名のTo Me カードを指定して
    交換することはできるのでしょうか?
    (家族複数名で貯めたLINEポイントを1枚のソラチカカードを
    指定してメトロポイントに交換できるのでしょうか?)

    • あなすい より:

      うっちーさん、こんにちは。

      残念ながらLINポイントを他人名義のメトロポイントへ交換することはできません。異なる名義への交換が認められてるポイント交換は無いと思いますよ。

      しかし裏技的な方法(?)でLINEポイントを集約することができます。

      うっちーさんがお父さまのTo Meカードの家族カード会員になることです。家族カードを発行して、そのメトロポイント番号にうっちーさんのLINEポイントを交換すると、本会員であるお父さまのメトロポイント口座にポイントが集約されるのです。

      裏技でもなんでもなくて、そういうルールなんですけどね。

      陸マイラーからすると、ソラチカルートが家族で一本化されてしまい、ひと月に交換できるポイントが2万ポイントに限られてしまうので避けている方法ですが、逆にポイント集約に利用できると思います。

  4. うっちー より:

    >あなすいさん

    大変分かり易く説明していただき、ありがとうございました。
    家族カードの会員になるという手で集約できるんですね。
    その方法で少しでも効率よくマイルを貯めていきたいと思います。
    ありがとうございました。