JALカードでマイルを貯めるには?あなたに合ったJALカードの選び方

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JALマイルを貯めるならJALカード

JALマイルを貯めるために必須と言えるJALカード。JALカードとひとくちに言っても、数種類のカードがあります。より効率よくJALマイルを貯めるために最適なカードを選ぶようにしましょう。

JALカードを選ぶために必要な条件とは?

JAL Airplane

JALカードに必須のオプション

JALカードでマイルを貯めるときに必須のオプションがあります。

それはショッピングマイル・プレミアム。JALカードでは通常、200円ごとに1マイルが貯まります。還元率は0.5%となりあまりお得ではありません。

これに対して、ショッピングマイル・プレミアムに加入することで100円ごとに1マイルが貯まるようになり、還元率は1%に。ショッピングマイル・プレミアム加入費が別途3,000円(税抜)必要になりますが、マイルをしっかりと貯めるために必要な経費と割り切って、入会するようにしましょう。

WAONチャージを考慮して、JALカードの国際ブランドを選択

JALカードの国際ブランドには、VISA、Master、JCB、Diners、AMEXの5種類があります。

Diners、AMEXはT&E(トラベル&エンターテイメント)カードのブランドとして、富裕層向けのサービスを充実させていますが、その分年会費も高めです。

JALカードを選ぶときは、年会費が高いからではなく年会費以外の面からDinersとAMEXは選択すべきではありません。理由はWAONチャージでマイルが貯まらないから。

JMB WAONクレジットチャージ

WAONはイオンを中心にさまざまな店舗で利用できる便利な電子マネー。そしてJAL陸マイラーにはJALマイルが貯まるお得なツールでもあります。

一般のWAONは利用金額200円ごとにWAONポイントが貯まります。

JALマイルと提携したJMB WAONなら利用金額200円ごとにJALマイルが貯まります

WAONはあらかじめチャージした金額が利用できる先払い型の電子マネーです。現金によるチャージ以外に、JMB WAONはJALカードからクレジットチャージができます

WAONクレジットチャージができるのは、下図のVISA(TOKYU POINT ClubQ含む)、Master、JCBブランドのカードに限られます。JMB WAONクレジットチャージができないという理由で、DinersとAMEXブランドのカードは選択肢から外れます。

JALカードラインナップ

JMB WAON カードチャージボーナスマイル

前述のVISA(TOKYU POINT ClubQ含む)、Master、JCBブランドのJALカードからJMB WAONクレジットチャージを行うと、JALマイルが貯まります。

これはキャンペーンによる特別なマイル付与で、2015年現在、2016年3月末までの期間限定となっています。

毎日のお買い物でおトクに旅行へ!JMB WAONカード

しかしこのキャンペーン、これまでのところ毎年延長されており、今後も継続されると考えてよいでしょう。

JALカードの種類

ここまでに選択肢はVISA(TOKYU POINT ClubQ含む)、Master、JCBブランドのJALカード4種類に絞られました。

同じ国際ブランドのカードの中には普通カード、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカードの3種類があり、この中から最適なカードを選びます。

3種類の種別ごとに年会費が異なり、受けられるサービスに差があります。

年会費 入会搭乗ボーナス 毎年初回搭乗ボーナス 搭乗ごとのボーナス
普通カード 2,160円 1,000マイル 1,000マイル 10%
CLUB-A 10,800円 5,000マイル 2,000マイル 25%
CLUB-Aゴールド 17,280円 5,000マイル 2,000マイル 25%

普通カードとCLUB-Aカードとを比較すると、年会費が8,000円ほど高くなり、かなりの差があります。しかしCLUB-Aカードは、入会時にJAL便に搭乗するともらえるボーナスマイルが5,000マイル、毎年初めてJAL便に搭乗するともらえるボーナスマイルが2,000マイル、さらに搭乗時に貯まるマイルにつくボーナスが25%とサービスの差も大きく出ます。

この差から検討すると、ある程度JALに乗る機会のある方はCLUB-Aカード、ほとんど乗ることは無い方は普通カードを選択するとよいでしょう。

いずれにしても年会費+ショッピングマイル・プレミアム年会費3,000円(税別)が必要となるので、普通カードで年負担5,000円、CLUB-Aカードでは14,000円ほどになります。

CLUB-Aゴールドカード年会費にはショッピングマイル・プレミアム加入費が含まれます。ですから、CLUB-Aカードとの差は実質約3,000円。この3,000円の差で、カード付帯保険が充実し、さらに空港ラウンジを利用できるなどのサービス拡充が受けられます。

JALカード以外にゴールドカードを所持する予定が無い場合は、CLUB-Aゴールドカードにしておくのも一手です。

JALカードに入会するならTOKYU POINT ClubQがおすすめ

ここまで国際ブランドで検討してきましたが、JALカードをつくるなら、“TOKYU POINT ClubQ”がおすすめです。

理由は、TOKYUポイントも貯まりJALマイルに交換できること、PASMOオートチャージが利用できるためです。

TOKYUポイントをJALマイルに交換

TOKYUポイントは、東急百貨店・東急ストア・東急ハンズなど全国のTOKYU POINT加盟店で貯まるポイント。これらの店舗でJALカードを利用すると、ショッピングマイルに加えてTOKYUポイントが同時に貯まります。

貯まったTOKYUポイントはJALカード TOKYU POINT ClubQの会員に限って、2,000ポイントを1,000JALマイルに交換できます。東急の各店舗で貯めたポイントを効率よくJALマイルに交換することができます。

PASMOオートチャージサービスでJALマイルを貯める

JALカード TOKYU POINT ClubQからPASMOオートチャージを行う設定をすれば、チャージ金額分のショッピングマイルを貯めることができます。居住地が東京近郊であれば電車への乗車でもマイルを貯めることが出来ます。

しかし関西在住のわたしにとっては、PASMOオートチャージを利用してマイルを貯めることはかなり難しいです。

東京近郊に住んでいない場合は?

関西在住のわたしにとって、TOKYU POINT ClubQを選ぶ理由は無いのでしょうか?

東京近郊に住んでいない場合でも、TOKYU POINT ClubQが付いていることで邪魔になることはありません。TOKYU POINT ClubQが付いていない、JALカードVISA・Masterと同じくDCカードと提携しており、実質JALカードVISA、Masterの上位互換と考えることができます。

地方在住でもJALカード TOKYU POINT ClubQを作成することをお勧めします。

まとめ

JALカードに申し込むなら、WAONチャージでマイルが貯まり、ショッピングマイルに加えてTOKYUポイントも貯まる、JALカード TOKYU POINT ClubQがおすすめです。

普通カード、Club-Aカード、Club-Aゴールドカードのどれを選択するかは、JALでフライトする頻度に合わせて検討するといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク