ANAとは違う? 大量JALマイルの貯め方。年間10万JALマイル貯めるなら現実的。

シェアする

突然ですが、このポイント、JALマイルに交換すると約118,000マイルになるんです。

ドットマネー通帳

ドットマネーというポイントサイトに交換して貯めたポイントですが、JALマイルに交換できるんです。118,000マイルあれば、ニューヨークやパリへビジネスクラスで行けるってすごくないですか?東京-大阪間のフライトで118,000マイルを貯めようと思うと、212往復しないと貯まらないんです。こんな大量マイルを簡単に貯めることができる方法があるんです。

JALマイルをいっぱい、たくさん、大量に貯めたいと思ったら、ポイントサイトを利用しましょう。ポイントサイトを利用すれば、飛行機に乗らなくても、クレジットカードで買い物をしなくても、どんどんマイルが貯まります。

どうして大量マイルが貯まるのか?その仕組みを徹底解説!この記事を読めば、明日からあなたの人生が変わります

JAL航空機

目次

なぜポイントサイト?

マイルを貯めるために、なぜポイントサイトが必要なのでしょうか?

ポイントサイトで1万円分のポイントを貯めれば、JAL 5,000マイルになるからです。ポイントサイトでマイルを貯めることは、非常に効率が良いのです。

クレジットカードではダメなんですか?

クレジットカードは日常生活でマイルが貯まる大事なツールです。クレジットカードをないがしろにするつもりはありませんが、効率という点と、大量に貯まるという点でポイントサイトには劣ります。

マイルが貯まる一般的なクレジットカードは、100円の買い物をすると1マイル貯まる仕組みです。5,000マイル貯めるにはクレジットカードをいくら利用すればいいでしょう?50万円ですね。100万円利用すれば1万マイル、200万円利用して貯まるマイルは、ようやく2万マイルです。

ポイントサイトなら4万円相当のポイントを貯めれば2万マイルに交換できます。4万円相当のポイントを貯めるために必要な出費は?とくにありません。

飛行機に乗ってマイルを貯めるのではダメなんですか?

別にダメじゃないけど、そんなに飛行機に乗ります?ということ。

5,000マイル貯めるには、ボーナスマイルとか諸々無視したとして、東京-大阪間を9往復ですよ。毎週飛行機に乗る仕事をしているならいいけど、そうじゃなかったら、やっぱりポイントサイトの方がマイル貯まります。

JALマイルの貯まり方・実例

私の、とある月のJALマイルの貯まり方を見てみましょう。

JALマイル明細

JALカード利用で487マイル加算されています。約5万円利用して貯まったマイルです。

この月は珍しくJALでフライトしました。伊丹-福岡間は普通席。JALカードのボーナスマイルが加算されて341マイルです。さらに福岡-羽田間は国内線ファーストクラスで移動。こちらもボーナスマイルを加えて、獲得マイルは886マイルでした。

WAONは提携10周年キャンペーンがあったので、がっつり利用しました。WAON利用分で811マイル、WAONボーナスマイル対象商品の購入で355マイルです。

JALマイレージモールを経由して、Amazonで買い物をしたので25マイルも加算されています。

しかし桁違いに加算マイル数が多いのが、モッピーポイント交換分の6,000マイル。モッピーはポイントサイトのひとつで、JALマイルへの交換キャンペーンを実施中です。12,000円相当のポイントを交換すると、JAL 6,000マイルと、4,800円相当のポイントがキャッシュバックされるという、すごいキャンペーンなんです。

わずか10回の明細を見ただけでも、ポイントサイトからの交換マイルが際立って多いことがお分かりいただけると思います。モッピーポイントの交換を10回行えば60,000マイル貯まるんです。クレジットカード(JALカード)なら6,000万円利用分に相当するマイルですよ。

ポイントサイトとは?ポイントサイトってなに?

ところで、ポイントサイトのことを何も知らないんだけど、というあなたにも分かりやすく解説しましょう。ポイントサイトを知れば、今まで損してた!と思っちゃいます。逆に「ふーん」としか思わなかったあなたは、残念ながらマイルを貯めるのには向かないタイプです。

ポイントサイトとは?その仕組みはどうなってるの?

ポイントサイトとは、ネットで広告を掲載しているサイトのことです。

ポイントサイトにアクセスすると、いろいろなポイントが貯まる広告が掲載されています。顧客を増やしたい企業は会員登録でポイントが貯まる広告を掲載します。クレジットカードの会員を増やしたい企業は、カード申し込み&発行でポイントが貯まる広告を掲載しています。楽天市場やYahoo!ショッピングに代表されるオンラインショップは、買い物をしてくれるお客さんを呼び込もうと広告を掲載しています。

これらの広告を見て、いいなと思ったら申し込みボタンをクリック/タップして企業のサイトへアクセス。会員登録したり、カード発行を申し込んだり、買い物をするとポイントが貯まる仕組みです。

では一体、どのような仕組みでポイントサイトは私たちユーザーに、お金と同等の価値を持つポイントを提供することができるのでしょうか?

ポイントサイトは広告主である企業から広告料を受け取り、経営しています。

まず企業はポイントサイトに自社商品・サービスの広告掲載を依頼します。私たちユーザーはポイントサイトに掲載された広告に気に入ったものがあれば利用します。企業は自社商品の購入、サービスが利用されると、その報酬として広告料をポイントサイトに支払います。ポイントサイトは支払われた広告料のうち、自社の取り分を除いた残りをユーザーにポイントとして付与する、という仕組みです。

ポイントサイトの仕組み

つまり私たちがもらうポイントは、企業の広告費の一部なんです。

クレジットカード会社はカード会員を増やすために、ポイントサイトに広告を掲載します。広告費は、カード会社の売り上げの一部。他の会員さんの年会費や、他の会員さんが買い物をして得た手数料から支払われているわけです。そんなお金の一部をポイントとして受け取れるってなんだか得した気分になりませんか?

お店に行った際に、お店と提携しているクレジットカードの勧誘をしていることがあります。その場で入会するとカードのポイントが貯まってお得ですとか、500円、1,000円の金券が受け取れますなどと勧誘しています。

またカード会社のホームページからも、直接クレジットカード発行の申し込みができます。入会キャンペーンは確かに魅力的ですが、これはポイントサイトを経由して申し込んだ場合でも、入会キャンペーンには参加できるんです。

ポイントサイトを利用せずに、直接クレジットカードを申し込んでも何ももらえません。1,000円の金券は確かにその場ですぐに利用できます。しかしポイントサイトを利用してクレジットカードを申し込めば、無料で(カード年会費がかかる場合はありますが)数千円相当のポイントがもらえるんです。これは利用しなければ逆に損ですよね?

ポイントサイトは、ネットでカードの入会キャンペーンを実施しているようなものなのです。

これはとある日の、ポイントサイト・PONEYに掲載された広告です(掲載される広告や貯まるポイントは日々変わります)。PONEYのポイントは100ポイント=1円相当です。

PONEY

JMBローソンPontaカードVISAも、シネマイレージカードも年会費無料のカードです。これらのカードに申し込み、カードを利用すると1,060,000ポイント(10,600円相当)のポイントがもらえるんです。

さらに保険マンモスで保険に関する無料面談を受けると(保険の勧誘もあると思いますが)、1,000,000ポイント(10,000円相当)のポイントが貯まります。マイルに交換せずに換金しても1万円のお小遣いになります。

あれ?この3つの広告を利用するだけで3万円分のお小遣い稼ぎができちゃいます。ポイントサイトにはこんな広告がゴロゴロしています。

ポイントサイトのポイントがマイルになる理由

ポイントサイトを利用すると、たくさんのポイント、お小遣いが貯まることがわかりました。ところで、ポイントを貯めてもマイルは貯まっていませんけど、、、

大丈夫。ポイントサイトのポイントはマイルに交換できるんです。

世の中には数えきれない種類のポイントがあふれています。自分のお店でしか利用できないポイントは使い勝手が悪いので、ポイントの使い勝手を良くして、よりたくさんのお客さんに利用してもらおうと考えた会社は、ポイント同士を交換できる仕組みを作りました。

AポイントはBポイントに交換できます。BポイントはCポイントに交換できるように提携しました。Cポイントはさらに、人気の高いJALマイルに交換できるようにして、お客さんを呼び込もうと考えたわけです。

JALにもメリットがあります。ポイントをJALマイルに交換するとき、JALはマイルを支払う代わりにポイント=現金を受け取れます。つまりマイルを販売して利益をあげられるのです。

いずれマイルは利用されるわけですが、基本的に自社で飛ばしている飛行機に乗ってもらうことがほとんどです。何もしなければ空席で飛ばすところを、売ったマイルで飛行機に乗ってもらえれば結果的に儲かります。

ポイントとマイルの交換はJALにとってメリットが大きいわけです。

JALマイルに交換できるポイントはこれだ!

では、JALマイルに交換できるポイントを見てみましょう。おすすめポイントサイトと、ポイント中継サイトを一覧にしてみました。

JALマイルへの交換ルート

JALマイルに交換できるポイントは、ドットマネー、Pontaポイント、dポイント。他にもJALマイルに交換できるポイントはありますが、ポイント交換で獲得できるJALマイルが少ないのでここでは掲載していません。

この中でJALマイルへの交換効率が最も良いのはドットマネー。4%とわずかな差ですが、同じポイント数でも、より多くのJALマイルに交換できます。

参考 ドットマネーはJALマイルへのポイント交換に重要なサイト

参考 マイルに交換できるポイント交換・中継サイト比較一覧

図の上段には、ドットマネーやPontaポイント、dポイントへポイント交換できる、おすすめポイントサイトを挙げてみました。

ポイントサイトは玉石混交。実際に利用してみないと良い面、悪い面は分からないですが、ここに挙げたサイトは、いずれもキラリと光るものを持っている、優良ポイントサイトです。

これらポイントサイトを利用した、大量マイルを貯める具体的な方法をお伝えしましょう。

ポイントサイトで大量マイルを貯める方法

JALマイルに交換できるポイントをいっぱい、たくさん、大量に貯める方法はいくつかあります。ポイント・マイルを貯める具体的方法をご紹介します。

ポイントサイトで大量ポイントを貯めるには、クレジットカード発行、FX口座開設、モニター、100%ポイント還元商品の購入を狙え!

大量ポイントが貯まるということは、企業がそれだけ広告費をかけて宣伝したいものを利用するということです。

参考 【実録】ポイントサイトでマイルを貯める方法

クレジットカード発行

上記記事でもお伝えしていますが、ポイントサイトでまず利用すべき広告は、クレジットカードの発行です。特に年会費無料のクレジットカード申し込みであれば、私たちが負担するコストはゼロ。

カードの申し込み&発行でポイントサイトのポイントが貯まりますし、さらにカード会社が実施している入会キャンペーンをクリアすれば(多くの場合はクレジットカードの利用が条件。3か月で10万円の利用などのパターンが多い)、クレジットカードのポイントも貯まります。

ただし新規カードの申し込みは連続で行うと、審査で落ちてしまう可能性が高いので、1ヶ月に1枚とか、半年で3枚とか決めて行う方が無難です。審査に落ちた場合は、次のカード申し込みまで半年ほど間を開けてからの方がよいでしょう。

申し込みをするクレジットカードは、ポイントサイトで”ポイントアップ”中のものがお勧めです。普段の倍以上のポイント(=マイル)が貯まることもあります。相場が分からない場合は数か月ウォッチしていると、この辺りが一番高いポイントだな、と分かってきます。

ポイントアップ中のクレジットカード広告がどれだけすごいかというと、とある日のちょびリッチの広告がこちら。

ちょびリッチ

エムアイカード(初年度年会費無料)で13,000円相当、ライフカード(年会費無料)で11,120円相当のポイントが貯まるんです。

もうひとつお勧めのクレジットカードは、新たに会員募集を開始したカード。会員ゼロからのスタートですから、カード会社も会員募集のためのキャンペーン、広告をしっかりと行ってきます。クレジットカードは新規会員募集のタイミングで申し込むのが一番お得です。

FX口座開設

クレジットカード発行のほかには、FX口座開設も大量ポイント、マイルが獲得できます。こちらはお金を動かす(=FX口座で取引をする)必要がため、完全なノーリスクではありません。しかし、売り買いの取引をできるだけ短時間で行うことで、そのリスクを極力小さくすることは可能です。

モニター案件

ポイントサイト「ポイントタウン」や「ちょびリッチ」にはモニター案件募集のページがあります。ポイントタウンの例でみてみましょう。

ポイントタウン

画面上部のメニューバー「おでかけで貯める」がモニターページとなっています。モニターで貯めるは、商品購入やサービス体験によるモニター、お食事で貯めるは飲食店で条件に合った食事をすると食事金額の数十%分のポイント還元を受けられるお得な案件です。

右下の「現在進行中モニター」をクリックすると、参加中(申し込み完了後)のモニターをチェックできます。

ポイントタウン

夏前に大々的に募集があったのはモルツ(ビール)のモニター。購入金額の100%に相当するポイントがもらえるので、実質無料でビールを飲むことが出来ます。陸マイラー的にはビールを購入してマイルを貯める感覚です。

モルツ

さあ、実際にモルツを購入してきました。購入する店舗(チェーン)は決まっているので事前にチェックを忘れないようにしましょう。

ポイントタウン

現在進行中モニターをチェックすると、アンケート、レシート提出画面が表示されます。

ポイントタウン

購入した際にレシートを忘れずにもらうようにしましょう。レシートの写真を撮影してアップすればOK。写真撮影にも条件があるので注意してください。あとは実際にモルツを飲んでアンケートに回答すればOK。アンケートは簡単なのですぐに回答は終了します。これだけでマイルが貯まるんですから、お得ですよね。

2017年10月からは、レシポというサイトと提携したサービスも始まりました。「ポイントタウン」「ちょびリッチ」で始まったこのサービスは、指定された商品を、指定された地域、お店で購入するとポイントが貯まります。ある日のちょびリッチではこのような商品が掲載されていました(ちょびリッチは2ポイント=1円相当です)。

レシポ ちょびリッチ

おにぎり丸を2個購入して、商品とレシートの写真を送ると600ポイント(300円相当)がもらえます。購入した商品はもちろん食べたり飲んだりできるので、商品を手に入れて、マイルも貯まる、そんなお得なサービスです。

レシポのサービスはモッピーでも始まりました。

100%ポイント還元商品の購入

100%ポイント還元というのは、商品購入に必要な費用全額(100%)をポイントで還元しますという意味です。500円の商品を購入すると、500円相当のポイントがもらえます。このポイントをマイルに交換すれば、商品購入でマイルを獲得したことになるわけです。

こちらはポイントサイト「げん玉」に掲載された100%ポイント還元広告です。

げん玉

焼酎『財宝』『黒財宝』セット1,980円を購入すると、21,380ポイント(2,138円相当)が貯まる広告です。今回は100%以上還元されるので、非常にお得な広告ですね。

このような広告は1家庭につき1回しか利用できないなど、制限事項があるので事前に確認してから利用しましょう。

外食モニターでマイルを貯める

レストランや居酒屋で食事をしてマイルを貯める方法があります。料理やお酒を楽しんで、所定のアンケートに答えると、支払金額の20%、30%相当のポイントがキャッシュバックされる仕組み。アンケートはいろいろと細かなことも答える必要がありますが、マイルが貯まる簡単なお仕事と思えば楽勝です。

外食モニターを募集しているのも、ポイントサイト「ポイントタウン」と「ちょびリッチ」。例えばこちらのお店では、飲食代金の40%(上限は10,000ちょびポイント=5,000円相当)がキャッシュバックされます。

ちょびリッチ モニター案件

まずはモニターに応募して、当選したらお店へ行きましょう。予約ができるならしておいた方がベターですね。事前にモニター詳細を確認することをお忘れなく。お店ではモニターであることは秘密。店員さんにばれないように、写真撮影はインスタを楽しんでいる風に。レシートをちゃんと受け取って(これ重要です!)、自宅へ帰ったら期限までにアンケートに答えれば完了です。

毎月外食モニターで大量ポイント・マイルを貯められます。

友達紹介でポイントを貯める

ポイントサイトでポイントを継続して貯めていくには、友達紹介制度の活用が不可欠です。

友達紹介制度は、お友達となる人(必ずしも知り合いではありません、むしろ知らない人の方が多いです)がブログ等のバナーをクリックしてポイントサイトに新規登録すると、バナーを設置したわたしの友達として登録される仕組みです。

お友達がポイントサイトでポイントを貯めると、バナーを設置したわたしにそのポイントの一部(10%~40%程度)が友達紹介ポイントとして付与されます。これはポイントサイトが支払うポイントであり、お友達のポイントが減ることはありません。

友達紹介制度

この友達紹介制度で貯まるポイントは非常に強力で、100人に紹介し、紹介された人がそれぞれに1,000ポイントを貯めたとすると、友達紹介ポイントは10%還元でも10,000ポイント、40%還元なら40,000ポイントにもなるのです。

ただしポイントサイトも友達紹介ポイントを付与しすぎると経営にひびきます。そのため友達紹介ポイント対象外の広告を設定しています。高額ポイントが貯まるクレジットカードやFX口座開設は友達紹介ポイントの対象外です。

その中で、友達紹介ポイント対象外広告を設定していないポイントサイトがあります。それは「ハピタス」。

マイラー系ブログでは紹介されていないことが無いと言えるこのポイントサイトは、クレジットカード申し込み広告でも、FX口座開設広告でも、友達紹介ポイントを付与してくれます。

ハピタスなら、10人の友達に紹介し、その友達がそれぞれクレジットカードに申し込み10,000ポイントを貯めたとすると、その10%還元でも10,000ポイント、40%還元なら40,000ポイントを友達紹介ポイントとしてもらえるのです。

つまり、ハピタスは友達紹介でポイントを貯めやすいサイト、と言えます。

リンク ポイントサイト・ハピタス

ただしハピタスにも欠点があります。

それは1か月に交換できるポイントの上限が30,000ポイント(30,000円相当)であること。毎月のように友達紹介ポイントを50,000ポイントもらったとしても、マイルに交換できるのは30,000ポイントまでです。まあ、そこまで毎月大量のポイントが貯まるようになれば困る、という話ですけどね。

どのポイントサイトがおすすめ?

ネット上には多くのポイントサイトが存在しています。ポイントサイトの選択基準には、ポイントが貯まるサイト、利用しやすいサイト、安心・安全なサイト、などいろいろあると思います。私が利用してきた中で、おすすめできるポイントサイトをいくつかご紹介します。

本当は厳選して、このポイントサイトを利用すればOK!としたいところですが、それぞれのポイントサイトに良いところ、不満なところがあるんですよね。

JALマイルへの交換ルート

とりあえず登録するなら、このポイントサイト

ポイントサイトの最初の第一歩にお勧めするのは『ハピタス』です。

ハピタスは、ポイント還元率が高くポイントが貯まりやすく、さらに”お買い物安心保証”という制度があり、ポイントサイトで起こりがちな、広告を利用したのにポイントが貯まらない!というときの保証制度を持っています。

サイトデザインも見やすく、余計なコンテンツが無い点もおすすめ。広告をクリックしてポイントが貯まるコンテンツはほとんどありませんが、広告利用でポイントを貯めることに集中できるサイトです。

前述のように、友達紹介制度も優秀なため、ハピタス利用に慣れてきたらハピタスを知らない人に紹介して、お友達を増やしてポイントを貯めることもできます。

リンク ポイントサイト・ハピタス

上場企業が運営する、安心・安全なポイントサイト

どうもポイントサイトというと胡散臭いイメージがある、、、という方にお勧めなのは、上場企業が運営するポイントサイト。え?そんなポイントサイトあるの?と思ったかもしれませんが、れっきとしたビジネスですからね。東証一部上場企業だって、ポイントサイト業務を行っています。

ポイントタウン

GMOメディア株式会社(東証マザーズ上場 6180)が運営しています。親会社はGMOインターネット(株)で東証一部上場(9449)です。

リンク  ポイントタウン

モッピー

株式会社セレス(東証1部上場 3696)が運営しています。セレスは他にも、モバトク、お財布.comというポイントサイトも運営しています。

リンク ポイントサイト・モッピー

モッピーでは、JALのマイル交換ドリームキャンペーンを継続実施中です。一度に12,000モッピーポイントをJALマイルに交換すると、無条件で4,500ポイントがポイントバックされるほか、対象広告を利用するとポイントバックされる額が増量され、ANAマイルにおけるソラチカルートを超えるマイル交換比率をたたき出しています。

JALマイルを貯めるならモッピーを外せません。2018年2月28日まで新規会員登録キャンペーンを実施中。登録&条件クリアで1,000円分のポイントがもらえます。

Check!  JALマイルを貯めるなら「モッピー」、モッピーが独走態勢を固めました!

参考 JALマイルを貯める モッピーのJALマイル交換ドリームキャンペーンが熱い!

参考 モッピーJALのマイル交換ドリームキャンペーンで90%還元目指すのは無理でしょ

げん玉

株式会社リアルワールド(東証マザーズ上場 3691)が運営しています。

げん玉で貯めたポイントはJALマイルに交換しにくいため、陸マイラーにはあまり注目されていませんでした。しかし2017年11月より、ドットマネーへのポイント交換を開始。ドットマネールートからのJALマイル交換が可能となりました。老舗ポイントサイトの力を見せつけるだけの変化をもたらしてくれる予感です。

参考 げん玉からドットマネー・ソラチカルートが開通!

リンク ポイントサイト・げん玉

上場している=財務状態がはっきりしている、ということですから、一生懸命貯めたポイントがポイントサイトの突然の閉鎖(過去に何件かありました)によるポイントの失効という事態を防ぐことができます。最初に登録してみるポイントサイト、という点でおすすめできます。

クレジットカード発行など、大量ポイントを貯めやすいサイト

ポイントサイトの価値はポイントが貯まることで比較されます。これはどのサイトも一長一短で甲乙つけがたいのですが、順にご紹介しましょう。

ハピタス

”みんなdeポイント”というキャンペーン広告がトップページにあり、普段より多くのポイントを獲得できます。広告を利用できる人数に制限があるので、気になる広告を見つけたら早めに利用しましょう。”みんなdeポイント”は、祝日を除く、毎週月・木曜日に更新されます。

リンク ポイントサイト・ハピタス

ちょびリッチ

陸マイラーに最初に注目したポイントサイトがこちら。陸マイラー向けクレジットカード広告をバンバン打ってきます。2ポイント=1円相当なので、他のサイトと広告の還元率を比較する際は注意しましょう。

リンク ポイントサイト・ちょびリッチ

PONEY

サイトデザインは地味ですが、これでもだいぶ良くなってきました。クレジットカード広告ではときどき、ガツンとでかいことをやってくれます。友達紹介制度でもらえるポイントも多めなのが魅力。

100ポイント=1円相当と、最もインフレが進んだポイントサイトでもあります(笑)。

リンク ポイントサイト・PONEY

moppy

2017年夏、JALマイラー御用達のポイントサイトに昇進したポイントサイトがこちら。JALマイルへの交換でポイントがキャッシュバックされるという、空前絶後のキャンペーンを実施中です(2018年2月までの予定)。

参考 モッピーのJALマイル交換ドリームキャンペーンが熱い!

トップページに掲載される爆絶キャンペーンの破壊力はすさまじく、一撃広告利用で大量ポイントを貯めることができます。

リンク ポイントサイト・moppy

ポイントインカム

トップページに掲載されるポイントアップ広告を利用すると、大量ポイントが獲得できるポイントサイト、ポイントインカム。クレジットカード比較ページも用意されており、お目当てのクレジットカードを調べることもできます。

リンク  ポイントインカム

i2iポイント

ポイントサイトとしては新しい部類ですが、その還元率で以前から注目されていたサイト。しかしマイルに交換できなかったため、陸マイラー界では全く話題に上がりませんでした。

状況が一変したのは、2017年夏にドットマネーへのポイント交換を開始してから。晴れてJALマイル、ANAマイルに交換するルートが開けたのです。

面白いのが”他社ポイント報告フォーム”。同じ広告でも他のポイントサイトの方がもらえるポイントが多い場合、報告フォームに入力して報告すると、ポイントが同数か、それ以上になることがある制度です。ガンガン報告するといいことあるかもしれません。

リンク ポイントサイト・i2iポイント

モニター案件でポイントが貯まるポイントサイト

モニター案件は、商品の購入やレストランでの食事をするとポイントが貯まる広告です。ポイントを払って利用してもらい、ファンを増やす広告戦略です。良い商品やレストランがあれば、SNSなどでどんどん発信してあげると、喜ばれます。ただし、モニター利用したことは内緒にしておくルールです。

ポイントタウン

リンク ポイントタウン

ちょびリッチ

リンク ポイントサイト・ちょびリッチ

どちらも基本的に掲載されるモニター案件は同じです。片方のサイトで受付終了されていても、もう片方のサイトではまだモニターに空きがある場合もあり、両方チェックするといいでしょう。

両方のサイトでモニター案件をする場合は、商品を別のお店で2回購入する方が、承認されやすいと思います。

ポイントサイトの登録は、最初は1か所、慣れてきたらもう1か所増やすようにした方が、ポイントの把握などがしやすいと思います。くれぐれもパスワードの使いまわしはしないようにしましょう。

マイルの有効期限対策にもポイントサイトが使える

JALマイルには有効期限があります。マイルを獲得した36か月後に失効するルールです。2015年1月に貯めたマイルは、2017年12月末に失効します。

この36か月間に、特典航空券交換に必要なマイルを貯めないと、マイルを有効利用できません。この有効期限がマイルのハードルを上げている面があります。

でも大丈夫。ポイントサイトや共通ポイントを利用すれば、マイルの有効期限を実質的に伸ばすことができます。

ポイントサイトの多くは、ポイントを貯め続けている限りはポイントの有効期限が延長されます。1年でも5年でも、ポイントを貯め続けることができるのです。

1年間に5万円相当のポイントを貯めたとします。4年間、5万ポイントを貯め続ければ20万ポイントになります。これをJALマイルに交換すれば、約10万 JALマイルを獲得できます。10万マイルあれば、ビジネスクラスでハワイ往復の特典航空券に交換できます。

つまり、ポイントサイトで大量ポイントを貯めて、一気にJALマイルに交換することで、有効期限を気にすることなく大量JALマイルを貯めることができるのです。

共通ポイントであるPontaポイントは、最終の利用日から12か月後が有効期限です。ポイントを貯めたり、使ったりすると有効期限は延長されるので、日々の生活でPontaポイントを貯めておけば、有効期限切れを気にすることなく、Pontaポイントを貯めて、大量ポイントが貯まったところでJALマイルに交換、流し込むことができます。

同じく共通ポイントのdポイントはポイント獲得の48か月後(4年後)に有効期限を迎えます。4年間はがっつりとdポイントを貯めて、JALマイルに交換できます。

間接的にJALマイル有効期限を延ばすこの方法は、地味にJALマイルを貯めるのに役立つテクニックです。

日常生活でマイルをコツコツ貯める方法

大量マイルを貯めるのはポイントサイトに任せて、日常生活でもコツコツマイルを貯めれば、特典航空券で行く旅行がより近いものになります。

日常生活で利用するものは、クレジットカード、JMB WAON、共通ポイントのPontaポイント、dポイントです。

クレジットカードでJALマイルを貯める、でも限界があります

JALマイルを貯めるために、クレジットカードは必要です。ただし、あくまでも補助的な役割と考えましょう。クレジットカードで貯まるマイルは、たとえ100万円決済しても1万マイルです。日々の生活でコツコツとマイルを貯めるためにはもちろん、クレジットカードは必要ですが、あなたが事業をしていない限り、ポイントサイトのように爆発的にマイルが貯まるわけではありません。

クレジットカードでマイルを貯めやすい出費

クレジットカードでマイルを貯めることにメリットもあります。固定費をクレジットカード払いにしておけば、自動的にマイルが貯まります。

例えば携帯電話料金の支払い。電気料金の支払い。口座引き落としにしていませんか?銀行口座からの引き落としでは1マイルも貯まりませんが、携帯電話の支払いで月々5,000円支払っているとすれば、月に50マイル、年間600マイル貯まります。

もし家賃の支払いがクレジットカードで払えるのであれば、ぜひカード払いの手続きをしましょう。家賃は固定費の中で最大のものです。月50,000円なら500マイル、月100,000円なら1,000マイル毎月加算されます。

JALカード特約店を利用して倍マイル

同じコンビニを利用するにも、JALマイルが貯まるコンビニ、貯まらないコンビニがあります。複数のコンビニがあって選択できるのであれば、JALカード特約店であるファミリーマートを利用しましょう。

ファミマでJALカードを使用して支払いをすると、100円=2マイル(JALカード・ショッピングマイル・プレミアム加入時)貯まります。コンビニでは、Pontaポイントが貯まるローソンもお勧めです。

ガソリンを給油するならエネオスで。エネオスもJALカード特約店なので、給油代金100円=2マイル(JALカード・ショッピングマイル・プレミアム加入時)貯まります。給油は1回に5,000円ほどかかることもあり、この差は大きいですよ。

参考 JALカード特約店で効率よくマイルを貯める方法

JALマイルを貯めるのにおすすめのカードはある?

おすすめのクレジットカードはJALカードTOKYU POINT ClubQです。

参考 JALカードでマイルを貯めるには?あなたに合ったJALカードの選び方

次に説明するJMB WAONクレジットチャージに必要であり、ポイントを貯めてJALマイルに交換できる機会が増えるからです。

JMB WAONを利用してマイルを貯める

JMB WAONはイオンが発行する電子マネーWAONとJALマイレージバンクが提携した電子マネーです。買い物利用200円ごとに1マイルが貯まるこの電子マネーWAONは、イオンでうまく利用すると本気でJALマイルが貯まります。

JMB WAONに特定のJALカードからクレジットカードチャージをすると、JALマイルが最大100円ごとに1マイル貯まります。

参考 電子マネーWAONで開く大量JALマイルへの道

前述のJALカード TOP&ClubQもその1枚です。まずはJMB WAONクレジットチャージで100円=JAL1マイルを貯めましょう

WAONポイント5倍を狙う

イオンでは不定期にポイント・マイル5倍キャンペーンが実施されます。キャンペーン5倍時にJMB WAONを利用して買い物をすると、200円ごとに5マイルが貯まります。クレジットカードチャージ分を合わせると200円ごとに7マイル。日用品をキャンペーンに合わせて買いだめすれば、JALマイルが本気で貯まります。

JALマイル明細

この日は1万円ほど買い物をして、255マイル獲得しています。

ただし2016年になり、WAONポイント5倍キャンペーンが実施されなくなりました。新たに「WAON POINT」が始まり、その過渡期にあるからかもしれません。毎月10日の“ありが10デー”を狙うしかないですね。“ありが10デー”開催店舗はWAONサイトで調べられます。お近くの店舗が対象か調べてからお出かけください。

2017年10月はJALとイオンの提携10周年を記念して、様々なキャンペーンが実施されます。その中で最注目はJMB WAON利用でJALマイルが5倍付与されるキャンペーン。この機会にいろいろと買い込んでおきたいところです。

参考 イオンでJALマイル5倍!JALとイオンの提携10周年記念だイオンへ急げ!/

WAONボーナスポイント付き商品を狙う

イオンにはWAONボーナスポイントが付いている商品があります。

対象商品を購入すると、WAONポイントが数十ポイント貯まるという、ポイント値引きのようなサービスですが、ボーナスポイント付き商品をJMB WAONで購入すると、ボーナスポイントの1/2に相当するJALマイルが貯まります。

例えば、50ボーナスポイントが付いている商品をJMB WAONで支払うと25JALマイル貯まります。

JALマイル明細

この日はボーナスポイント付き商品で215マイル獲得しています。

1万円の支払いで215マイル+255マイル。さらにクレジットカードチャージで100マイルの合計570マイル獲得です。

東京-大阪間を正規運賃で搭乗して貯まるマイルが280マイルですから、JMB WAONの利用がかなりお得であることは確かです。

PontaポイントでJALマイルを貯める

Pontaポイントはローソンを中心として利用できるポイントです。ローソンでお買い物をするときに、Pontaボーナスポイント付き商品を購入すると、間接的にJALマイルを貯められます。Pontaポイントは。先ほどポイントサイトからJALマイルに交換する際に経由したポイントと同じです。

参考 PontaポイントでJALマイルを貯める!Pontaカードの取得方法からリクルートポイントとの連携まで徹底解説

携帯電話でJALマイルを貯める

携帯電話はどのキャリアを利用していますか?JALマイルを貯めたいのであれば、ドコモにしましょう。ドコモのdポイントは共通ポイントとして勢力を拡大しており、ドコモユーザー以外でも貯めたり使ったりすることができます。

参考 dポイントでマイルを貯める。JALマイル v.s. ANAマイル/

dポイントは5,000ポイント=2,500JALマイルに交換できるため、JALマイル供給源のひとつとして利用できます。

さらに、毎年夏から秋にかけて実施されるdポイント25%増量キャンペーンを利用すれば、ポイント交換をするだけで獲得できるJALマイルが増加しました。しかし2017年からは25%増量で得られるポイントは、JALマイルに交換できない期間限定ポイントになってしまったため、より多くのJALマイルを得られないキャンペーンになってしまいました。

家族でマイルを合わせる

JALカード家族プログラムはJALカード会員とその家族でマイルを合算できる、素敵な仕組みです。通常は他人へマイルを譲渡することはできませんが、家族間ならマイルを合わせて利用できます。家族4人でマイルを合わせれば、特典航空券がぐっと近くなります。

参考 家族のマイルを合わせて利用する方法まとめ/

さらに上級編。アフィリエイトでJALマイルを貯める

ここからは上級編。ポイントサイトでマイルを貯めるのに飽き足らないときはチャレンジしてみると、ものすごい量のマイルが貯まる可能性があります。

アフィリエイトってご存知ですか?
例えば、ドライヤーが欲しい時に、どのドライヤーがおすすめなのか調べてみることがありますよね。すると「おすすめドライヤーはこれだ!」みたいなサイトがいくつも出てくると思います。説明を読んでいると欲しくなったドライヤーを、そのサイトのリンクをクリックして、Amazonや楽天市場で購入したこと、ありませんか?あなたがドライヤーを購入すると、購入金額の1%や2%がサイト運営者に報酬として支払われます。これがアフィリエイト。親切なサイト運営者はちゃんと報酬が得られるようになっているんです。報酬も無いのにわざわざドライヤーの比較をして、見やすいようにサイトにまとめたりしませんよね。

アフィリエイトの報酬は、超上級者(トップアフィリエイターなどと呼びます)になると月に100万円以上になります。アフィリエイトだけで生活することもできます。そしてその報酬をマイルに交換できれば、ものすごい大量マイルが手に入りそうですよね?

アフィリエイトサイトを運営するには、アフィリエイト広告を提供してくれる会社(ASP)と契約します。ポイントサイトも実はASPと契約して広告を掲載していることがあります。ASPのほとんどは報酬を銀行振り込みで支払いますが、あるASPだけはポイントで支払ってくれるんです。それは「afb(アフィーb)」。afbでは報酬をドットマネーのマネーに振り込んでくれます。

2017年4月より、セキュリティ強化のため、初回報酬は銀行振り込みに限定されるようになりました。銀行口座が確認できたのち、ドットマネー口座への振り込みができます

afbで得た報酬をドットマネーに振り込み、さらにJALマイルに交換すると、1,000円の報酬がJAL520マイルになります。

afbからJALマイルに交換するルート

ところで、ここで根本的な問題が。果たしてアフィリエイトで報酬を得ることが簡単にできるのでしょうか?結論から言うと無理です。素人がいきなりアフィリエイトサイトを立ち上げたり、ブログでアフィリエイトを始めても、報酬を得ることは不可能に近いでしょう。仮に100万円の報酬が得られれば、ドットマネーを経由してJALマイルに交換すると52万マイルになります。とてつもないマイルです。これだけの報酬が得られる人はごく一握り。JALマイルを貯めるツールとしては困難度最上級と言えます。ただし、その困難を克服すれば得られるJALマイルは使い切れないほどになるのです。

でも私たちにもチャンスはあります。それはセルフアフィリエイトというポイントサイトに似た仕組みを利用すること。ASPの広告を自分で利用して、自分で報酬を得てしまう方法です。

afbにはセルフアフィリエイト専用のサイトがあり、多くの広告が掲載されています。広告の詳細を公開することは禁止されているので、ここではご紹介できませんが、ポイントサイトで得られる報酬よりも、若干からやや高い報酬が得られることが多くあります。

ポイントサイトに加えて、セルフアフィリエイトも利用してJALマイルを貯めれば、より多くのJALマイルを手にすることができます。

参考 【afb】セルフアフィリエイトならポイントサイトよりマイルが稼げる?

ただし、ブログを運営している必要があるのがハードル高いですね…

JALマイルとANAマイルの貯め方は違うのか?

JALマイルとANAマイルの貯め方は同じです

ポイントサイトを利用して、クレジットカードで支払いをして、共通ポイントを貯めて、旅行のときは飛行機を利用する。

違うのは、ポイントサイトからの交換ルートと、利用するクレジットカードと、貯める共通ポイントと利用する航空会社がそれぞれ異なるという点です。

では、JALマイルとANAマイル、貯めやすいのはどちらでしょうか?

日本でJALとANAが競いあう限り、マイラーはJALマイルを貯めるのか、ANAマイルを貯めるのかで迷い続けるでしょう。

結論から言うと、JAL、ANA、どちらでもマイルは貯まります。

ソラチカカードが誕生し、ソラチカルートが開通して以降、ポイントサイトを利用してマイルを貯めやすいのはANAマイルです。その差は歴然としており、同じ1,000ポイントをマイルに交換する場合でも、JALマイルはドットマネールートが利用できれば520マイル、ANAマイルはソラチカルートで交換すれば900マイルになります。

ただし、ソラチカルートで貯められるANAマイルは月に18,000マイル、年間216,000マイルが上限です。それ以上はどう頑張っても貯められません。ではポイントサイトにポイントが余った場合、そのポイントを他のANAマイル交換ルートであるTポイントルートやnanacoポイントルートで交換するでしょうか?答えはおそらくNo。だってTポイントルートやnanacoポイントルートで交換すると、1,000ポイントが500ANAマイルにしかならないから。もったいないですよね。

でもJALマイルなら?ドットマネーにどんどんポイントを集めて、どんどんJALマイルに交換できます。交換上限が無いからです。毎月30,000ポイントでも50,000ポイントでもJALマイルに交換できます。無論、それだけの大量ポイントを貯め続けられれば、の話です。毎月50,000ポイントをJALマイルに交換すれば、月に26,000JALマイル、年間312,000JALマイル貯まります。ポイントサイトでより多くのポイントを貯められるのであれば、JALマイルに交換する方が余計なことに気を取られずに大量マイルを手にすることができるのです。

さて、あなたはJAL派? ANA派?

まとめ 人生を変えるマイルの威力

マイルを貯めて、人生が変わった。

これが私の陸マイラーデビュー後の感想です。飛行機の乗る機会は年に1回程度。マイレージサービスに登録はしてみるものの、大してマイルは貯まらず、結局失効させてしまう。そんなマイラー歴にピリオドを打ったのが、陸マイラー的手法である、ポイントサイトの利用でした。

試しにやってみると、本当にマイルが貯まっていき、特典航空券に交換して家族で旅行へ行けました。浮いた航空券代で、いつもよりリッチなホテルに泊まり、高級なレストランにも入り、旅行がより楽しいものになりました。

さらに衝撃を受けたのは、初めてのビジネスクラス利用。世の中にはこんな世界があったんだ!とすべてに感激したことは忘れられません。

旅行が身近なものになり、旅費が抑えられることでさらに楽しい旅行になり、上流階級の世界をのぞき見たような感覚におちいったビジネスクラスの旅。陸マイラーになって、人生変わったと本気で感じています。

ポイントサイトを利用した陸マイラー的マイルを貯める手法は、ネットさえ利用できれば、誰にでもできる方法です。あなたもおすすめポイントサイトのひとつに、試しに登録してみませんか?

コメント

  1. hinata より:

    いつも楽しくブログを読ませて頂いております。
    アドバイス頂きたい事があり、投稿させて頂きました。
    GETMONEY で18万ちょっとポイントがあるのですが、諸事情によりソラチカカードが持てないので、既に持っているJALカードの方にマイルを移行しようかなと思っています。
    ですが、JALは神ルートが存在しないので、ANAマイルにできないのであれば素直に現金化する方が得なのか??ともわからなくってしまいました…。実際の所はどうなのでしょうか??ANAマイルより目減りしてもJALマイルの方が得策でしょうか??ちなみに携帯もauなので、Dポイント経由も使う事ができません…。アドバイス頂けたらありがたいです。よろしくお願い致します。

    • あなすい より:

      hinataさん、こんにちは。

      18万ポイントということは1万8000円相当のポイントということですね。
      これをJALマイルに交換しても1万マイルに足りない程度にしかならないので、このままでは特典航空券への交換も難しい状況です。
      今後もJALマイルを貯めるということであればもちろん、JALマイルへの交換を考えられたらいいと思うのですが、あまりその意思が無いのであれば(質問いただいた文章からはそんなに貯めようとは思っておられないのかなと)、素直に現金化されるか、Amazonギフト券に交換してAmazonでお買い物されてはいかがでしょうか。

      どんどんポイントサイトを利用してマイルを貯めるのであればJALマイルに、そうでなければ現金または買い物ができるポイントへの交換をお勧めします。

  2. hinata より:

    あなすい 様

    早速のご返信ありがとうございました。JALのマイルは今までも貯めており、特典航空券は今までも何度も利用しており、現在も12000マイルちょっとある状態です。
    でも、今まではポイントサイトではなく、JALカードのショッピング分のマイルで貯めていたので、ポイントサイトで貯めるとこんなに簡単に貯まる物なのかと驚いています(笑)

    マイルはこれからも使う予定なので、JALのマイルに変えようと思います。

    アドバイスありがとうございました。

    • あなすい より:

      hinataさん、こんにちは。

      失礼いたしました。JAL陸マイラー活動を既にされていたのですね。
      JALカードで貯めるより、ポイントサイトの方が圧倒的に貯まりますよね。ぜひJALマイルをどんどん貯めてくださいね。

  3. hinata より:

    あなすい 様

    早速のご返信ありがとうございました。

    ご存じだったら教えて頂きたいのですが、GETMONEY からネットマイルにポイント変換した事はおありでしょうか??

    GETMONEY からネットマイルにポイント申請しようとすると「ネットマイル口座アドレス」なる物を記入するように出るのですが、ネットマイルのサイトにはどこにも「ネットマイル口座アドレス」なる物の記載がないのですが…

    これは登録の時に使用したアドレスの事をさしているのでしょうか??

    ネットマイルのFAQにもどこにも記載がなく困っています…。

    ご存じでしたら教えて頂きたいです。

    よろしくお願い致します。

    • あなすい より:

      hinataさん、こんにちは。

      GetmoneyからNetmileへの交換はしたことが無いのですが、Netmileには口座番号等が無いところをみると、Netmileにログインする際のメールアドレスではないかと推測します。

      おそらく、hinataさんの考えで合っていると思いますよ。