日本の未来はあなたが旅行へ行くかどうかにかかっています!

シェアする

旅立ち

若者の旅行離れが指摘されています

若い人が旅行へ行かなくなったと指摘されています。特に若い男性にその傾向が強いようで、2014年度に海外へ行った20-24歳の男性は約41万人(約12%)。同じ20-24歳の女性は約78万人(約25%)が海外へ行っているのと対照的。

(出典 法務省 出入国管理統計統計表人口推計

旅に出なくても、ネットで様々な情報が得られることや、他にもおもしろいこと、楽しいことがたくさんあるから、という理由が挙げられています。

観光庁の調査(出典 若者旅行の振興)では、旅行に行かない層は若いころにあまり旅行へ行っていなかったという結果も出ています。

観光庁調査

(ゼロ回層 :直近1年以内に旅行を1度も実施していないと回答した人たち)

若い人たちが旅行へ行かなければ、その子どもたちも旅行へ行かなくなる、そんな負の連鎖が起こってしまう可能性があります。

円安となった2014年末頃から、海外からの訪日観光客(インバウンド)が増加しました。しかしその一方、20兆円あった日本の国内観光客の規模が徐々に縮小しています。

またインバウンドはどうしても東京、大阪、京都、北海道などに集中してしまい、その他多くの地方の雇用や投資が増えるところまで至っていません。やはり国内観光客をいかに増やすか、維持するか、が重要となるのです。

旅行というのはひとつの大きな消費行動です。インバウンドと国内観光、アウトバウンドの需要を合計すると22兆~23兆円もの規模になると言われています。国内、海外に関わらず旅行をすることで経済が循環する、そんな流れが滞ってしまうと日本の経済は先行きが暗くなってしまいます。

旅行へ行かなくなった理由は?

同じく観光庁の調査では旅行へ行かなくなった理由についても聞いていますが、そのトップは「経済事情」。お金に余裕がなくなり、旅行へ行かなくなることが多いようです。

観光庁調査

観光庁調査

旅行業界の取れる対策としては、シニア割引ではなく、ヤング割引を導入することです。20代以下は宿泊費20%割引などして、若い層を取り込む必要があります。若い層はこれから50年間旅行してくれます。シニアは、、、もちろん大切ですので、3世代旅行なら30%割引などの施策をとれば、若い夫婦とその子供という、まさにこれから旅行をしてくれる世代を連れてきてくれます。

世の中シニア割引が多いですが、割引くべきはお金の少ない若い層です。

旅行へ行くきっかけとなることはやはり、「資金」「時間の余裕」です。先立つものが無ければ旅行へは行けません。ヤング割引は重要です。しかしその「資金」を何とかする方法があるのです。

それはマイルを利用すること

マイルを貯めれば往復の航空券代など、旅行費用を捻出することができ、無料(タダ)旅行も可能になります。

マイルなら知っているけど

『マイルなら知ってる。飛行機に乗って貯めたり、クレジットカードを利用して貯めるんでしょ? でもほとんど貯まらないし、貯まらないまま期限切れしちゃうって聞いたけど』

半分は正しいけど、半分間違っています。

マイルは貯め方を知れば、貯まるものなのです。

実はマイルには劇的に貯まる方法があるのです。多くの人はそのことを知らずに過ごしています。もったいない。

マイルを貯めるために必要なことは知識と情報です。 知識 :マイルを貯める方法を知り、実践する 情報 :マイルが貯まるキャンペ...

多くの”陸マイラー”がこの方法で年間20万、30万といった途方もない数のマイルを貯めています

20万マイルあればヨーロッパやアメリカまでファーストクラスで往復することができます。

ファーストクラスチケットを購入してヨーロッパまで行くと、通常は200万円以上かかります。マイルで行くエコノミークラス無料旅行もいいですが、マイルの持つ最大の魅力はその価値を変幻自在に変えることにあります。

ビジネスクラス、ファーストクラスなんて自分には縁の無いものと思っていた私でも、その座席に、世界に身を置くことが出来ました。

マイルを貯める理由は? マイルの持つ魅力にとりつかれたから。 マイルの持つ魅力って? ...

マイルがあれば、遠い世界の果てまで飛んでいくことができます。日本国内での移動に利用することもできます。北海道や沖縄に限らず、東北や九州、中国、四国、近畿、東海。ディズニーランドへ行くための航空チケットを取ることもできます。

『でも航空券だけだと現地での宿泊費が必要だし…』と思った方も安心してください。ホテルや旅館の宿泊費用もマイルを貯めるのと同じ方法で作ることができます。

マイルを貯めて往復の航空券チケットは特典航空券を利用して無料で取れたけど、向こうで滞在するホテルや旅館の宿泊費用はどうしよう? そんな...

旅行に行きたいけど、費用がかかるし、、、と悩んでいるあなたの背中を、ポンッと押してあげる。さらには日本経済の下支えを行う(大きすぎ?)、そんなサイトを目指します。

ベネチア

Unsplash / Pixabay

ANA.sui.JAL.anとは

ようこそ、”ANA.sui.JAL.an (あなすい じゃらん)”へ。

名前の通り当サイトは、ANAマイル、JALマイルを中心に、マイルの貯め方、使い方を研究、解説します。

私自身が陸マイラーなので、基本的に飛行機に乗る以外の方法でマイルを貯めて行きます。初心者の方にはマイルの貯め方、使い方の解説から、上級者の方にもこんなマイルの利用法があります、と提案できればと思います。

さあ、一緒にマイルを貯めて旅に出ましょう。

マイルを貯める具体的な方法を知りたい方は、

『マイルなんて貯まらない』 大勢のひとが感じていることだと思います。そうなんです、マイルなんて貯まりません。でもこれは...

JALマイルをいっぱい、たくさん、大量に貯めたい、そんな方に是非とも使ってほしいのがポイントサイトです。ポイントサイトのことを知らないあなたにも、わかりやすくJALマイルを貯める方法を解説します。

をごらんください。

マイルの旅人・あなすい

ANA.sui.JAL.anの管理人。

マイルの魅力にとりつかれてしまったひと。

好きな旅先は南の島。

お問い合わせは下記フォームからお願いします。

免責事項

マイル、マイレージ、ポイントなど当ブログで主に取り扱っているテーマは、主に改悪と呼ばれる制度改変がたびたび行われます(泣)。こんな方法があるの!と飛びついた情報が古くなっており、既に利用できないということもあるのでご注意ください。

当ブログに掲載している内容につきましては、できるだけ正確に書くよう心がけておりますが、個人的に調べて記載している情報であり、たまに間違うこともあります。

でも、掲載された内容によって生じた損害等の責任は負えません。あくまでも個人ブログに掲載された情報であることをご理解の上、お楽しみください。

当ブログに掲載している記事・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。予めご了承下さい。

リンク・引用について

当ブログはリンクフリーとなっておりますが、著作権は放棄していませんので、他のサイトへのコピペはお止め下さい。

Google AdSenseの使用

当ブログでは、Googleによる広告配信サービス「Google Adsense」を使用して広告を掲載しています。

「Google Adsense」で得ました収益は、管理人あなすいの旅先での昼食代となる予定です。

なお、「Google Adsense」では、訪問いただいた方の興味や関心に基づく広告を配信するために、匿名のデータとしてCookieを使用しています。Cookieを使用しないように設定することも可能ですので、Googleのページにて確認・設定してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする