dカーシェアでメルセデス・ベンツに試乗してきました

グランフロント大阪にあるメルセデスベンツショールーム、Mercedes me。その店舗前イベントスペースで開催していたメルセデスベンツに触れるイベント。 ちょっとお出かけ

 

車を所有せず、必要なときに必要な時間だけ借りて利用するカーシェアリング。シェアリングエコノミーの代表とも言えるカーシェアリングですが、NTTドコモが運営するdカーシェアを利用して、メルセデス・ベンツに無料で乗れるサービスがあるのをご存知ですか?

高級車の代名詞ともいえるメルセデス・ベンツですが、ユーザーのすそ野を広げたいという思いからdカーシェアと提携し、Tap! Mercedes!というサービスを開始しました。

今回はdカーシェアとメルセデス・ベンツが提携して始めた新サービス、Tap! Mercedes!を利用して、2018年9月にマイナーチェンジしたCクラスに試乗してきました。

 

 

Tap! Mercedes!のサービス

Tap! Mercedes!では、メルセデス・ベンツが用意した試乗車に無料で試乗できます。

試乗なんだから無料で当たり前、と思われるかもしれませんが、通常のディーラーでの試乗と異なり、2時間自由に走ることができます。さらに助手席に営業の方は同乗しません

2時間無料でレンタカーを借りる、そんなイメージが合っていると思います。しかも国産小型車ではなく、メルセデス・ベンツです。

 

2018年8月のサービス開始当初は、メルセデス・ベンツの最もポピュラーな車種であるCクラスと、小型かつ特徴的な車種であるsmart forfourに試乗できます。

 

Tap!Mercedes!でレンタルできる車種のイメージ。左がsmart forfour。小型車ながら4人乗車可能な見た目も面白い車。左がメルセデスベンツを代表する車種Cクラス。

 

 

dカーシェアとは

dカーシェアはNTTドコモが運営するカーシェアサービスですが、NTTドコモを利用していなくても登録できます。

dカーシェアの特徴は、

 

カーシェア、レンタカー、個人の車、いずれもレンタルできる

dカーシェアではオリックスカーシェアと提携し、オリックスカーシェアの貸し出している車をdカーシェアのアプリから借りることができます。

また、トヨタレンタカー、オリックスレンタカー、ニッポンレンタカー、日産レンタカー、Jネットレンタカー、バジェット・レンタカー、スカイレンタカーの各店舗にあるレンタカーの貸し出しも可能。

さらに、個人がdカーシェアにマイカーシェアとして登録した車を借りることもできます。自分の車をマイカーシェアとして登録、貸し出すこともできます。

 

つまり、3種類の貸し出ししている車をレンタルできるということです。

 

初期費用、月額費用は無料

dカーシェアでは、初期登録費用、月額費用共に無料。車をレンタルしたときだけお支払いすれば良いので、たまにしか車を借りない人も安心して利用できます。

 

dポイントが貯まる、使える

dカーシェアを利用すると、利用額に応じてdポイントが貯まります。またdカーシェアの支払いにdポイントを利用できます。

dポイントを貯めれば、JALマイルに交換できます。

 

dポイントでマイルを貯める。JALマイル v.s. ANAマイル
共通ポイントとして急速に勢力拡大中のdポイント。前身となるドコモポイントでは、ドコモに限定して利用できましたが、dポイントに改変後はドコモユーザーだけではなく、幅広い人たちに支持されるポイントを目指して貯まるお店、使えるお店を増やし...

 

 

dカーシェアの利用はスマホアプリから

dカーシェアの利用はスマホアプリから行います。

 

でも会員登録はちょっと待って!dカーシェアに無料会員登録するだけで350円相当のポイントがもらえる(2018年8月記事執筆時点)サービスがあるんです。

ポイントサイト・すぐたまを利用すれば、dカーシェアに会員登録すると350円相当のポイントが貯まります。すぐたまで貯めたポイントはdポイントに交換できるので、無料でdポイント350円分がもらえるのと同じ。まずはすぐ玉に会員登録しましょう。すぐたまの会員登録も無料です。

 

リンク すぐたま新規会員登録

 

すぐたまに登録したら、トップページのすぐたまキャンペーン検索から”dカーシェア”を検索。検索結果の画面からバナーをクリックして、dカーシェアに会員登録するだけです。

 

すぐたまの広告ページ。dカーシェアの新規会員登録で700mile(350円相当)もらえるキャンペーンを実施している。

(すぐたまでは、2mileが1円相当です)

 

ポイントサイトについてはこちらもご参照ください。

 

【実録】ポイントサイトでマイルを貯める方法
今日からあなたも”陸(おか)マイラー”! 陸マイラーとは、飛行機に乗らずにマイルを貯めている人たち。飛ばずに、陸で貯めるので陸マイラーです。飛行機に乗らずにどうやってマイルを貯めるのか? 解答その...

 

会員登録後に、スマホアプリをダウンロードしましょう。

 

APP Storeのバナー Google Playのバナー

 

 

Tap!Mercedes!に申し込もう

dカーシェアアプリを立ち上げたら、最初の画面にTap!Mercedes!のバナーが現れます。

 

dカーシェアのアプリトップ画面。Tap!Mercedes!のバナーが表示されている。

 

ここからTap!Mercedes!サービスにアクセスして、車をレンタルしましょう。

 

Tap!Mercedes!でレンタルできるのはMercedes Me東京とMercedes Me大阪の2店舗にある、Cクラス、smart forfourそれぞれ1台ずつ。

1か月前から予約可能。予約できる時間は最大2時間。最初と最後に15分間の説明、確認の時間が必要なので、合わせて最大2時間半予約できます。

レンタルにかかる費用は無料。しかもレンタカーのようにガソリンを満タンにして返す必要は無く、そのまま返却してください、とのことでした。

 

 

Mercedes me大阪でメルセデス・ベンツ Cクラスを2時間レンタル

Mercedes me大阪でCクラスに2時間乗ってきたのでレポートします。

 

Mercedes me大阪は、JR大阪駅または梅田駅すぐのグランフロント大阪北館1階にあります。JR大阪駅からなら歩いて5分ほどの距離です。

Mercedes me大阪では、ショールームとして車を展示しているほか、試乗車を各種用意しており、希望すれば試乗もできます。ただし、Tap!Mercedes!のように2時間、自由に乗れるわけではありません。

カフェも併設されており、Mercedesグッズも販売しています。

 

Mercedes me大阪に到着。さすがグランフロント大阪にあるだけに、おしゃれな店舗です。

Mercedes me大阪店舗。店舗内にCクラスが展示されている。展示車は定期的に入れ替わっており、そのときに最も旬な車を見ることが出来る。

 

店舗内受付にdカーシェアのことを伝えると、すぐに手続きしてもらえます。この時にdカーシェアアプリの予約画面を提示します。また手続きでは運転免許証のコピーを取ります。ETCカードも持参すると、高速道路を走行するときに便利です。

 

手続きはすぐに完了。早速、車まで案内していただきます。やってきたのは同じグランフロント大阪北館にあるインターコンチネンタル大阪の入り口。

インターコンチネンタル大阪のロゴ。

 

さすが、おしゃれな雰囲気です。地下三階が駐車スペースになり、そこに車が止めてあります。

グランフロント大阪北館地下にある駐車場前のエレベーターホール。おしゃれ。

 

こちらには、Mercedes me大阪で試乗できる車がずらりと並んでいます。SクラスやCLSにも試乗できるんだ、、、

Mercedes meの試乗車たち。ちゃんとナンバーは付いているので公道を走行できる。

 

Tap!Mercedes!ではC200アバンギャルドが試乗車として登録されていますが、今回はC220dワゴンに試乗しました。ディーゼルエンジンのステーションワゴン車です。

C220dステーションワゴンのおしり。

 

ここで車の傷のチェック、運転方法について説明があり、いよいよ出発です。グランフロント大阪北館の駐車場内は一方通行なので、出入り口に近いスペースに車が止めてあるにも関わらず、ぐるりと一周しないと外へ出られません。帰ってきたときは迷っちゃいました。

グランフロント大阪北館駐車場は当然、有料ですが、Mercedes meの車はどれもナンバープレートが登録されているので、出入り口では自動でゲートが開きます。駐車券を取る必要はありませんでした。すごい。便利。

 

C220dはディーゼルエンジンですが、特有の音、振動は抑えられており、さすがはメルセデス。排気ガス不正があって、不遇なディーゼルエンジンですが、ガソリンよりも随分安いのでコスト的には良いですよね。パワーも申し分なく、高速入り口での加速も十分でした。

で、連れてきたのはこちら。

伊丹スカイパークとメルセデスベンツCクラス。

 

伊丹空港滑走路横にある伊丹スカイパーク。ここからは離着陸する航空機を間近で楽しめます。

C220dはなぜか水戸ナンバー。理由は不明。C220dにはサンルーフは装備されていませんが、この車はサンルーフ付きの特別仕様車でした。

 

シートはブラックレザー。助手席との間にはcommandシステムの操作用ノブがあり、シフトレバーはハンドル右側に設置されています。ここは戸惑うかも。

Cクラス車内。運転席と助手席。ブラックレザーが高級感を醸し出す。

 

真ん中にはナビ画面。車の各機能の変更もこの画面上で行います。

Cクラスの運転席。

 

スピードメーターはデジタル表示。針に相当する光の周囲に残像のような光があって、かっこいい!

Cクラスのスピードメーター。デジタル表示かっこいい!

 

伊丹スカイパークまでは阪神高速を利用してきましたが、燃費は15.3km/lとなかなか良好。

 

一番気に入ったのがヘッドライト。

メルセデスベンツCクラスのヘッドライト。LEDで照らす。

 

マイナーチェンジで変更があって、「LEDハイパフォーマンスヘッドライト」が搭載されました。

横から見るとメカメカしてますね。

Cクラスのヘッドライトを横から見る。

 

 

このあと、ついつい飛行機撮影をしてしまって、そのまままっすぐグランフロント大阪まで戻りました。だからあまり走ってない、、、って何しに行ったん?

 

 

まとめ

dカーシェアとメルセデス・ベンツが提携して開始したHop!Mercedes!のサービス。Cクラスの貸し出しは2018年12月31日までです。2時間という限られた時間ではありますが、通常の試乗とは違って、自由に走らせることができ、しかも無料というのはとても良いですね。

 

来年以降も車種を変えて、サービス継続していただけるとうれしいな。

 

 

 

コメント