ESTAの支払い方法、PayPalで支払いました

アメリカ合衆国、レドンドビーチのキングハーバーの風景 インターネット

 

アメリカ合衆国に滞在または乗り継ぎする場合に必要なESTA(Electronic System for Travel Authorization)の申請。面倒でお金がかかりますが、アメリカの決めたことですから仕方ありません。

申請には14ドル必要です。支払はクレジットカード、またはPayPalが利用できます。通常はクレジットカードで支払うと思いますが、PayPal口座に残高があったので、PayPalで支払ってみました。

 

 

クレジットカードが無いんだけど、ESTA申請はどうすればいい?

あ、クレジットカード作ってください。

アメリカはクレジットカードが無いとかなり不便です。あなた自身が信用に足る人物と認識してもらうためには、クレジットカードを持っていることが必要なのです。

クレジットカードには年会費無料のものも、たくさんあります。カードのポイントをうまく貯めれば、キャッシュバックを受けられたり、マイルが貯まってとってもお得ですよ。

 

どうしてもクレジットカードは作りたくない、事情があって作れない、という場合は旅行会社にお願いすると、手数料がかなりかかりますが、代理申請してもらえます。

 

ESTA申請は公式サイトからしましょう

”ESTA申請”と検索すると、一番上に表示されるのが公式サイトです。その下に表示される”ESTA申請サイト”などと表示されているのは、手数料を稼ごうとしているサイトなので、注意しましょう。”申請方法を解説”と表示されているサイトは、申請方法を画像付きで解説してくれているので、参考にするといいでしょう。

 

アメリカ合衆国のESTA申請公式サイトはこちらです。

リンク Official ESTA Application Website, U.S. Customs and Border Protection

 

 

ESTA申請方法を画像付きで、ちょっとだけ解説

詳しくは、解説してくれるサイトを参照してください。

上記リンク先にアクセスすると、このような画面になります。新規の申請をクリックしましょう。

ESTA申請公式サイト。自由の女神を背景に、アメリカ合衆国のサイトであることが一目でわかるようになっている。ここでは新規の申請をクリック

 

次に通常は、個人による申請をクリックします。複数人のグループでの申請をまとめて行う場合は、グループによる申請をクリックしましょう。

支払方法が記載されています。費用は14ドル。支払いはクレジットカード(マスターカード、ビザ、アメリカン エキスプレス、ディスカバー(JCB、ダイナースクラブ))またはペイパルで支払うことができます。

日本のクレジットカード、JCBも利用できるのはありがたいことです。

ESTA申請公式サイトの次の画面。個人による申請を通常はクリックする。グループ申請の場合は適宜選択。

 

いくつかの確認事項があるので、確認して次へをクリックします。

ESTA申請公式サイトの確認事項。重要なことが書いてあるのでちゃんと読むのが望ましいが、細かい字で難しいことが書いてあるので、ついつい飛ばしてしまうのは悪い癖。

 

ついつい読み飛ばしてしまうのは内緒です。

申請にはパスポートが必要です。氏名、生年月日、パスポート番号のほか、両親の氏名、米国での滞在先、連絡先などの情報が必要なので、事前に用意しておきましょう。航空券の情報は必要ありません。

 

ESTA申請費用をPayPalで支払い

ESTAの申請内容を記載し、確認を何度か行うと、支払画面になります。

eESTA申請公式サイトの支払い画面。請求額は14ドル。支払は1週間以内に完了しないと、再度入力しなおす必要がでるため、このまま支払うのがベター。

 

何か理由が無い限りは今すぐ支払うをクリックしましょう。次の画面では支払い方法を選択します。クレジットカードまたはPayPalが利用できます。

PayPalを選択すると、PayPalのログイン画面になります。

ESTA申請支払い画面。PayPalアカウントへのログインを行う。

 

PayPalで支払う内容の確認を行います。支払い金額は14ドルです。支払い方法はPayPal残高を選択しています。この場合、PayPalに残金が無いと払えません。

ESTA申請料金の支払い確認画面。PayPal残高から支払うようになっている。

 

再度ESTA申請サイトに戻り、確認を行います。

ESTA申請公式サイトで支払いの最終確認を行います。

 

続行すると支払い手続きに移ります。何度も画面が読みこみし直されるのでちょっと不安になりましたが、無事に手続きは完了しました。

ESTA申請支払い完了画面。申請が認められるかどうかは72時間以内に判定される。

 

申請が認められるかどうかは、72時間以内に判定されます。

 

為替手数料ってなに?

クレジットカードで支払う場合は、申請費用が米ドル建てなので、為替手数料がかかります。日本円を米ドルに両替するときも手数料がかかりますよね、あれと同じです。

手数料はカード会社、カードの国際ブランド(マスターカードやビザなど)によって変わりますが、だいたい1.6~2.0%程度のようです。2018年5月20日の為替レートでは1ドル110.71円なので、14ドルは約1,550円ですが、手数料を加味すると1,575~1,581円ほどになります。

 

ではPayPalで支払う場合はどうでしょうか?PayPalサイトによると、米ドルに両替する場合の手数料は3.5%です。あれ?クレジットカードを利用するときよりも手数料が高いですね。

 

PayPalに米ドル残高があったので手数料はかかりませんでした

実はPayPalには、TopCashbackから入金した米ドルがそのまま放置してあったので、そのまま支払いに利用しました。米ドルで米ドルを支払ったので、為替手数料は不要です。

TopCashbackは、アメリカ版ポイントサイト。アメリカではポイントではなく、直接現金が貯まるのでキャッシュバックサイトという名称です。日本のようにポイントシステムは盛んでは無いのでしょうか。日本ではポイントをマイルに交換できるので、日本のポイントサイトの方がうれしいですけどね。

 

TopCashbackからPayPalに換金する手続きを解説
アメリカ版ポイントサイトのTopCashback。キャッシュバックサイトと呼ばれる、ネット上でお買い物をすると、その数パーセントが還元(キャッシュバック)されるサービスです。 日本ではネット上でお買い物をするとポイントが貯まり...

 

PayPalの決済完了画面がこちら。手数料、為替手数料は必要なく、14ドルだけ引かれています。

PayPal決済完了画面。手数料や為替手数料は必要なく、PayPal残高らから14ドルだけ引き落としされた。

 

 

まとめ

PayPalに米ドル残高がある場合、ESTA申請費用の支払いは14ドルのみで済みました。

日本円から換金するには為替手数料がかかるので、PayPalでの支払いはおすすめできませんが、TopCashbackなどアメリカのキャッシュバックサイトを利用していると、米ドルが貯まっていくので、その使い道としてESTA申請費用は有効だと思います。

米ドルは米ドルのまま所持して、米ドルとして使うと手数料が必要ありませんからね。

 

 

コメント