羽田空港第2ターミナル吹き抜けにつり下がっている絵画

シェアする

羽田空港第2ターミナルは主にANAが利用している建物。2004年12月にオープンしており、1993年から利用されている第1ターミナルに比べて、光が多く入る明るいビルです。

明るさの元となっているのが、ターミナル中央にある吹き抜けの大空間。

多くの方は羽田空港を利用する際に、京急やモノレール、リムジンバスを利用されると思いますが、京急やモノレール駅から2F出発ロビーへ向かうエスカレーターで通り抜ける空間です。

そこにぶら下がっている大きな絵画。

DSC_1714

実は名前のある、芸術作品なんですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

風の渓谷

絵画パネルの作品名は「風の渓谷」。ニューヨーク在住の画家、千住博さんが描かれたものです。軽井沢には軽井沢千住博美術館もあり、作品を鑑賞できます。

「風の渓谷」は、2010年に第2ターミナルビルの拡張に合わせて設置。広い吹き抜け空間を谷に見立て、そこを吹き抜ける風を表現しています。

DSC_1731

風を感じますか?

千住ブルーとも呼ばれる深い青色で描かれた絵は、第2ターミナルを利用しているANAに通じるものがありますね。

つり下がっているパネルはそれぞれが、1.7m×6mの大きさ。全部で11枚のファブリック製パネルにプリント、展示されています。

空調の風でゆらゆら揺れて、本当に風が吹いているみたい。

DSC_1727
光がとてもよく入る第2ターミナルビルの吹き抜けなので、作品は徐々に退色してしまいます。数年おきに新しいパネルに取り換えられているそうですよ。私が見た時にはちょっと色あせていたのかな?

第2ターミナルには他にも千住博さんの作品が展示されています。展望デッキ前には青い牛「MOOON」があるそうです。気が付かなかったな、今度見に行こうっと。

羽田空港国内線旅客ターミナル内に展示されている千住博氏作のアートを紹介

羽田空港のサイトでもちゃんと紹介されていました。

DSC_1745

Senju plays Senju~Four Seasons~

第2ターミナルのマーケットプレイスにはBGMが流れています。

題名は「Senju plays Senju~Four Seasons~」。なんと、作曲家「千住明」さんが、兄の「千住博」さんの作品からインスパイアされて作曲。さらに妹のバイオリニスト「千住真理子」さんが演奏している曲なんだそうです。

兄弟で第2ターミナルを彩っているなんて、すごい一家です。

まとめ

空港ターミナルビルは、単に通り過ぎるだけの場所になりがちです。でもちょっと見上げてみると、風を感じることができます。

今度、羽田空港第2ターミナルへ行ったら、風の音に耳を澄ませてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク