JALマイルの使い方・プライオリティパスへの交換はお得?

シェアする

2016年10月、JALマイルをプライオリティパスに交換できるようになりました。

でもプライオリティパスへJALマイルを交換することはお得なんでしょうか?そもそもプライオリティパスとはなに?

JAL

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プライオリティパスとは

海外旅行をよくされる方はご存知かもしれないプライオリティパス。

その前に空港ラウンジについておさらいを。

空港ラウンジ

各空港には「ラウンジ」と呼ばれる施設があります。特定の顧客に対してサービスを行うスペースであるラウンジには、座席を提供するだけのところから、コーヒー、コーラなどのドリンクの提供、アルコール飲料の提供、軽食からレストラン並みの食事を提供するところまであります。

最上級ラウンジは航空会社のマイレージ上級会員やファーストクラス、ビジネスクラス利用者が入れるラウンジ。航空会社が運営しています。ANAやJALの最上級ラウンジでは目の前で寿司職人がにぎるお寿司をいただいたり、搭乗前にシャンパンを楽しむこともできます。

もっとお手軽に入れるのはカード会社と提携しているラウンジ。各カード会社のゴールドカードを所持していると入れるラウンジ。さすがに食事の提供はありませんが、コーヒーをいただきながらゆったりと過ごすことが出来ます。

また海外を中心に、料金を支払えば入室できるラウンジもあります。そういったラウンジではホットミールの提供もあることが多いです。

この空港ラウンジに入室できる資格を得られるのがプライオリティパスなのです。

プライオリティパスとは

プライオリティパスは航空会社や搭乗クラスに関わらず空港ラウンジに入室できるカードです。提携している空港ラウンジは全世界950か所以上。

空港での待ち時間に、ドリンクや軽食を楽しみながら待合室の喧騒から離れた空間で過ごせるのです。

プライオリティパスには3種類のパスがあります。

プライオリティパス

もっとも安いスタンダードでは年会費は99米ドルですが、ラウンジを一回利用するごとに27米ドルが必要です。

スタンダード・プラスになると年会費は249米ドルにアップしますが、10回までのラウンジ利用が無料となります。

最上級のプレステージは年会費399米ドルと高額ですが、ラウンジ利用回数に制限がなくなります。いずれのプランでも同伴者は27米ドル払うことで一緒にラウンジへ入室できます。

今回JALマイルで交換できるのは、最上級のプレステージ会員資格です。

JALとプライオリティパスが提携

2016年10月、JALとプライオリティパスは提携を開始しました。

10月5日よりJAL40,000マイルとプライオリティパス・プレステージメンバーシップとの特典交換が可能となりました。

プレステージメンバーですので、1年間無料でプライオリティパスが提携する世界950か所の空港ラウンジを何回でも利用できます。

申し込み方法はJALとっておきの逸品サイトから申し込み、E-mailで送られてくる専用の申し込みサイトにインビテーションコードを入力して、会員登録の手続きを行います。

プライオリティパス会員の有効期限は、会員申請の手続き日から1年間ですが、特典は申し込みから約2週間で届くという時差付きです。

JAL4万マイルの価値はあるのか?

プレステージ会員の年会費は399米ドル。JAL4万マイルを充当するので、100マイルあたり1米ドル=約100円の価値で交換することになります。

これは電子マネーWAONやPontaポイントに交換するときのレートと同じ。金銭として考えるとほぼ等価値と言えます。

しかしプライオリティパスは、ある種のクレジットカード会員になるとその特典として送られてきます。そのカードの年会費は様々ですが、4万円かからないカードもあり、JAL4万マイルと交換するのはお得では無い、というのが結論です。

プライオリティパスが付帯するクレジットカード

プライオリティパスが入手できるクレジットカードはプラチナクラスのカードが主になります。プラチナカードですから年会費もそこそこかかりますが、そんな中で年会費1万円でプライオリティパスが付帯するカードがあります。

それは楽天プレミアムカードです。

楽天プレミアムカードは年会費1万円(税別)とゴールドカードの中でも年会費が割安なカードで、カード会社からの招待が無くても申し込めるカードです。

楽天プレミアムカード到着後に別途申し込みが必要ですが、最もランクの高いプレステージメンバーになれます。

よほどJALマイルが余っている場合をのぞき、1万円の年会費でプライオリティパスが入手できる楽天プレミアムカードを所持する方がお得です。

まとめ

JALとプライオリティパスとの提携には驚きましたが、JALマイルをプライオリティパスに交換するのはお勧めできません。

JAL4万マイルあれば、エコノミークラス利用でシドニーまで飛べますからね。

今後さらに違う形の提携が行われるのか、気になるところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク