貯めたポイントを投資で増やす時代へ。マイルも投資で増やす!

ポイントサイト
nattanan23 / Pixabay

 

投資してますか?

株式、債券、投資信託、いろいろありますが株式ならどの銘柄を選べばいいのか、投資信託ならどの投信を購入すればいいのか、なかなか難しいですよね。

悩んでしまう原因のひとつはお金が絡むから。投資に失敗すれば結果としてお金を失います。誰しもせっかく働いて貯めたお金をみすみす失いたくありませんから、慎重になります。

 

ではポイントならどうでしょう?

ポイントもお金と同等の価値を持つので、投資に失敗すればやはり痛いですが、ポイントは何らかの”おまけ”でもらったイメージが強いので、お金を失うよりも被害は軽く済む気がします。

企業側もそこに目を付けたのか、次々とポイントでの投資を始めています。ポイントを入口として、次はお金で投資をしてもらいたい、そんな意図も透けて見えますが私たちユーザー側にもメリットが無いわけではありません。

ここはひとつ、ポイントで賢い投資の方法を学んでいきましょう。結果としてポイントが増えれば、ポイント交換で得られるマイルも増えますよ。

 

nattanan23 / Pixabay

 

 

ポイントで投資、先陣は永久不滅ポイント

永久不滅ポイントは、クレディセゾンの発行するクレジットカードで貯まるポイントです。名前の由来は、有効期限が無いポイントということ。1~2年程度の有効期限があることが当然であったポイントの有効期限を撤廃してしまうという大改革を成し遂げたポイントなのです。

 

先進的なことを行うクレディセゾンは、ポイントで投資を行うという誰でも思いつきそうで実行しなかったポイント運用2016年12月より開始しました。

後から、そんなこと誰でもできるやん、というのは簡単。でも最初に実行するには困難が伴います。

 

永久不滅ポイント運用サービスは、セゾンカード利用で貯まった永久不滅ポイントを使用して、マネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社(MSV)が運用する、投資信託を購入(疑似投資)できるもの。

アクティブコースとバランスコースから選択し、投資を行います。ただし、投資信託を購入する場合と同じく、ポイントは増えることもあれば、減ることもあります。メリットとしては手数料がかからない点。通常、投資信託は購入時に手数料が必要ですが永久不滅ポイント運用サービスでは手数料不要です。

 

実際にポイントで投資をして増えたのでしょうか?永久不滅ポイント運用サービスの紹介ページに実績が載っていました。

 

永久不滅ポイント運用サービス実績

 

12月のサービス開始とともにアクティブコースに投資をした場合は増えているようですが、バランスコースに投資をした場合は減っています。やはり投資はタイミングが重要です。

永久不滅ポイント運用サービスは100ポイント単位で投資できるので、投資をする場合も一気に運用開始するのではなくドルコスト平均法で、毎月少しずつ投資していくのがよさそうです。

 

増えた(減った)ポイントはいつでも永久不滅ポイントとして1ポイント単位で利用できます。

 

 

ポイントサイトのポイントが増える!げん玉のポイント利息サービス

ポイントサイト・げん玉(リアルワールド)は、ポイントを所有しているだけでポイントに利息がつくサービスを2016年5月より開始しました。

ポイント利息サービスで付く利息は、なんと年利1%(月利0.083%)。普通預金の金利が0.001%程度の時代に、約1,000倍の利息を付けちゃってます。

 

げん玉を運営するリアルワールド社は、Realworldというポイントサイトも運営しており、それらのポイントは共通のリアルとして貯まります

 

ポイント利息サービス開始当初は、ポイント交換をさせたくないための施策であり、げん玉(リアルワールド社)の経営が行き詰っているのではないか、げん玉もついに終焉か、という憶測が流れましたが、その後も順調に経営されており、杞憂だったようです。

 

実際にどの程度利息がついているのかというと、

げん玉ポイント利息サービスの利息

 

この1年間ポイント交換をしていないので利息としてもらえるポイント(1ポイント=1リアルです)は順調に増えています。1ポイント(リアル)=0.1円相当なので、446リアルでも44.6円ですから、びっくりするような利息が付くわけではありません。

 

ポイント利息は毎月10日の時点で、100ポイント以上所有していれば付与されます。利息は日割りで毎日計算されているので、ポイントを貯めるほど多くの利息が得られます。

 

ポイントを所有して置いておくだけで増えるのなら、使い道が決まっていなければそのままにしておこうかな?と考えます。しかし注意すべきはげん玉ポイント(リアル)の有効期限。先ほどの永久不滅ポイントとは逆をいく、180日間げん玉のサービスを利用しなければ失効してしまうという厳しさです。

ゲームやクリックポイントでポイントを貯めた場合は有効期限が伸びないので要注意です。

 

 

 

リアルワールド(げん玉)のポイントでポイント投資

リアルワールド(げん玉)では、貯まったポイントで投資も行えます。

2017年10月より、TORANOTEC株式会社が運営する、お釣りで投資サービス「トラノコ」と提携。リアルワールドのポイントをトラノコのサービス内で現金化し、投資できるようになります。

ちょっとややこしいのですが、リアルワールド社ではポイント交換サイト「PointExchange」も運営しています。げん玉などで貯めたポイント(リアル)はPointExchangeのポイントに10ポイント(リアル)=1ポイントで交換できます。今回はPointExchangeのポイントを「トラノコ」に投資できます。

 

「トラノコ」はお釣り投資という新しいスタイルの投資です。

まず「トラノコ」に口座開設をし、トラノコアプリをインストールします。アプリにクレジットカード(明細にアクセスする)や電子マネーを登録。カードや電子マネーを使用して発生した(実際は現金のやり取りが無いのでお釣りは発生しませんが、疑似的に)お釣りを投資に回すという仕組みです。

 

私も最初は理解に苦しんだのですが、例えば700円の買い物をした場合を考えてみましょう。財布の中にある1,000円札を出したとすると、お釣りは300円です。その300円を投資に回したとみなし、あらかじめ登録してある銀行口座から「トラノコ」に資金を振り替えるのです。

お釣りの設定額はあらかじめ決めることができ、投資に回したくない額のお釣りが発生した場合はキャンセルもできます。

 

「トラノコ」に振り替えられた資金は、トラノコファンドとして運用されます。少額のお釣りを積み立てて、投資信託を購入するイメージです。

 

 

トラノコファンドで注意すべきはその手数料です。運用報酬は年率0.3%+税。これは一般的な投資信託と同様にかかるコストです。さらに手数料として年率0.15%程度。一番コスト的に大きいのは月額利用料300円(税込)が必要なこと。年間3,600円のコストがかかります。

つまりポイントサイトで貯めたポイント、3,600円分をトラノコに投資しても、1年たつとほとんど残っていないという事態が発生しかねないのです。トラノコファンドが1年間で倍になれば話は別ですが、2倍になるような運用ができるファンドはまずありません。

 

さらにトラノコから出金すると、出金手数料が1回あたり300円必要です。

これらのコストを勘案すると、ポイントサイトで貯めた貯めたポイントで運用するというよりは、トラノコサービスを利用している人が、ポイントサイトで貯めたポイントも合わせて投資に回す、という利用法を念頭に置いているのでしょうね。

 

トラノコに登録するならANAマイルを貯めよう

お釣り投資トラノコに登録・毎月投資をすると、ANAマイルが貯まるようになりました。

まずはトラノコの口座開設、その後12回(12か月)の投資を実行すると700マイルもらえます。さらに毎月の投資で5マイル/月が加算されます。ただし最初に投資マイルが加算されるのは12回(12か月)の投資を行った後です。

つまりANAサイトを経由してトラノコに登録、その後1年間投資を行うと口座開設分700マイル+投資分5×12=60マイルの合計760マイルが貯まります。

 

会員登録するだけではANAマイルは貯まらないのでご注意を。

 

サイト ANAマイレージクラブ×トラノコ

 

 

 

PeXのポイントでPeX投資

ポイント交換サイトPeXでは、2017年9月より貯まったPeXポイントで投資ができるPeX投資のサービスを開始しました。

ソーシャルレンティング企業と連携し、事業を拡大したい企業にポイントで投資を行えるサービスです。

 

ソーシャルレンティングとは、「お金を借りたい人」と「お金を投資したい人」をインターネットを通じて結びつけるサービスです。

 

手数料は無料。あらかじめ運用が成功した時にもらえる返還ポイントが設定されており、1,000ポイント(100円相当)から投資ができます。

PeX投資では、実際の投資商品と連動しているため、元本割れを起こす可能性があります。また運用に失敗すると投資したポイントが返還されない場合もあるという、それなりにリスクのある商品です。

ポイントだから、まぁいいか、で投資できるのかもしれません。

 

私がチェックした時には既に全商品で募集は終了していました。ポイントをだぶつかせている方が多いのでしょうか。

PeX投資

 

うまく投資が回収できれば、1,000ポイントが2か月後には1,011ポイントになるのですから、利率としては悪くありませんね。

 

 

 

楽天ポイントで投資信託を購入

最後にご紹介するのは楽天のサービスです。

楽天は楽天市場から発展し、楽天銀行や楽天証券などの金融業も手掛けています。2017年8月から始まったサービスは、楽天市場などで商品を購入した際に貯まる楽天スーパーポイントを利用して、楽天証券で投資信託を購入できるものです。

楽天スーパーポイントは1ポイント=1円相当で利用でき、現金払いと同様にほぼ全ての投資信託を購入できます。永久不滅ポイントやトラノコでは特定の投信しか購入できませんでしたが、楽天証券が扱っている幅広い商品から選べるのはうれしいですね。

 

楽天スーパーポイントの利用可能上限は1回の注文あたり30,000ポイント、1か月で100,000ポイントまでです。

投資信託は金額指定の通常買い付けのみ可能で、積立買い付けや口数指定買い付けは利用できません。

残念ながら期間限定ポイントや他のポイントから交換したポイントは利用できません。

 

楽天証券では100円から投資信託が購入できる100円投資のサービスも行っており、少額の楽天スーパーポイントでも利用できます。

 

 

まとめ

ポイントで投資できるサービスは2017年入り、すそ野を広げています。ポイントを入口として投資人口を増やそうという流れであり、今後同様のサービスを各社開始する可能性がありますね。

投資する私たちも、金融商品を見極める目を養うことができるので、貯まったポイントの使い道が決まっていない場合は、投資してみるのもいいですね。

PeX投資のようにポイントで返還される投資なら、マイルを増やすこともできます。

 

 

コメント