SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM Artを購入。ポイントがっぽりもらいました。

カメラ趣味

 

SIGMAの誇るArtレンズ。超広角をカバーするズームレンズでさらにF2.8の明るさを実現したこのレンズは、いわゆる大三元の一角を担える、素晴らしいレンズでした。陸マイラーらしく、購入にあたってはポイントもがっつりもらって、お得に購入しましたよ(笑)。

 

 

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM Art 開封の儀

ポイントを貯めるため、通販で購入。現物を見たい場合は試写してみたい場合はやはり実店舗での購入になると思いますが、より多くのポイントを貯めて、お得に購入したい場合はネット通販での購入に軍配が上がります。

今回はYahoo!ショッピング内の、カメラのキタムラで購入しました。カメラのキタムラであれば、車で少し走れば実店舗もあるので、何かトラブル等起こった場合に相談しやすいと考えました。

 

 

どでかい段ボールに鎮座していたのは立方体に近い白い箱。ニコンのゴールドよりもおしゃれな感じがしますね。

 

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Artの箱。白い正方形に近い形で黒いラインが入る。

 

箱を開けると出てきたのは黒いレンズケース。F2.8の高級レンズが入るにふさわしい、しっかりとしたケースです。

 

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Artのレンズケース。こちらも立方体に近い形状。

 

そしてレンズとご対面。

 

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art レンズ本体。レンズキャップは上からはめ込む形状。

 

大きなレンズキャップをかぶっています。レンズキャップは上からパコッとかぶせる感じ。ロックする爪も何も付いていないので、レンズキャップを付けたまま歩くと、レンズキャップを落としてしまわないか心配になります。なるべくカバンの中にレンズ・カメラは入れておき、撮影時に取り出すようにするか、レンズキャップは外した状態で首から下げて移動する方がいいのかなと思います。

 

レンズ前面は大きな球面が目立ちます。花形フードは外せない設計。レンズに傷がつくと困りますからね。

 

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Artの最前面には大きな球面状レンズ

 

D800に装着してみました。バランス的にはフルサイズ一眼レフにピッタリじゃないでしょうか。流行りのミラーレス一眼ではかなり前が重たい感じになるかもしれません。

 

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | ArtをD800に装着したイメージ。

 

持ってみた印象は、う、重い。

本体+レンズの重量は2kgを超えます。全体にずんぐりむっくりした感じなので、余計に重たく感じるのでしょうか。まあ、このレンズを選択した時点でわかっていたことですが。

 

 

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM Art 試写

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM Artを持ち出して東京国際フォーラムで試し撮りをしました。歩くときはレンズキャップを外してウロウロ。レンズ先端をどこかにぶつけてしまわないように注意が必要です。

東京国際フォーラムは広角レンズ向きの被写体ですよね。

 

東京国際フォーラム地上階から上を見上げて撮影

 

ファインダーをのぞいて感じたのは、これおもしろい。レンズを上下左右に振ると、東京国際フォーラムの建物がグリングリンと動く感じ。シャッターを切ると、評判通りのパキパキに解像した画が出てきます。これはすごい。

 

東京国際フォーラム空中の通路

 

上階へ移動し、空中回廊へ。こういった線の多い被写体はSIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM Artの得意分野ですね。

 

DSC_0082

 

東京国際フォーラムでは、天井の骨組みも見どころです。いつもここへ来ると、クジラをイメージします。

 

DSC_0076

 

船や飛行船かもしれません。

 

DSC_0084

 

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM Art、すげーとなりながらの撮影会でした。

 

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM Artとお散歩

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM Artをぶら下げてお散歩です。やはりズシリとした重さはありますが、楽しさの方が上。

 

丸の内の花屋さん。おしゃれ。

 

丸の内方面へ移動します。お花屋さんがおしゃれ。24㎜で撮影するとスナップが自然な感じで撮れます。

 

丸の内仲通り

 

丸の内仲通りは、ショーウインドウがクリスマスデコレーションになっていてきれいです。残念ながらイルミネーション点灯の時刻までは居ることができなかったので、撮影できず。

 

東京駅

 

そのまま東京駅へ移動してきました。行幸通りの端から撮影。14㎜なら東京駅の端から端まで撮影できます。駅舎の端は残念ながら木の陰になって見えませんけどね。

 

東京駅。駅前の広場から撮影。

 

道路を渡って、駅前の広場の端から撮影。駅前の広場は大勢の人でにぎわっていました。みなさん、思い思いのカメラ、スマホで撮影会をされていました。

 

東京駅。丸の内南口で撮影。

 

そのまま駅舎の中へ。有名な丸の内駅舎のドーム天井ですね。装飾が美しい。

 

DSC_0138

ぎょがーん、こと魚眼レンズに持ち替えて撮影。SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM Artもいいですが、こういう場所は魚眼レンズが圧倒的に楽しいですね。撮影に使用したのはこちらのレンズ。

 

魚眼レンズ最高!SAMYANG (サムヤン) 12mm F2.8 ED AS NCS Fisheyeを購入しました
魚眼レンズは魚の目のように、自分の周囲をかなり広範囲に撮影できるレンズです。広範囲が写る分、ゆがみもすごいのですが実際の風景とは違って見えるので、それはそれで面白い。以前から欲しいなと思っていた魚眼レンズを買っちゃいました。 ...

 

DSC_0140

天井だってこのとおり。全体が撮影できます。

 

東京駅

 

駅舎を撮影すれば、周りのビルがニョキニョキと寄ってきてくれます。

 

DSC_0199

 

あたりが暗くなって東京駅もライトアップ。美しさがさらに増しますね。SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM Artに戻して撮影。手持ち、1/8秒露光に挑戦。歩留まりは1/2ぐらいでしょうか。完全に暗くはなっていないので、何とか撮れました。

この日は天気も良くて暖かく、最高の撮影日和でした。

 

 

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM Artを購入してポイントを貯める

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM Artの購入には、Yahoo!ショッピングを利用しました。

Yahoo!ショッピングでは購入金額に応じたポイントが貯まるのですが、キャンペーンを併用すれば一気に大量ポイントが貯まります。

Yahoo!ショッピングのカメラのキタムラで購入したSIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM Art。購入金額は140,720円でしたが、

 

Yahoo!ショッピングの明細

 

 

ストアポイント1倍(1%)+Softbankユーザーなら恩恵が受けられる、Yahoo!プレミアム会員特典5倍(5%)+Softbankユーザー特典5倍(5%)+2時間限定で開催されたハッピーアワー特典5倍(5%)の、合計16,407ポイント(購入金額の16%分、16,407円相当)を獲得しました。

そのうち15,000ポイントは期間固定Tポイントなので、有効期限が1か月限定で、Yahoo!ショッピングでしか利用できないポイントになります。しかし、ふるさと納税の支払い(Yahoo!公金支払い)に充てれば期間固定Tポイントを使用できます。ふるさと納税ならお礼の品をもらえて、翌年の確定申告時に2,000円を除いて戻ってくるので、現金が戻ってくるのと同じ効果が得られます。

 

期間固定Tポイントを利用したふるさと納税についてはこちらで解説しています。

 

期間限定・期間固定ポイントを使ってふるさと納税
インターネットで貯まるポイントの中には、期間限定、期間固定という有効期限が通常のポイントよりも短く、さらに使い道も固定されているポイントがあります。 有効期限が短いため、急いで使わなければいけないことが多く、私はよく、...

 

支払いに利用したクレジットカードの還元分も合わせると、17%ポイント還元で購入できました。

 

 

まとめ

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM Artは、SIGMAの高い技術力を見せつけてくれる素晴らしいレンズです。お散歩にはかなりヘビー級のレンズとなりますが、このレンズを持って歩けば、今までとは違った世界が広がっています。

ついでにポイント・マイルも貯めればさらにハッピーです。

 

 

コメント