積立で旅行・ツアー代金の支払いを10%以上得する方法

ギフト 旅行に役立つ情報

超低金利、さらにはマイナス金利時代。

貯金していてもお金が増えることは無くなりました。政府としては投資を促進、ということなんでしょうけど、なかなか踏み出せるものではありません。

 

ちょっとした楽しみに、旅行へ行くにも先立つものが無ければむずかしい。そこで積立の登場です。でも10%以上もどうすれば得することができるの?

 

 

ギフト

 

 

旅行積立

旅行積立もこのマイナス金利時代に非常に有益な商品です。

積立を利用する、超低金利時代にあらがう旅行術

 

旅行積立で得をするボーナス額は、ANA旅行積立プラン、JAL旅行積立ともに最大3%です。

 

JTB旅行積立たびたびバンク

大手旅行会社JTBにも積立プランがあります。

「たびたびバンク」と名付けられた商品は、JTBの取り扱う豊富な商品で利用できるのが魅力。国内・海外ツアーや宿泊手配をともなう手配旅行にも利用できます。

 

満期まで積み立てて利用する定期積立プランのほか、入金後はいつでも旅行の支払に利用できるフリープランがあり、利用の自由度が高いのが特徴です。

 

サービス額率は定期積立プランでは1.75%、フリープランは1.5%になります。フリープランはいつでも引き出せるため、毎日利子が付くかたちになっています。

 

しかし10%には遠く及びません。

 

 

百貨店友の会

百貨店友の会とは

百貨店ならほぼどこのお店でもあるのが「友の会」。年会費無料の友の会に入会し、毎月一定額を1年間積み立てると、ボーナス分が加算されたお買物券を受け取れる仕組み。

お買物券はその店舗、あるいは同じチェーンの店舗でしか利用できないが、積立額のおよそ8%(1か月分)がボーナスとして加算されるので、スズメの涙にもならない預金金利を大幅に超える利息を手に入れられます。

 

ボーナス以外の特典が付く百貨店も多く、宿泊施設やレストランの利用が優待料金で可能となったり、高島屋の「ローズサークル」ではお中元・お歳暮の時期に5%の買い物優待券をもらえます。

 

 

友の会お買い物カードで旅行費用を支払う

友の会お買い物カードで旅行費用を支払うことができれば、約8%分の旅行費用がお得になります。

残念ながら友の会お買い物カードで旅行費用を支払える百貨店は限られており、全国展開している中では高島屋だけです。

しかも、旅行費用を友の会お買い物カードで支払いできるのは大阪店のみ。

 

高島屋友の会

 

これはかなり貴重な存在です。いつ改悪されるかもわからないので、黙っている方がいいのかも、、、と言いながら記事にしていますが。

 

友の会会員証提示で基本旅行代金が3%割引、さらに友の会お買い物カードで支払って、8%分お得に。合計すると10%を超える旅行費用の節約になります。

 

 

三越伊勢丹百貨店では友の会での旅行費用支払い終了

三越伊勢丹百貨店では友の会お買い物カードでの旅行費用支払いの取り扱いが終了します。

 

三越伊勢丹友の会

 

このような事態になる可能性があるため、1年かけて積み立てる前に万一の場合の友の会お買物券の利用方法を考えてから行動してください。

 

 

まとめ

百貨店友の会はマイナス金利時代に大変注目されています。非常に限られた環境ですが、旅行費用にも充てることができるため、上手に利用したいですね。

 

 

 

コメント