マイル/乗車距離比率が半端ない「京急ANAのマイルきっぷ」

京急ANAのマイルきっぷ ANAマイルを貯める

 

京急(京浜急行電鉄)とANAがコラボした電車の切符「京急ANAのマイルきっぷ」が発売となりました。

 

販売される切符は、羽田空港-品川または泉岳寺までの片道、または往復の2種類です。他の区間(横浜方面など)は設定がありませんが、電車の切符を買うとANAマイルが貯まるというお得な切符です。ANAマイラーならぜひ利用したいですね。ただし、羽田空港の券売機では販売していないため、地方から東京へ行くときにしか購入できません。東京近郊在にお住いの方は、帰りの際だけ利用できる切符となります。

 

 

京急ANAのマイルきっぷ

 

 

京急ANAのマイルきっぷ

京急ANAのマイルきっぷとは

「京急ANAのマイルきっぷ」とは、2016年3月15日から発売開始となった、ANAのマイルが貯まる京急のきっぷです。

 

「京急ANAのマイルきっぷ」はどこで買えるの?

「京急ANAのマイルきっぷ」の販売個所は全国17空港に設置している京急の自動券売機。この自動券売機は「京急ANAのマイルきっぷ」販売開始とともにリニューアルされ、京急電鉄マスコットキャラクターである「けいきゅん」型になりました。

 

けいきゅん

 

 

パッと見ると、ちょっときっぷを買うのが恥ずかしい形。実際はそこまで人を寄せ付けない感は無く、ひっそりと設置されています。

 

設置されている空港は以下のとおり。

 

  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 小松空港
  • 大阪国際(伊丹)空港
  • 徳島空港
  • 高松空港
  • 岡山空港
  • 米子空港
  • 広島空港
  • 大分空港
  • 北九州空港
  • 福岡空港
  • 長崎空港
  • 熊本空港
  • 鹿児島空港
  • 宮崎空港
  • 那覇空港

 

大阪伊丹空港では10番搭乗口前、ANAラウンジ出口のすぐ横に設置されています。当然JAL側ではなく、ANA側(ターミナル南側)になります。そばにはモノレールの券売機も設置されており熾烈な争いが、、、と思いがちですが、ひっそりと置かれているので気が付いていない方も多いかも。搭乗口と”けいきゅん”の間にお店があるので直接見えないんですよね。何か購入しようとお店をウロウロするか、トイレへ立ち寄った際に気が付くかと思います。

 

大阪空港

 

飲み物の自動販売機を挟んで手前がモノレールの券売機、奥がけいきゅんです。

 

 

鹿児島空港では手荷物検査、セキュリティチェックを抜けると正面に設置してあります。鹿児島空港ならJAL便を利用するときも購入できます。

 

鹿児島空港 けいきゅん

 

 

 

「京急ANAのマイルきっぷ」の種類は?

「京急ANAのマイルきっぷ」は羽田空港と品川間または羽田空港と泉岳寺間の2区間のみ販売されています。乗車券には、片道乗車券と往復乗車券の2種類があります。品川または泉岳寺より先に行く場合はマイルきっぷとは別に乗車券が必要になります。

 

発売価格は品川行きが、

  1. 片道乗車券:大人410円
  2. 往復乗車券:大人820円

泉岳寺行きが、

  1. 片道乗車券:大人450円
  2. 往復乗車券:大人900円

 

実はこれ、普通に羽田空港駅や品川駅できっぷを購入する場合と変わりません。割引はありませんが、マイルが貯まる=マイルで還元、される切符です。

 

「京急ANAのマイルきっぷ」には有効期限があり、片道乗車券は発行日当日のみ有効、往復乗車券は発行日から10日間有効です。東京で数日滞在する予定であれば購入しておいても大丈夫です。

 

京急ANAのマイルきっぷ

 

 

「京急ANAのマイルきっぷ」子ども料金は?

残念ながら、京急ANAのマイルきっぷは大人運賃のみで、子ども運賃の設定はありません。

 

 

「京急ANAのマイルきっぷ」購入方法

購入方法はとても簡単です。品川までの往復切符を購入する場合は、最初の画面で右下に「京急ANAのマイル往復きっぷ(品川)」というボタンが出ています。これを押すだけ。

 

その他の京急ANAのマイルきっぷは、画面左側の「すべてのお得なきっぷ」を押します。次に画面で「都心方面」を選択。片道の場合はその次の画面で品川、泉岳寺どちらの切符も購入できます。往復の場合は画面下の「次のページ」を押すと往復切符が選べます。

 

ANAマイレージクラブ会員はANAマイレージクラブカードまたはクレジット機能付きANAカードを券売機に投入するか、ANAマイレージクラブカード会員番号を入力すると、マイルが付与されます。

 

支払いはなぜか現金のみ。ANAカードかEdy対応してほしいです。

 

 

「京急ANAのマイルきっぷ」でANAマイルが貯まる?

「京急ANAのマイルきっぷ」は、きっぷ購入時に画面の指示に従いANAカードまたはANAマイレージクラブカードを投入するか、ANAマイレージクラブお客様番号(10桁)を入力するとANAマイルが貯まります。

 

貯まるANAマイルは片道乗車券で30マイル往復乗車券なら70マイルです。品川行き、泉岳寺行きどちらの切符を購入しても貯まるANAマイルは同じです。

 

羽田空港と品川の間は約14.5kmですから、約9マイルに相当します。つまり30マイル/9マイル=3.33、あるいは70/18=3.88と、1乗車マイルあたりにもらえるANAマイルが3マイルを超えます。

 

国際線ファーストクラスに搭乗しても、区間基本マイレージに対する積算率は150%、つまり1乗車マイルあたりにもらえるマイルは1.5マイルです。ということは、「京急ANAのマイルきっぷ」はファーストクラスと比べても倍のマイルが貯まるわけです。乗車距離に応じてもらえるマイルとしては世界最高水準ではないでしょうか? 電車ですけど。

 

品川駅で京急線とJR線の乗り換えはどうすればいいの?

品川駅で京急線とJR線の乗り換えをするときは、連絡用改札口を利用します。私も地方民なのでどのように通過すればいいのか分からなかったので、駅員さんに聞きました。回答は簡潔明瞭、「最初に切符を入れて、Suicaをタッチ」だそうです。

 

品川駅のりかえ口

 

IC専用改札機はダメですよ。切符とIC兼用改札機を利用します。最初に京急ANAのマイルきっぷを投入、次にSuicaでタッチ。これは京急からJRに乗り換えるときも、JRから京急に乗り換えるときも同じ手順です。

 

 

泉岳寺から先へ地下鉄で移動する場合は、降りる駅で清算しましょう。京急線は直通で浅草やスカイツリーまで行けるのですが、京急ANAのマイルきっぷはは泉岳寺までしか購入できません。

 

 

まとめ

 

 京急ANAのマイルきっぷは、地方空港でのみ購入できるきっぷです。

 

 京急ANAのマイルきっぷを購入すると、片道乗車券なら30マイル、往復乗車券なら70マイル貯まります。

 

 京急ANAのマイルきっぷは品川駅や泉岳寺駅、羽田空港では購入できません。東京近郊にお住まいの場合は、帰宅前に全国17の空港で片道乗車券を購入することができます。

 

 

 

コメント