LINE PayをQUICPayに登録すると1000LINEポイントもらえます

LINE PayのQRコード。コードを読み取ると、、、 LINEポイントを貯める

 

QRコードを表示して、読み込んで支払いをするコード決済が熱いですね。

LINE Payコード払い、paypay、楽天ペイ、d払い、さらには銀行もコード払いに参入する予定とか。

 

その中でも、アプリダウンロード&5,000円チャージで1,500円(ソフトバンク&Y!mobileユーザーは2,000円)分のチャージがもらえる、paypayが話題をさらっています(2018年12月初めまでのキャンペーンです)。

 

しかし私的に一押しのLINE Payも負けてはいません。

paypayが中国Alibabaの運営するAlipayと提携すれば、LINE Payは同じく中国Tencentの運営するWeChat Payと提携。訪日中国人の取り込み競争が加速しています。

コード決済が爆発的に広まった中国のパワーを日本での提携先拡大に生かしたいという目論見でしょう。

 

どうせなら、QRコードを共通にして、自分の好きな**payで支払えるようになればいいのにと思いますが、QRコードが共通では自分のところのシステムを使ってもらうための過当競争(キャッシュバックやポイント付与など)になってしまい、儲けにつながらないと判断しているのかも。

 

2018年急速に普及し、さらに過熱するコード払い決済ですが、ユーザーの私たちが気を付けることは、お得なキャンペーンには乗っかるということですね。

paypayのチャージ1,500円分もいただきますし、20%分還元キャンペーン実施中はpaypayを使って、祭りが終わったら次のお得な支払方法を探す。常にアンテナを高くしてキャンペーンを逃さないようにしておきたいですね。

 

一押しのLINE Payでもお得なキャンペーンを実施しています。残念ながらキャンペーン対象は、おサイフケータイ搭載のAndroid搭載スマホユーザーに限られますが、LINE PayをQUICPayに登録するだけの簡単なお仕事ですよ。

 

 

LINE PayをGoogle PayのQUICPayに登録すると1,000LINEポイントもらえる

PayペイPayペイとうるさい世の中ですが、なんでもPayをつければいいってもんじゃありませんよね。LINE Pay、Google Pay、QUICPayの3つのサービス中では、QUICPayが最も古株なんですが、すっかり他のPayに食われてしまった感満載です。

 

QUICPayは”かざす”形の支払い方法。非接触型ICカードで利用できます。非接触型は、楽天EdyやWAON、nanacoと同じ方式ですが、他の電子マネーがあらかじめチャージする必要があるのに対して、QUICPayはチャージする必要が無い、後払い式の支払い方法です。Applepayでも、QUICPayを登録・利用できますね。

 

おサイフケータイに直接QUICPayを登録することもできますが、今回はGoogle Payを介して登録します。この辺の仕組みの違いがよくわからないのですが、Google Payを介してQUICPayを登録すると、利用履歴などがGoogle Payで管理できるようになります。それだけの違いなんでしょうか?

 

QUICPayは後払い式なので、クレジットカードを紐付ける(利用金額をクレジットカードから引き落とす)必要がありますが、クレジットカードの代わりにLINE Payを紐付けてQUICPayを利用できるようにするということのようです。

 

まずはアプリをダウンロード

登録方法はとっても簡単です。Felica搭載(おサイフケータイ対応)のAndroidスマホならおサイフケータイアプリは標準で登録されていると思いますが、もし無い場合はおサイフケータイアプリをダウンロードします。

 

 

もうひとつ必要なアプリはGoogle Payです。

 

 

Google Playのダウンロードが初めてなら、プロモーションコードを登録するとお得です。

 

Google Playのダウンロード画面とプロモーションコード入力で500円もらえるキャンペーン

 

プロモーションコードを、Google Payアプリの左上メニューから入力し、500円分のGoogle Pay登録電子マネーを使用すると、500円分のGoogle Playで利用できるコードがもらえます。

 

Google Payのメニュー一覧

 

私のプロモーションコードは「JP6465ZG」です。コードは10名の方まで使用できるようです。Google Payアプリの口コミ欄にもコードを書いている方がいるので、そちらを入力してみてもいいでしょう。

 

LINE PayからGoogle Payに登録

次にLINE PayからGoogle Payに登録します。

LINEアプリのウォレットを開き、残高の金額の数字(+)をタップします。LINE Payの画面が開くので、QUICPayをタップします。

 

LINEアプリからQUICPayに登録する方法図説

 

あとは画面の案内に従って登録を進めていくだけです。

 

LINE PayをQUICPayに登録する方法その2

 

 

 

LINEPayをGoogle Payに登録する方法その3

 

 

登録するだけで1,000LINEポイントゲット!ローソンで利用してみると、、、

キャンペーン期間中なので、LINE PayをQUICPayに登録するだけで即座に1,000 LINEポイントを獲得しました。1,000円相当のポイントが無料でもらえるのですから、このチャンスを逃さないようにしないと。

さらにせっかく登録したので、ローソンでの支払いに早速QUICPayを利用してみました。

 

LINE PayをGoogle Payに登録すると1,000ポイントもらえました。

 

「QUICPayでお願いします」とレジで伝えて、レジ横のリーダーにスマホをかざすだけで支払い完了。支払いはとても簡単です。

200円ごとにLINE 1ポイントが貯まる(還元率0.5%)ので、LINE 5ポイントの加算です。

 

でもちょっと待ってください。ローソンではLINE Payのコード払いも利用できます。しかもコード払いなら現在キャンペーン中で還元率が3.5%にアップしています。ということはQUICPayで支払うより、LINE Payコード払いをした方がお得だったんですね。

 

普段はLINE Payコード払いを中心に利用して、LINE Payコード払いができないお店であっても、おサイフケータイのQUICPayが利用できるお店ならお支払いができますよ、ということでした。2018年12月からはファミリーマートでもコード払いが利用できるようになります。コード払いはますます熱いですね。

 

 

まとめ

コード払いはLINE  Payコード払い以外にも、paypay、楽天ペイ、d払い、さらには銀行もコード払いに参入してくるとのことで、まさに群雄割拠の時代です。

私たちユーザーが手数料を支払うことは無いので、どのコード払いを使っても一緒。だったら還元率が良いものを利用して、キャンペーンに乗っかる方がお得ですよね。

 

当面はひとつのコード払いに固執せず、いろんなサービスのお得な部分を使っていく方針です。

 

貯めたLINEポイントはマイルに交換して旅行へ行けますよ~。

LINEポイントを貯めてANAマイル・JALマイルを貯める方法【LINE Payも活用】
LINEポイントを貯めると、マイルが貯まります。 LINEポイントはANAマイル、JALマイルに交換できるんですね。さらにLINEポイントを中継地点に使うと、より多くのANAマイルを貯めることもできるんです(LINEポイントル...

 

コメント