千里川土手で夜景・飛行機撮影。装備や機材は何が必要?

シェアする

大阪空港(伊丹空港)滑走路が一望でき、離着陸する航空機を撮影できるスポット、千里川土手で夜間撮影をしました。滑走路の灯火が美しくきらめく、夜景撮影スポットでもあります。

とにかく過酷な環境のため、必要な装備とか、機材とか、自分用の覚書のためにも記事にしておきます。

千里川土手 夜間

スポンサーリンク
スポンサーリンク

千里川土手・アクセス

千里川土手(堤防)は大阪空港滑走路の南東側を流れる千里川の、文字通り土手(堤防)です。滑走路に隣接しているため、滑走路を一望でき、着陸する飛行機が頭上を通過します。

千里川土手

頭上をあっという間に通り過ぎる飛行機はまさに迫力満点。テレビ番組やGoogleのCMでも紹介され、とても人気のあるスポットです。

上の写真左側に滑走路があります。人が集まっている付近まで行くとこんな感じです。

千里川土手

滑走路がよく見えますね。よく見るとパンダさんもいます。向こう側の土手の方が滑走路に近いので、より飛行機が大きく見えます。ただし、滑走路との間にあるフェンスは結構高いので、その上を越して写真を撮るには踏み台が必要な場合もあります。

私が写真を撮っている側の土手からは滑走路が遠くなりますが、こちら側の土手は一段高く、川との間のフェンスは低いので写真は撮りやすい印象です。

普通の川の土手なので、トイレはありません。駅からは遠く、バス路線も近くを通っていないので不便な場所でしたが、2016年ごろに付近にコインパーキングができ、車でのアクセスが飛躍的に向上しました。

千里川土手 駐車場

コインパーキングは、タイムズ駐車場とオリックスパーキングの2か所あります。オリックスの方が千里川土手に若干近い印象ですが、大差ありません。料金はどちらも24時間最大600円です。

今回はオリックスパーキングに駐車して、タイムズ駐車場に向かいました。

オリックスパーキングスポット千里川土手

夜間飛行機撮影は秋から冬にかけての時期が良い理由

夜間飛行機撮影は夏よりも冬の方が向いています。

冬の方が暮れるのが早い

夏は19時ごろまで明るいですが、冬は17時ごろには暗くなります。大阪空港の門限は21時です。21時以降は飛行機は離発着しません。暗くなる時刻が早い方が、より長い時間撮影を楽しめるわけです。

冬の方が空気が澄んでいる

冬の方が空気のよどみが少なくなります。飛行機撮影は望遠レンズで遠くから撮影することが多くなるので、空気の澄んでいる冬の方がきれいな写真が撮れます。

そんな理由で、冬の方が夜間飛行機撮影に向いているのですが、その分、装備に注意が必要です。

夜間飛行機撮影(冬)に必要な装備

冬場の撮影はとにかく寒さ対策が重要です。

千里川土手は滑走路が間近なため、飛行機の着陸に邪魔になるようなものは何もありません。つまり吹きっさらし。風の無い日でも、飛行機の通り過ぎた後には強い風が吹きます。撮影時はじっとしているため、体も冷えやすく、寒さ対策を万全にして撮影に臨みましょう。

防寒対策にユニクロで装備を調達しました。

ヒートテック

下着には極暖、超極暖のヒートテック。靴下もヒートテック。登山のように汗をかく場合、ヒートテックは汗を吸わないので不向きですが、千里川土手で撮影するにはちょうどいい装備です。

風対策も必須。風のある日にはどんどん体温を奪われてしまいます。今回は防風機能 BLOCKTECKを備えた、暖パンを履いて臨みました。

暖パン ユニクロ

これはいいですね、風を通さないので寒さが違います。上着もゴアテックス素材のものを着用し、風対策も万全にしました。

手先の保護のために手袋も必須。撮影用グローブにしないと、カメラの設定など細かい作業に困りますので注意。

かじかんだ指先を温めるために携帯用カイロも持参しましょう。

耳まで覆えるニット帽があれば、かなり寒さが違います。耳まで覆うのがポイントです。

滑走路の光があるので、真っ暗にはなりませんが、懐中電灯もあった方がいいですね。首から下げるタイプは、両手を使って作業できるので便利です。

夜間飛行機撮影に必要な機材

カメラとレンズ

どんなものでもいいと思いますが、高感度に強く、望遠レンズが使用できるものが望ましいです。千里川土手からは、200㎜の望遠レンズでもちょっと足りないぐらい。できれば300㎜以上あればいいですね。

広角レンズもあるとより写真の幅が広がります。

スマホのカメラは、着陸する飛行機をビデオ撮影するのに使えますが、滑走路の飛行機は撮れません。

三脚

夜間撮影には必須のアイテムです。

夜間撮影では、シャッター速度を遅めにする必要がありますが、その分手振れを起こしやすくなります。手振れを防ぐには、三脚でしっかりと固定しましょう。

三脚も軽いものでは風が吹くと揺れてしまうのでイマイチです。またフェンスを越えて写真を撮るためには、三脚の高さも必要です。手前の土手から撮影しようと思うと、三脚の高さは160cmでも足りないくらいでした。ところどころ、フェンスの上部が破れているところや、足元の土手が高くなっているところがあるので、そういったところを探して撮影すると、三脚の高さが足りない場合でも撮影できます。

高さがあまり稼げない三脚の場合は、あえて奥側の土手から撮影するほうがいいかもしれません。

というわけで、高さが稼げて、足の太いジッツオのシステマティック三脚を用意しました。

ジッツオ システマティック三脚

5型4段 GT5543XLSです。最大伸高198cm。天井の低い部屋では、天井にあたってしまうほどの高さなので、

脚立

脚立が必須です。

システマティック三脚には雲台が付属していないので、雲台も必要です。いろいろと悩んだ結果、鳥撮影にも使われるビデオ雲台をチョイス。Manfrotto プロフルードビデオ雲台 75mm 504HDです。

マンフロット 504HD

カメラを固定するとこんな感じ。

千里川土手

おぉ、なんかプロみたい。ちなみにこの時は三脚を三段目までしか伸ばしていません。四段目まで伸ばすと高すぎて撮影しにくいので。三段目でも十分にフェンス越えで撮影できました。前に立っている人の頭上を飛び越えて撮影したい場合はフルに4段目まで伸ばせば可能です。

さすが、ジッツオ最強と呼ばれる5型三脚です。飛行機が通り過ぎても(風が吹き荒れます)ピクリとも動きませんでした。

レリーズ

どんなにカメラをしっかりと固定しても、撮影時にシャッターボタンを押すと揺れてしまう恐れがあります。そこでカメラに直接触れずに撮影できるレリーズがあると便利です。

最近はスマホのアプリで撮影できるカメラもありますね。

千里川土手で飛行機撮影

千里川土手から飛行機を撮影しましょう。

DSC_3221

広角(この写真は魚眼レンズですが)で写すと、頭上を通り過ぎる飛行機全体を撮影できます。

DSC_3443

次第に暗くなってきました。飛行機のライトがアクセントになります。

千里川土手

滑走路の灯火が点灯すると、いよいよ夜間撮影スタートです。

DSC_3565

機体のおなかに滑走路の明かりが反射してとてもきれいです。この映り込む感じが大好きです。

DSC_3843

いよいよ真っ暗になってきました。飛来する飛行機を写し止めるには、シャッタースピードが1/125から1/200ぐらいは必要です。明るいレンズがあると撮影しやすいです。ライトが強烈なので、ゴーストが発生しています。

DSC_3680

着陸する飛行機も時速は200kmを超えています。あっという間に頭上を飛び去るのでとにかく連射。

千里川土手

連射してると、たまにアンチコリジョンライトが写って、ちょっとうれしくなります。

DSC_3616

離陸直前の飛行機を長秒露光で狙いたいのですが、なかなか止まってくれません。

DSC_3646

こればかりは、何度も通ってチャンスを伺うしかないですね。

DSC_3783

滑走路侵入前なら、止まってくれる飛行機は結構あります。着陸機を待つ場合ですね。

DSC_3899

夢中で撮影していると、あっという間に時間が過ぎていきました。この日撮影した枚数は700枚強。そのうち、マシだったのは数枚にとどまります。まだまだ修行が必要です。

夜間撮影は安全なの?

街灯もない、真っ暗な中での撮影。治安が気になりますよね。この日は日曜日でしたが、真っ暗になってもこんな具合です。

千里川土手

結構お仲間がたくさんいます。ひとり寂しく撮影、ということは無いので安心してください。ただし、貴重品やカメラ、レンズの管理は厳重にしましょう。

まとめ

夜間飛行機撮影はめちゃくちゃ楽しいです。寒さに震えながらでも、思うような一枚が撮れたら最高です。まだまだそんな写真は撮れていないので、千里川土手に通いたいですね。

なかなか時間も取れないのが残念です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク