日本版 ユナイテッド航空MileagePlusのマイルを貯める方法

ユナイテッド航空 UAマイルを貯める
skeeze / Pixabay

手間をかけずにクレジットカードでマイルを貯めたいのなら、ユナイテッド航空のMileagePlus(マイレージプラス)が超お勧めです。

 

その理由はなんといっても還元率の高さ

 

クレジットカード所持に多少のコストは必要ですが、100円の利用で1.5マイルが貯まっていくので、面倒くさがりマイラーさんには打ってつけ。

 

では詳細を見ていきましょう。

 

 

 

ユナイテッド航空MileagePlus(マイレージプラス)

ユナイテッド航空はアメリカ合衆国の航空会社。デルタ航空、アメリカン航空などと並ぶメガキャリアです。古くから日本へ就航しており、ユナイテッド航空の マイレージプログラム、MileagePlus(マイレージプラス)はその貯めやすさ、利用しやすさから日本国内でも人気があります。

 

  • MileagePlusが貯めやすい理由その1 … 有効期限が実質無し!
  • MileagePlusが貯めやすい理由その2 … 提携クレジットカード利用で100円=1.5マイル

 

  • MileagePlusが使いやすい理由その1 … ANAは提携航空会社なのでANA便で利用できる
  • MileagePlusが使いやすい理由その2 … 日本国内線特典航空券が片道5,000マイルから

 

 

ANAマイルやJALマイルには無い魅力がありますね。

 

 

MileagePlus(マイレージプラス)マイルは実質無期限

MileagePlusのマイル有効期限は18ヶ月です。ANAやJALは36ヶ月(3年)なのでその半分。ずいぶんと短いです。しかしMileagePlusのマイル有効期限には別のルールがあり、マイルの加増減があればその月から18か月後まですべてのマイル有効期限が延長されるのです。

 

MileagePlus提携クレジットカードを利用していれば、毎月マイルが加算されていくのでマイル有効期限はその都度延長されます。つまりマイル有効期限は実質無期限になるのです。これはANAマイル、JALマイルには無い、MileagePlusマイルのうれしいルール。

 

ANAマイルやJALマイルでは、貯め始めて2年半ほど経つと、最初に貯めたマイルに有効期限が迫ってきます。もう少し貯めれば特典航空券と交換できるのに!というときでもマイルを使用せざるを得ません。しかしMileagePlusマイルであれば、有効期限を気にすることなくコツコツとマイルを貯め続けることができるのです。

 

 

MileagePlus提携クレジットカードを利用して100円ごとに1.5マイルを貯める

ほとんどの航空会社マイレージプログラムには提携しているクレジットカードがあり、カードを利用するとポイント、マイルが貯まっていきます。ANAマイルの場合はANAカード、JALマイルの場合はJALカードですね。MileagePlusにも提携クレジットカードがあり、日本在住の方でもクレジットカードを利用してマイルを貯めることができます。

 

 

MileagePlus提携クレジットカードにはいくつか種類がありますが、お勧めはMileagePlusセゾンカード

 

マイレージプラスセゾン

 

 

年会費は1,500円(税抜き)。1,000円利用ごとに5マイルが貯まります。

 

あれ?これでは還元率は0.5%とむしろ低いですね。MileagePlusセゾンカードにはオプションがあり、追加年会費5,000円(税抜)を支払い、マイルアップメンバーズに加入すると1,000円につき10マイルが加算され、1,000円につき15マイルが貯まる素晴らしいカードに変身するのです。

 

1年間に必要なコストは1,500+5,000=6,500円(税抜)。一般カードを所有すると考えると若干コストがかかってしまいますが、高還元率を誇るカードになりますから、どこでもカード払いをすれば、どんどんマイルが貯まっていきます。

 

マイルアップメンバーズ加入によるショッピングマイル換算は、年間(毎年3月4日~翌年2月4日引落とし分)30,000マイルが上限となります。しかし30,000マイル加算しようと思うと、カード利用金額は300万円になります。そこまで利用する方は個人事業主でもない限り、そうそういませんよね。あまり気にする必要は無いと思います。

 

 

リボ払いをいとわなければ、MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ Visaという選択肢もある

MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ Visaは、年会費15,000円(税抜)のゴールドカード。

 

マイレージプラスMUFGカード

 

 

100円の利用ごとにMileagePlusマイルが1マイル貯まります。あれ?これも還元率1%の一般的なカードですね。しかしMileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ Visaは支払い方法をリボ払いにする(楽Payに登録する)ことで、100円の利用ごとに2マイル貯まる高還元率カードに変身するのです。

 

マイレージプラスMUFGカード

 

 

リボ払いですから、当然リボ払い手数料(利子)が発生します。しかし毎月の支払額を高めに設定しておけば、全額一括で支払うことになり、リボ払い手数料は発生せず100円で2マイル貯めることができます。万一支払額を超える請求が来ても、カード会社に電話をして繰り上げ返済をすれば金利はかからず、そのまま100円で2マイル貯まります。

 

さらにカード入会1年がすぎた時点で、1回だけ手数料が発生するように支払額を調整すれば、年会費優遇が受けられ、通常の年会費15,000円から3,000円が優遇され、12,000円(税別)にすることができます。

 

 

MileagePlusマイルならANA運航便の特典航空券が予約できる

ユナイテッド航空はスターアライアンスという航空連合に属しています(立ち上げメンバーの1社です)。ANAもスターアライアンスに属しており、ユナイテッド航空で貯めたマイルはANAで利用することができます(その逆も可能です)。

ユナイテッド航空でANA特典航空券を検索してみましょう。成田からシンガポール行きの便を探してみます。

 

 

マイレージプラス

 

フライト予約の画面で「特典旅行の検索」にチェックを入れるだけで検索できます。これは便利でお手軽な機能です。ぜひANAでも導入していただきたいところ。

 

 

マイレージプラス

 

 

この日はユナイテッド航空便とANA便が出てきました。検索時に搭乗クラスをエコノミーと設定しも、ビジネスクラスやファーストクラスの空席が合わせて出てくるので便利です。

表示されている必要マイル数は片道分ですので、シンガポール往復に必要なマイル数はエコノミークラス4.5万マイル、ビジネスクラス8万マイルと少なくはありませんが、日本在住者でも利用しやすいマイレージプログラムです。

 

 

MileagePlusでANA国内線特典航空券をお得に予約

MileagePlusならANA国内線特典航空券も予約できます。しかもANAマイレージクラブで予約するよりもお得なマイル数で特典航空券が取得できます。

 

ANA国内線特典航空券交換に必要なマイルは以下のとおり。

 

飛行距離 対象路線例  普通席(片道)  普通席(往復)
0~800マイル 東京-大阪
東京-札幌
5,000 10,000
801マイル~ 東京-沖縄
東京-石垣島
8,000 16,000

 

 

飛行距離によって変わりますが、800マイル以下の旅程であれば、片道5,000マイル、往復10,000マイルで予約ができます。ANAマイレージクラブでANA国内線特典航空券を予約する場合、ANAが設定したシーズンによって必要なマイル数が変わります。GWやお盆時期、年末年始などは必要なマイル数がアップしますが(特典航空券を予約できない日程もあります)、MileagePlusであれば変動がありませんので、よりお得に特典航空券が予約できます。

 

ANAマイレージクラブで東京-札幌間の特典航空券予約に必要なマイルは、ローシーズンで片道6,000マイル、レギュラーシーズンなら7,500マイル、ハイシーズンになると9,000マイルが必要となります。

 

 

 

日本国内でMileagePlusマイルを貯める

日本版はここから。日本国内でMileagePlusマイルを貯める方法です。

 

ANA国内線に搭乗する

ユナイテッド航空の提携航空会社であるANAの国内線に搭乗すると、MileagePlusマイルが貯まります。マイル加算率はANAで購入した際の運賃によって変わりますがどの運賃がどの搭乗クラスに当たるのかが、よくわかりません。

 

 

対象となるANAの運賃クラス
利用クラス 購入したチケットの
運賃クラス
特典マイルの加算
(運賃クラスボーナスを含む)
ファースト F 350%
ファーストクラス割引運賃 A 300%
ビジネス J、C 300%
ビジネス D 250%
ビジネスクラス割引運賃 Z、P 150%
エコノミー正規普通運賃 Y 150%
エコノミー B、M 125%
エコノミー E 100%
エコノミークラス割引運賃 U、H、Q 75%
エコノミークラス大幅割引運賃 V、W、S、L、T 50%
エコノミークラス大幅割引運賃 K 25%

 

 

ANAの日本国内線には、プレミアムクラスと普通席があります。それぞれのクラスの様々な割引運賃がどのクラスに当たるのか、はっきりと示すものが無いのです。旅割運賃など、割引率の高いものはマイル加算率も下がるであろうことは想像できますが、実際に搭乗してみて、どの割合で加算されるのかみるしかなさそうです。

 

 

MileagePlusモールを利用する

MileagePlusモールは、MleagePlusマイルが貯まるポイントモールです。

 

お得にマイルが貯まる!マイレージプラスモール[ユナイテッド航空]
ユナイテッド航空のMileagePlus(マイレージプラス&#125...

 

ネットでの買い物前にMileagePlusモールを経由すると、購入金額に応じて、あるいは所定のマイルが加算されます。

 

例えば楽天市場でのお買い物をする前に、MileagePlusモールのバナーをクリックしてから買い物をすると、400円の買い物ごとにMileagePlusマイルが1マイル貯まります。

 

 

MileagePlusモール

 

 

一般的なポイントサイトに比べて、貯まるマイル(ポイント)がとても多い、というわけではありませんが、日本国内でMileagePlusマイルを貯められる機会は貴重ですので、購入先や金額によっては利用価値があると思います。

 

 

ポイントサイトのポイントを交換する

MileagePlusモールを利用するよりも、ポイントサイトを利用する方が還元率が高く、利用できる広告も種類が豊富です。

 

ただし、ポイントサイトのポイントをMileagePlusマイルに交換すると、ANAマイルやJALマイルに交換する場合に比較して、レートが下がってしまうので注意が必要です。同じポイントを交換しても、MileagePlusマイルよりも、ANAマイルの方がより多くのマイルを獲得することができます。マイルの使用方法を考えてから、交換するとよいですね。

 

GポイントからMileagePlusマイルに交換する

GポイントからMileagePlusマイルへの交換レートは以下のとおり。

 

 

Gポイント

 

300G(300円相当)がMileagePlus50マイルになります。JALマイルに交換する場合は150マイルになりますので、3分の1になる計算です。

 

 

PeXからMileagePlusマイルに交換する

PeXからMileagePlusマイルへの交換レートは以下のとおり。

 

PeX

 

 

PeX4000ポイント(400円相当)がMileagePlus90マイルになります。JALマイルに交換すると約200マイルになりますので、約2分の1になる計算です。

 

NetmileからMileagePlusマイルに交換する

NetmileからMileagePlusマイルへの交換レートは以下のとおり。

 

Netmile

 

 

600mile(300円相当)がMileagePlus100マイルになります。JALマイルに交換すると約150マイルになりますので、約3分の2になる計算です。ただしNetmileからの交換時には1回に月300mile(150円相当)の手数料が必要です。交換する際はまとめて交換するようにしましょう。

 

 

こうしてみると、ポイントサイトからMileagePlusマイルに交換するとJALマイルに交換する場合と比べても目減りしてしまいます。ソラチカルートを利用したANAマイルへの交換と比較すると、かなり減ってしまうことに。

 

ユナイテッド航空もANAも同じスターアライアンスメンバーですから、ポイントサイトのポイントはANAマイルに交換して利用した方がお得になることが多いと思います。マイレージサービスをうまく選択して利用したいものです。

 

ユナイテッド航空のマイルを購入する

キャンペーンを利用してユナイテッド航空のマイルを購入しよう

ユナイテッド航空のマイルは購入することができます。

購入するには相応の金額がかかりますが、キャンペーンをうまく利用すると1マイル=2円近くの金額で購入できます。

 

例えば、2018年8月に開催されたキャンペーンでは、最大100%分のボーナスマイルが獲得できます。

 

ユナイテッド航空、パーソナルマイルの購入キャンペーン。あともう少しマイルがあれば、という時に購入すると特典航空券にぐっと近づきます。

 

5,000~14,000マイルの購入では30%のボーナスマイルですが、45,000マイル以上購入すると100%のボーナスマイルが付与されます。

 

45,000マイルを購入すると、ボーナス45,000マイルが加算され合計90,000マイル購入することになります。このときに必要なコストは、

 

ユナイテッド航空パーソナルマイルの購入シミュレーション。45000マイル購入するとボーナス45000マイルが加算されるが、購入金額は19万円と高額。

 

192,528円かかります。1マイル当たりに換算すると2.14円ですから、めちゃくちゃ高いわけではありませんが、一度に19万円支払うのは厳しいですね。

 

ユナイテッド航空のマイルを購入するならTopCashbackを使おう

ユナイテッド航空のマイルを購入するときは、TopCashbackを利用するとお得に購入できます。TopCashbackはアメリカ版のポイントサイト。TopCashbackを経由してユナイテッド航空のマイルを購入すると、購入金額に応じたキャッシュバックが受けられます。

 

TopCashbackを通じて受けられるキャッシュバックの割合は購入金額の2.5%。

 

ユナイテッド航空のマイル購入システムはPoints.comを利用しています。TopCashbackのこちらのバナーをクリックしてマイルを購入すると、購入金額の2.5%分がキャッシュバックされます。

マイル購入代金が19万円なら、約4700円のキャッシュバック。馬鹿になりませんね。

 

リンク TopCashback

 

TopCashbackはアメリカのサイトですから、すべて英語です。でも使い方は簡単。会員登録してPoints.comのキャッシュバックページを検索、そのページからユナイテッド航空のマイルを購入するだけです。

TopCashbackから換金するには少し手間が必要です。

 

TopCashbackからPayPalに換金する手続きを解説
アメリカ版ポイントサイトのTopCashback。キャッシュバックサイトと呼ばれる、ネット上でお買い物をすると、その数パーセントが還元(キャッシュバック)されるサービスです。 日本ではネット上でお買い物をするとポイントが貯まり...

 

 

まとめ

ユナイテッド航空MileagePlusは日本国内に在住していても利用しやすいマイレージサービスです。MileagePlusマイルをうまく貯めて賢く利用しましょう。

 

 

 

コメント