【ソラチカ】関西で(地方で)ソラチカカードを利用する

ソラチカカード ANAマイルを貯める

 

2018年3月、ソラチカルートは終了、ソラチカカードを利用したマイル獲得術は使用できなくなりました。今後はニモカルートなど、他の方法を検討しましょう。

 

 

陸マイラー必須のクレジットカード、ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)。ANAマイルが非常に効率よく貯まるカードとして、陸マイラー界に革命を起こしました。

ANAマイルの貯め方・陸マイラー史上最強のソラチカカードでANAマイルを貯める
陸マイラーにとって、史上最強のクレジットカードであったソラチカカード。 いったいソラチカカードの何がすごかったのか?その利用方法はどのようなものだったのか?ANA陸マイラーに必須であった、1年間に最大216,000 A...

 

ソラチカカードは、東京メトロ(地下鉄)とANAとJCBの協業によって誕生したカードなので、本来は東京メトロを利用する方をターゲットとしています(しているはず)。

では東京メトロを利用することがまず無い、私のような関西(その他地方)在住者にとって、ソラチカカードをクレジットカードとして、PASMOカードとして、使用するメリットはあるのでしょうか?

 

地下鉄御堂筋線梅田駅

 

 

ソラチカカードをクレジットカードとして使用する

JCBカードとして使用する

ソラチカカードはJCBブランドのクレジットカードです。

JCBカードが利用できる店舗であれば、普通に買い物の支払いに使えます。

JCBカードとして使用した場合、1,000円の利用金額ごとに1 Oki Dokiポイントが貯まります。Oki DokiポイントはANAマイルに交換できます。Oki Dokiポイントの種類、ポイント移行コースの選択により交換レートは異なりますが、1ポイントは3~10 ANAマイルになります。

【ソラチカ】ソラチカカードのポイント移行コースは「マイル自動移行コース」「マルチポイントコース」のどちらを選択すべきか?
ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)申し込み時に選ぶ必要がある、ポイント移行コース。 「マイル自動移行コース」「マルチポイントコース」「10マイルコース」「5マイルコース」それぞれの組み合わせの4つのコー...

 

JCBカードとして利用する場合は関西に限らず、日本中、世界中(海外でJCBカードが使えるお店は少ないですが)どこで利用しても同じ条件です。

 

 

ANAカードとして使用する

ソラチカカードはANAカードです。

ANAカードとして使用するとお得になるのは、ANAでの航空券・旅行代金の支払いや「ANAカードマイルプラス」提携店でのお買い物です。これら提携店で買い物をすると、カード利用金額に応じて貯まるポイントに加えて、ANAマイルが100円につき1マイルまたは200円につき1マイル加算されます。

 

ソラチカカードでANA航空券を10,000円購入する場合で試算してみます。

まずOki Dokiポイントが1,000円ごとに1ポイント、合計10ポイント貯まります。Oki DokiポイントをANAマイルに交換すると、50または100ANAマイルになります。

次に「ANAカードマイルプラス」として100円ごとに1マイルが加算されます。航空券代金は10,000円ですからANA 100マイルです。

合計すると150または200ANAマイルが貯まります。

 

ANAカードとして利用する場合も関西(その他地方)だからといって不利益はありません。

 

小括

JCBカード、ANAカードとして利用するときは、関西(その他地方)でも問題はなく、ポイント・マイルもしっかり貯まります。

 

 

PASMOとして使用する

ソラチカカード

PASMOが利用できるのは

ソラチカカードの”地下”の部分には、交通系電子マネーPASMOが搭載されています。

PASMOは東京近郊のJR以外の鉄道事業者・バス事業者が立ち上げた、ICカード乗車券です。JR東日本のSuicaエリアでも使えるほか、ICOCAやTOICAエリアなどの相互利用を行う全国の鉄道・バス路線でも利用できます。

交通系電子マネー相互利用

 

相互利用を行っているのは、Kitaca、Suica、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCAです。

 

関西ではPiTaPaエリア、ICOCAエリアでPASMOを利用できます。

交通系電子マネーは鉄道、バスの乗車のほか、コンビニ等の提携店舗で電子マネーとして利用することもできます。コンビニでのお買い物にソラチカカードをかざしてお支払いができるのです。小銭いらずでさっとお支払いができてスマートです。

 

PASMOオートチャージ機能

ソラチカカードに搭載されているPASMOには、残高が一定額以下になった状態で、駅の改札機にタッチすると、自動的に設定金額がチャージされる、オートチャージ機能を備えています。

オートチャージ機能が便利でお得なのは、あらかじめ手続きをしておけばPASMOの残高を気にする必要が無くなるのに加えて、オートチャージ額1,000円ごとにJCBカードのポイント、Oki Dokiポイントが1ポイント貯まる点です。

Oki Dokiポイントは前述のように1ポイントあたり、ANAマイルに5または10マイルに交換できるので、PASMOチャージでANAマイルを貯められます。

 

しかしこのオートチャージ機能が有効なのはPASMOエリア、首都圏・仙台・新潟の各Suicaエリアでの改札入場時のみです。つまり関西圏や中京圏、九州、北海道エリアなどではオートチャージはできないのです。

 

PASMOチャージはオートチャージ以外に、駅の券売機やチャージ機でも行えます。

これは南海電鉄のチャージ機ですが、PASMOやSuicaなどの相互利用可能なカードにもチャージすることができます。

ICチャージ機

しかしチャージは現金に限られるため、ポイントを貯めることはできません。

 

メトロポイントPlus機能

メトロポイントPlusは東京メトロ乗車時にポイントが貯まるサービスです。

メトロポイントは、東京メトロ乗車時しか貯まりません

メトロポイントPlus

東京メトロに平日乗車すると、1乗車(1回改札を通って、次に改札を出るまで)につき5ポイント、土休日は3倍の15ポイント貯まる仕組み。

東京メトロ沿線に住んでいれば、ソラチカカード利用でどんどんメトロポイントが貯まり、ANAマイルが貯まります。

しかし当然ながら関西(その他地方)在住者は東京メトロを利用する機会も少なく、メトロポイントPlusの恩恵を受けることはほぼ無いでしょう。

 

小括

関西(その他地方)でもPASMOチャージやPASMO利用による鉄道・バス乗車はできますが、ポイント・マイルは貯まらないためソラチカカードのPASMOを使用するメリットはありません。

 

関西(その他地方)で鉄道・バス乗車でマイルを貯めやすいのはモバイルSuicaです。

モバイルSuicaなら全国どこでもマイルが貯まる
JR東日本が運営するSuica。鉄道やバスの利用に限らず、コンビニでの買い物や、自販機での購入にも利用できるなど、Suica1枚持っていれば現金を持っていなくてもある程度生活できるんじゃ?と思うほどです。 Suicaはチャージをしない...

 

 

まとめ・ソラチカカードは死蔵用カード?

ソラチカカードは陸マイラー最強のクレジットカードにも関わらず、死蔵用カードとも呼ばれています。

ANAカードとして利用する場合もANA VISA カードがおすすめ。

ANAカードでマイルを貯めるには?あなたに合ったANAカードの選び方
ANAマイルを貯めるために必要なものはANAカードです。カードでショッピングをしてマイルを貯めるだけではありません。フライトマイルを貯めたり、ポイント交換でマイルを貯めたり、とにかくANAカードが無ければ話が始まりません。 ...

 

一般店舗でANAマイルを貯めるならLINE Payカードがお得。

LINE Payカードと、ポイントサイトでANAマイルを貯める方法
日常生活でクレジットカードをうまく利用して、ポイントサイトと両輪でマイルを貯めれば、特典航空券発券により近づきます。LINE Payカードとソラチカカードを組み合わせる方法はまさにANAマイルを貯めるのにピッタリ。LINE-...

 

さらに交通系電子マネーとしてはモバイルSuicaの方がマイルを貯めやすくなっています。

ポイント交換用に所持するクレジットカードとしては必須ですが、生活に密着して利用してもらえる層は、東京メトロ沿線在住者 > PASMO・Suicaエリア在住者 >>>>>> その他地方在住者となり、関西在住の私がソラチカカードを駆使するのは難しいのが現実です。

 

 

コメント