JALとハワイアン航空がマイレージを含めた包括提携を開始!ANAは提携解消…

シェアする

JALとハワイアン航空が、コードシェア、マイレージを含めた包括提携を開始すると発表されました。提携開始は2018年夏季スケジュールが始まる2018年3月25日(日)から

ハワイアン航空はANAと、ハワイ諸島内のフライトに限り提携していましたが、JALとは日本-ハワイ諸島間のフライトを含む、幅広い提携となります。

JALの牙城、ハワイに切り込みをかけているANAですが、ハワイアン航空というパートナーを失うのはかなり痛いですね。

JAL

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JALとハワイアン航空が包括提携

包括提携=いろいろと協力して行いましょう、ということですね。これには、コードシェアフライトの実施、さらに踏み込んで共同事業の開始、JALパックでハワイアン航空を利用できるように、マイレージ提携、ラウンジの共同利用、さらには成田空港ではJALが利用する第2ターミナルにお引越しが予定されています。

コードシェアと共同事業

コードシェアはお互いが運航する便に、相手側の便名も付けちゃうやつです。ハワイアン航空が運航するJAL便、JALが運航するハワイアン航空便というのができます。この場合、運賃は自社便よりも高くなることが多いので、利用者にはそれほどメリットはありません。

さらに踏み込んだ共同事業となると、お互いの便を一緒に販売していくので、JALでハワイアン航空運航便のチケットを取っても、ハワイアン航空でハワイアン航空運航便のチケットを取っても、同じ運賃になり、利用者には単純に選択肢が増え、メリット大となります。

ANAは同じスターアライアンスのユナイテッド航空や、ルフトハンザドイツ航空と共同事業を行っていますし、JALは同じワンワールドアライアンスのアメリカン航空やブリティッシュエアウェイズと共同事業を展開しています。

アライアンスに属さないハワイアン航空と共同事業を行うとなると、かなり踏み込んだ提携になりますね。

コードシェア予定便は以下の通り。

HA(ハワイアン航空)運航便

成田=ホノルル、羽田=ホノルル・コナ、関西=ホノルル、新千歳=ホノルル、JAL便と乗り継ぎ可能な、HA運航ハワイ州内路線

JAL運航便

成田=ホノルル・コナ、関西=ホノルル、中部=ホノルル、HA便と乗り継ぎ可能な、JAL運航国内線およびアジア路線

JALパックでの提携

JALパックはJAL運航便を利用したツアーを組むのが一般的ですが、ハワイアン航空運航便も利用できるようになれば、日本各地からハワイへますます飛びやすくなります。成田・羽田からしかハワイ便を飛ばしていないANAにはかなり痛いですね。

マイレージ提携

マイレージ提携は、陸マイラーがとっても希望するものです。ハワイアン航空に乗って、JALマイルが貯められるようになりますし、JALマイルを貯めてハワイアン航空の特典航空券を予約できるようになるからです。JALマイルの貯めやすさ、使いやすさが一気にアップします。

マイレージ提携は両社のコードシェア便に限られるようです。しかし日本-ハワイ間とその後の乗り継ぎ便の多くがコードシェアされるようですので、ハワイアン航空で行くハワイ旅行に関しては問題なくマイル加算されると思います。

特典航空券は2018年度以降、準備が整い次第開始ですので、少し先になりそうです。

ハワイの翼、ハワイアン航空。 乗った瞬間からハワイを感じることができる航空会社です。せっかくハワイへ行くなら、少しでも長い時間、ハワイ...

ラウンジ共同利用・成田空港ターミナルの変更

ラウンジの共同利用と、成田空港ターミナル引っ越しは、経費削減につながります。日本ではさくらラウンジを利用して、ハワイではハワイアン航空のラウンジを利用できる、ということですね。

江戸の敵を長崎で討つ

今回のハワイアン航空をめぐる提携とは逆の提携が、ベトナム航空をめぐって起こっていました。長年ベトナム航空と提携してきたJALですが、ベトナム航空に出資したANAに提携先を奪われてしまったのです。

ベトナム航空は日本とベトナムを結ぶ便を多数運航していますが、JALはこれらの便に食い込めなくなり、かなり手痛い損失を被った模様。ANAマイルは利用しやすくなりました。

ANAとベトナム航空は2016年冬ダイヤから提携を開始しました。 さらに2017年9月からは、ANAマイルが貯まるベトナム航空...

今回はANAと提携していたハワイアン航空をJALが奪った形になりますが、実はハワイアン航空側からJALにラブコールを送ったのだそうです。ANAは同じスターアライアンスのユナイテッド航空と共同事業を行っており、ユナイテッドが運航する成田-ホノルル路線に遠慮して、ハワイアン航空と深い提携はできませんでした。しかしJALは同じワンワールドアライアンスのアメリカン航空が、日本-ハワイ間に就航していないため、ハワイアン航空と自由に提携できたようです。

ANAとはハワイ諸島間の路線でコードシェア等実施されていましたが、この提携は解除される予定。これからハワイ路線を拡大していこうとするANAにとって、ホノルルからの乗り継ぎで提携がされないのは大きな損失です。また東京以外の地方発ハワイ行きをANAは運航していないので、地方発の乗客をJALとハワイアン航空に完全に奪われる形になります。

ANAはA380をハワイ路線に就航させる予定ですが、この失点を奪い返せるでしょうか。

ANAは2016年1月29日に発表した中期経営計画で、エアバスA380型機を3機導入することを決定しました。 A380...

ANAのハワイ路線は成田から2便、羽田から1便の3便しかありません。成田からのユナイテッド航空便を含めても4便。

これに対してJALは羽田からの便は無くなりましたが(ニューヨーク線に振り替え)、成田から成田から5便(1便はコナ行き)、関西から1便、中部から1便の合計7便。ここにハワイアン航空の成田1便、羽田2便(1便はコナ行き)、関西から1便、新千歳から1便(週3便)の5便が加わると、JAL-ハワイアン航空連合で12便もハワイへ向けて飛んでいくわけです。この差は大きいですよね。

しかもホノルルからハワイ島やほかの島へ飛ぶ便は、ハワイアン航空に頼らざるを得ませんが、そこも奪われてしまうとなると、、、うーっ。

ハワイアン航空特典航空券交換に必要なマイル数

マイラーなら最も気になるのが、ハワイアン航空特典航空券交換に、JALマイルがどのくらい必要なのか?ということ。JALの場合、提携航空会社特典航空券交換に必要なマイル数は、飛行距離によって決まりますの。ハワイアン航空とは提携開始前ですが、飛行距離を調べれば必要マイル数はすぐにわかります。

総旅程距離(マイル) 出発地 エコノミークラス プレミアムエコノミークラス ビジネスクラス
2,001 -4,000 札幌(3,775)、東京(3,831) 21000 31500 42000
4,001 -6,000 名古屋(4,019)、大阪(4,106)、福岡(4,390) 37000 48500 60000

ホノルルからの飛行距離で調べると、東京と名古屋の間で差があることが分かります。どのクラスともにかなり差がありますね。名古屋以西の方は、東京まで別の航空券を利用して移動してから、ハワイアン航空に搭乗する方が特典航空券交換に必要なマイルはかなり少なくなります。

まとめ

JALとハワイアン航空の提携のニュースにはかなり驚かされました。

今後、ANAとJAL間で提携航空会社をめぐる争いが激しくなりそうです。アライアンスに属していない日本就航航空会社はどこが残っているでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. waku-waku より:

    独り言になりますが・・・

    提携後は、ハワイアンエアラインズVISAカードで貯めたハワイアン航空のマイルをJALの無料航空券に変えれるように是非ともお願いいたします。

    ネットで予約・キャンセルが出来、マイル数も「イギリスBAからJAL無料航空券」と同じ位で是非ともお願いします(笑)

    • あなすい より:

      waku-wakuさん、こんにちは。
      そのご提案、いいですね〜。
      是非とも利便性のよい提携をお願いしたいです。