【簡単】ANAマイルを貯める方法。初心者OK!裏技なんて必要無い!

ANAスターウォーズジェット ANAマイルを貯める

 

『マイルなんて貯まらない』

 

大勢のひとが感じていることだと思います。そうなんです、マイルなんて貯まりません。でもこれはあくまで、飛行機に乗ってマイルを貯めることにこだわっているからなんです。

ですからこう言い換えることができます。

 

『飛行機に乗ってマイルなんて貯まらない』

 

年に1回の旅行。飛行機の乗ったからマイル会員になったけど、その後飛行機に乗らないからいつの間にかマイルが消えていた。以前の私もそうでした。

でもそれは、マイルの貯め方を知らなかったからなんです。

 

ANAマイルは、飛行機に乗る以外にも貯める方法があります。飛行機に乗らずにANAマイルを貯める方法こそ、ANAマイルを貯める方法なんです。

ちなみに飛行機に乗らずにマイルを貯めるひとを”陸(おか)マイラー”と言います。あなたも陸マイラーデビューしませんか?

 

 

ANAスターウォーズジェット

 

 

 

ANAマイルを貯める前に

ANAマイルを貯める裏技

裏技なんて使う必要はありません。みんなが知っている方法でANAマイルはしっかりと貯まります。まあ、私自身も”裏技”と呼べるようなマイルを貯める方法は知らないんですけどね。

 

初心者でも、誰でもANAマイルは貯まる

初心者だから、ANAマイルは貯まらない?そんなことはありません。むしろ、今までマイルを貯めていなかっただけに、一度貯まる方法を知ると、ものすごく大量にマイルが貯まっていくような感覚になります。

 

マイルが貯まる方法は、ANAサイトに書いてる

実はANAマイルを貯める方法は、ANAサイトに書いてあります。

 

マイルを貯める トップ | マイルを貯める | ANAマイレージクラブ
【ANA公式サイト】マイルを貯める トップ。あなたの旅や暮らしを豊かに彩る「ANAマイレージクラブ」。特典航空券や、キャンペーンなどANAのマイルを貯めて使えるサービス満載。

 

 

ANAや提携航空会社のフライトで貯める、提携ホテルに宿泊して貯める、お買い物で貯める、口コミで貯める、Edyで貯める、ANA Phoneで貯める…

でもその中で最も注目すべきは、

 

ANAマイルを貯める

 

ポイント交換です。

ANA提携パートナーで貯めたポイントをマイルに移行(交換)することで、ANAマイルを大量に貯められるのです。

 

 

ポイント交換でANAマイルを貯める方法とは?

ポイント交換でマイルを貯める方法とはどんなものでしょうか?まずはANAサイトをのぞいてみましょう。

 

ポイント交換 | マイルを貯める | ANAマイレージクラブ
【ANA公式サイト】ポイント交換。あなたの旅や暮らしを豊かに彩る「ANAマイレージクラブ」。特典航空券や、キャンペーンなどANAのマイルを貯めて使えるサービス満載。

 

 

共通ポイントでANAマイルを貯める

見慣れたポイントのロゴが出てきました。

 

ANAマイル ポイント交換で貯める

 

楽天スーパーポイント、Tポイント、nanacoポイントです。共通ポイントとも呼ばれる、いろんなお店で貯まって、いろんなお店で使えるポイントです。

主には、楽天でのお買い物や、Tポイント加盟店でのお買い物、セブンイレブンでのお買い物などで貯まるポイントですね。貯めている方も多いと思いますが、マイルに交換できるって知ってました?

 

一般的には、楽天スーパーポイントが貯まったら、次の楽天市場でのお買い物に利用して、Tポイントが貯まったらファミマで利用して、nanacoポイントが貯まったら、電子マネーnanacoにチャージしてセブンイレブンでお買い物して、利用すると思います。

でも陸マイラーは違う!

楽天スーパーポイントもTポイントも、nanacoポイントも貯まったらANAマイルに交換するんです。その理由は?

 

どのポイントも、2ポイントがANA 1マイルに交換できます。つまりANA 1マイルの価値は2円相当と考えられます(異論もあると思いますが)。

ANAマイルはその使い方によって、価値が変化します。

 

例えば、電子マネーである楽天Edyにチャージすると、10,000マイルがEdy 10,000円分になります。この場合、ANA 1マイルの価値は1円です。

 

では日本からニューヨークまでのファーストクラス特典航空券を予約する場合はどうでしょうか?ANAの特典航空券必要マイル数チャートをみると、レギュラーシーズンの日本-北米間ファーストクラス特典航空券に必要なマイルは15万マイルです。

成田-ニューヨークのANAファーストクラス運賃の値段はというと、じゃん、

ANA成田ニューヨーク

 

117万円でした!117万円のチケットを15万マイルで予約できたとすると、1マイルの価値は7.8円になります。つまり、マイルは使い方によってその価値が8倍も変わってくるということですね。

 

さて共通ポイントの話に戻ると、共通ポイント2ポイントがANA 1マイルになったので1マイルの価値は2円でした。でもそのマイルを1マイル8円で利用出来たら、4倍お得に使えるということになります。

ファーストクラス特典航空券は予約がかなり難しいので、マイルが貯まったからといってすぐに取れるものではありません。でもこのマイルが貯まったらどこへ行こうか、なんてワクワクしながらポイントを貯める、夢を貯めるのが陸マイラーなんです。

 

参考 Tポイントを貯めてマイルに交換する方法

 

参考 利点が見えない、楽天ANAマイレージクラブカード

 

 

ここで気が付いた。どんなに買い物したって、数万ポイントも共通ポイントが貯まることって無いんじゃない?貯まったとしても何年かかるか分からないよ!

でも大丈夫。ポイントにポイントを交換できるんです。

え、何言ってるか分からない?

 

ハリネズミ

 

 

ポイント交換サイトでANAマイルを貯める

もう一度、ANAサイトのポイント交換で貯めるページを見てみましょう。

スクロールしていくと、ネットポイントというカテゴリーが出てきます。

 

ANAマイルを貯める

 

Gポイント、PeX、ネットマイル、、、聞いたことがありません。

これらのサイトは、ポイント交換サイト。ネットで貯まる様々なポイントをポイント交換サイトに交換し、さらに別のポイントに交換するためのサイトです。

 

なぜそのようなサービスがあるのか?ひとつのお店でポイントを貯めていても、なかなかまとまったポイントにはなりません。でも複数のお店でそれぞれ貯めたポイントをまとめることができれば、より高いものを買えるようになりますよね?

ポイントの利便性を高め、より多くの人に利用してもらおう。そのために生まれたのがポイント交換サイトです。

 

ポイント交換サイトに、たくさんのポイントを交換して、さらにANAマイルに交換すれば大量ANAマイルが貯まります。では、たくさんのポイントを貯めるにはどうすればいいのか?

そこでポイントサイトの出番です。

 

 

ポイントサイトでANAマイルを貯める

ポイントサイトとは?

ポイントサイトとは、インターネット上で広告を掲載するサイトです。テレビのCM、電車のつり広告、雑誌の1ページ、世の中には広告があふれています。インターネット上にも広告がいっぱいあります。

インターネットの広告を目にして、クリックしてその商品について詳しくみたり、調べたりすると思います。そのまま気になった商品を買っちゃった、なんてこともありますよね。

でもそのとき、何か報酬ってありましたか?普通はありません。でもネット上でお買い物をすると、報酬がもらえるサイトがあるとしたら?

 

 

ポイントサイトは、ネット上で広告を掲載して、利用してもらうために報酬を用意しています。楽天市場でお買い物をしてくれたら購入金額の1%分のポイントを、とあるサービスの無料会員登録をしてくれたら100円分のポイントを、クレジットカードに申し込んでくれたら1万円分のポイントを、報酬として支払ってくれます。

え?どうしてそんな報酬がもらえるの?

 

理由は広告掲載の仕組みにあります。

 

ポイントサイトの仕組み

 

ポイントサイトは広告を掲載して、利用してもらうと広告主である企業から広告料を受け取ります。その一部を利用した私たちユーザーに還元することで、広告をもっと利用してもらおうとしています。

 

 

ポイントサイト掲載の広告を一部ご紹介

ポイントサイトにはどのような広告が掲載されているのでしょうか?

私が一番利用するポイントサイト・ハピタスのおすすめ広告はこんな感じです。

 

ハピタス

 

ユニクロ、楽天市場やヤフオク、Yahoo!ショッピングなどなど、見慣れたショップがずらり。この他にも多数のショッピングサイトの利用でポイントが貯まります。

 

こちらはすべて年会費無料のクレジットカードですが、カード申し込み&発行でこれだけのポイントが貯まります。楽天カードは期間限定で1万円相当のポイントが貯まりますね。

 

ハピタス

 

 

こんなにポイントが貯まるのに、ポイントサイトの登録や利用は完全に無料、費用は一切かかりません。企業からの広告収入で経営しているので、利用者には負担が無いんです。

しかもクレジットカード発行やFX口座開設などの広告は利用すると一気にポイントが貯まります。この貯まったポイントをANAマイルに交換すれば、マイルも一気に貯まるということなんです。

 

 

ポイントサイトからANAマイルにポイント交換する方法

ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換するときは、マイル交換ルートを使います。

 

ポイントサイトの中には、直接ANAマイルに交換できるサイトもありますが、交換レートが若干悪くなります。ハピタスからは直接ANAマイルに交換できないので、まずはポイント交換サイトであるPeXに交換します。

 

ハピタスからANAマイル

 

 

ハピタスは1ポイント=1円相当、PeXは10ポイント=1円相当のサイトなのでちょっとややこしいですが、300円相当のポイントがANA 90マイルになります。

 

参考  1ポイントいくら?ポイントサイトの1ポイントの価値比較一覧

 

でもこの交換、ちょっと損なんです。PeXからは共通ポイントである、Tポイントにもポイント交換できます。TポイントからさらにANAマイルにポイント交換した場合はこのようになります。

 

ハピタスからANAマイル

 

あれあれ?PeXからANAマイルに交換するよりも、ANAマイルが60マイルも増えました。これこそがポイント交換ルートの妙。より多くのマイルが獲得できるポイント交換ルートを開拓することも、陸マイラーの楽しみのひとつです。

 

 

効率よくANAマイルを貯める・ポイント交換ルートとは

ANAマイルを効率よく貯める方法は、

  • ポイントサイトで大量ポイントを貯める
  • 貯めたポイントを効率のよいポイント交換ルートでANAマイルにする

の2本立てです。

 

ポイント交換ルートには、ポイントサイトから直接交換せず、いくつかのポイントを経由させることで、交換により獲得できるマイルを増やす効果があります。

 

Tポイントルート

共通ポイントであるTポイントを経由してANAマイルを貯める方法です。

 

ハピタスからANAマイル

 

誰でも無料で会員になれるTポイントを利用し、WEB上でANAマイルへの交換手続きが完了する、お手軽なANAマイル交換ルートです。お手軽な分、2円相当のポイントがANA 1マイルになる、交換比率0.5(50%)のあまり比率が高くないルートです。

 

三井住友VISAカードルート

クレジットカードである、ANA VISAカード(ANA MasterカードでもOK)や三井住友VISAカードを発行したひとが利用できるANAマイルへの交換ルートです。

ANA VISAカードの発行元である、三井住友VISAカードのポイント、ワールドプレゼントポイントを経由してANAマイルに交換します。

ANA VISAカードは、日常生活でANAマイルを貯めるのに最適なクレジットカードのひとつですので、ANAマイルを貯めはじめたときに、申し込むひとが多いカードです。

 

ANAマイル交換ルート

 

Tポイントルートよりも、ANA 30マイル増加しました。ANAマイル交換比率は0.6(60%)です。

 

ニモカルート

三井住友VISAカードが発行する、別のANAカード、ANA nimocaカードを所有するひとが利用できるANAマイル交換ルートです。

nimocaは福岡を中心とする西日本鉄道が発行する交通系電子マネーです。電子マネー利用で貯まるポイント、nimocaポイントを経由してANAマイルに交換します。nimocaポイントをANAマイルに交換できるのは、ANA nimocaカード所有者だけです。

ANAマイルに交換できるのは、九州、函館にあるポイント交換機や窓口を利用するしかない、利用するにはちょっとハードルが高いルートです。

 

参考  ニモカルートはソラチカルートの代替となるか?ANA VISA nimocaカード

 

ただし、ニモカルートのANAマイル交換比率は0.7(70%)とかなり高くなります。

 

まとめ

ANAマイルを大量に獲得するには、ポイントサイト活動で大量ポイントを貯めて、効率よくANAマイルに交換するのが早道です。

 

ポイントを貯める方法は他にいろいろあります。自分に合った貯め方を実践していけば、自然とマイルは貯まっていきますよ。

【実録】ポイントサイトでマイルを貯める方法
今日からあなたも”陸(おか)マイラー”! 陸マイラーとは、飛行機に乗らずにマイルを貯めている人たち。飛ばずに、陸で貯めるので陸マイラーです。飛行機に乗らずにどうやってマイルを貯めるのか? 解答その...

 

 

 

 

 

コメント