ニコンプラザ大阪サービスセンターへ行ってきた

シェアする

私の趣味には旅行、マイル集めの他に、カメラ・写真撮影もあります。

今回は、大阪梅田にあるニコンプラザ大阪サービスセンターへお邪魔しました。行った理由はアレに触りたかったからで。

ニコンプラザ大阪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヒルトンプラザ・ウェスト

ニコンプラザ大阪サービスセンターは、梅田のど真ん中、ヒルトンプラザ・ウェスト13階にあります。

ニコンプラザ大阪

ヒルトンプラザ・ウェストは名前のとおり、ヒルトン大阪ホテルに隣接こそしていないけど、道路を挟んで向かい側にあります。

ヒルトンホテルとWEST

向かって左側の白いビルがヒルトン大阪。右側に立つガラス張りの建物がヒルトンプラザ・ウェストです。

私はいつも地下を通ってヒルトンプラザ・ウェストまで行っていましたが、梅田の地下街も工事が多く、通れなくなっている道もあります。JR大阪駅からだと、桜橋口から地下へもぐって西梅田方面へ向かうか、地上を歩いていくのが分かりやすいと思います。

ヒルトンプラザ・ウェストは、レストランやショップの入った低層階と、オフィスの入った高層階に別れており、ニコンプラザ大阪はオフィスゾーンの13階に入居。入り口を入って右斜め前方にオフィスゾーンへ入る自動ドアがあるので、臆することなく入っていくとエレベーターがあります。

ヒルトンプラザ・ウェスト

オフィスゾーンに用の無い人は入らないでねって書いてあるのですが、用があるので入りましょう。

ヒルトンプラザ・ウェスト

13階がニコンプラザ大阪です。

ところで、ヒルトンプラザ・ウェストの地下1階には旅行鞄やスーツケースで有名なブランドの「TUMI(トゥミ)」と「RIMOWA(リモワ)」のショップがあります。

TUMI

RIMOWA

TUMIは以前、ヒルトンプラザ・ウェストの東にあるハービスPLAZAにあったのですが、移転したようです。ちなみにハービスPLAZAには「ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)」があります。

ハービスPLAZAではSポイントカードのひとつである「阪急阪神おでかけカード」を発行しており、Sポイントを貯めることができます。

阪急阪神おでかけカード

参考 Sポイントでマイルを貯める

ニコンプラザ大阪サービスセンター

2017年8月20日(日)より、ニコンプラザの営業時間が変更となり、日曜日が定休日となりました。日曜日以外の祝日は営業しますが、休日が日曜日しか無い場合はニコンプラザへ行きにくくなります。

エレベーターで一気に13階へ。13階にはニコンプラザしかありませんので、迷うことはありません。ニコンプラザ大阪の営業時間は10:30~18:30です。

ニコンプラザ大阪

廊下の奥、突き当りにあるのがニコンプラザの入り口です。

ニコンプラザ大阪

ニコンプラザ大阪にはショールーム、サービスセンター、写真展示スペースがあります。サービスセンターではニコン製品の修理、メンテナンスを受け付けており、カメラ内部の清掃など、自分ではなかなか手が出しにくいこともしてもらえます。

ショールームでは、ニコン製品を見て、触って、試すことができます。

ニコンプラザ大阪

2017年7月に再訪すると、カメラバッグの展示が増えていました。カメラやレンズだけではなく、関連商品の売り上げも伸ばそうという戦略でしょうか。

ニコンプラザ大阪

中央にある花を撮って、写りをチェック。ちょっと暗いから感度が上がってしまうような気もしますが、高感度撮影を試してねということなのかしら。この花、時々入れ替わっていたんですね。気が付いていませんでした。

ニコンプラザ大阪では最新の一眼レフや、コンパクトカメラをチェックしたり、レンズを借りて試し撮りをすることができます。新しいレンズを買う前にまずはニコンプラザで触ってみるといいかも。

ニコンプラザ大阪

これ、ぜーんぶ欲しい!どのレンズでもスタッフにお願いすれば試写できます。

NIKON D500

今回の目的はこちら、NIKONが久しぶりにリリースしたAPSサイズのフラッグシップ機、D500です。

ニコンプラザ大阪

持ってみた感想は意外に軽いということ。付いているレンズがキットレンズのAF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VRだからかもしれませんが、760gって意外に軽いかもと思ってしまいました。グリップの感じもちょうどいい。

基本的な操作方法は今持っているカメラと変わらないのですが、撮影モード(P、S、A、M)の変更ボタンの位置が違っていて、戸惑いました。

ここからはD500で試し撮り。

ニコンプラザ大阪

ミラーレス一眼のNIKON1と花の壺。薄暗くて感度が上がっていますが、ほとんどノイズが目立ちません。

ニコンプラザ大阪

ちょっと色合いがおかしくなったのですが、変更の方法が分からなかったのでそのままで。中央奥には写真展示スペースがあり、無料で鑑賞できます。

ニコンプラザ大阪

D500の横にはNIKONの旗艦機である、D5が鎮座していました。AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIが小さく見える迫力。

もちろん、D5の方が高性能でいいに決まっていますが、価格と重さの問題があり、私には選択しにくい。

D500に話を戻しますが、その連射速度がすごい。今風なら”ヤバイ”。さらにAF性能も相当高くなっているとのことで(ニコンプラザでは試せず)、飛行機の撮影にも最適ではないかと興奮してしまいました。

カメラとレンズのメンテナンス

ニコンプラザ大阪サービスセンターでは、ニコンのカメラ、レンズの悩み相談を受け付けています。何か困った症状があれば取り合えず持ち込んでみれば、解決できるかもしれません。

いつもカメラのセンサークリーニングと、レンズの清掃をしてもらっています。以前は無かったのですが、点検、清掃のメニューがパッケージ化されていました。でも値上げされちゃった気がします。

メニュー 価格(税別)
【Aコース】点検+センサー清掃+外観清掃+ピント点検調整
対象製品:デジタル一眼レフカメラ
3,000円
【Bコース】点検+センサー清掃+外観清掃
対象製品:デジタル一眼レフカメラ・レンズ交換式アドバンストカメラ(Nikon1)
2,000円
【Cコース】点検+外観清掃
対象製品:一眼レフカメラ・レンズ交換式アドバンストカメラ(Nikon1)
1,000円
【Dコース】点検+外観清掃+ピント点検調整
対象製品:レンズ※焦点距離200mmまでのレンズに限る(一部対象外レンズ有り)
2,500円
【Eコース】点検+外観清掃
対象製品:レンズ
700円
【Fコース】点検+外観清掃
対象製品:コンパクトデジタルカメラ・アクセサリー・スピードライト・双眼鏡ほか
500円
【G】即時修理、別途部品代を申し受けます。
対象製品:各種共通
1,000円

点検、清掃終了時にはチェックシートを渡してもらえます。これも以前はありませんでした。問題が無い場合はチェックシートは不要かも。

まとめ

ニコンプラザ大阪をあとにして寄ったカメラ店でもD500の展示がありました。パシャパシャ連射していると、店員さんが「今なら在庫ありますよ~」と悪魔のささやきを。

思わず「買います!」といいそうになるのをこらえました。

D500、ニコンユーザー待望の機種だけに、やはりいいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク