ポイントサイトからメトロポイント、ANAマイルへの交換・移行スケジュール

ANA ANAマイルを貯める

 

ポイントサイトで貯めたポイントをより多くのANAマイルに交換できるソラチカルート。

 

ANAマイルの貯め方・陸マイラー史上最強のソラチカカードでANAマイルを貯める
陸マイラーにとって、史上最強のクレジットカードであったソラチカカード。 いったいソラチカカードの何がすごかったのか?その利用方法はどのようなものだったのか?ANA陸マイラーに必須であった、1年間に最大216,000 A...

 

ポイントサイトからメトロポイント、ANAマイルに効率よくポイント交換・移行するには、そのスケジュールを理解しておかなければなりません。ポイント・マイル移行カレンダーを有効活用して、毎月もれなくANAマイルに交換しましょう。

 

ANA

 

 

残念ながら、2018年3月末をもってソラチカルートは終了。代替えルートはニモカルートになるのでしょうか。九州や函館まで行くのもいとわない場合はそれもありかな。

 

 

 

ソラチカルート利用時に注意しておくこと

ソラチカルートを利用するときにポイント交換・移行スケジュールを理解しておかなければいけない理由があります。

 

  • メトロポイントからANAマイルへの交換は月に20,000ポイントが上限であること
  • メトロポイントからANAマイルへの交換は月に1回だけ可能であること

 

上記のしばりがあるため、ソラチカルートの交換・移行スケジュールを知っておかないと、効率よくANAマイルを貯められなくなります。

 

 

ソラチカルートのポイント交換・移行スケジュール

ソラチカルートのポイント交換・移行スケジュールは下図のようになります。

 

ソラチカルート カレンダー

 

順番に見ていきましょう。

 

1.ポイントサイトからメトロポイントへ交換

ポイントサイトからメトロポイントへの交換は、毎月15日までに交換申請を行いましょう。毎月15日までに交換申請を行うと、翌月11日ごろにメトロポイントへの交換が完了します。

 

例えば、4月15日にメトロポイントへ交換申請をすると、5月11日ごろにメトロポイントに反映されます。4月16日にメトロポイントへ交換申請をすると、6月11日ごろにメトロポイントに反映されます。1日遅れると、1か月交換完了が遅れます。

 

以下の場合、3月24日と4月14日にドットマネーからメトロポイントへ交換していますが、どちらも5月11日にメトロポイントに交換が完了しました。

 

ドットマネーからメトロポイントへ交換

 

 

 

メトロポイントに交換できるポイントサイトには、ドットマネー、PeX、Gポイント、Netmileなどがあります。

 

マイルに交換できるポイント交換・中継サイト比較一覧
ポイントサイトで貯めたポイントは直接マイルに交換できる場合もありますが、基本的にポイント交換・中継サイトに一度交換し、さらにマイルに交換することで効率よくマイルに交換できます。直接交換するよりも、中継点を経由して交換した方が獲得できるマイル...

 

 

2.メトロポイントからANAマイルへ交換

メトロポイントからANAマイルへの交換申請も毎月15日までに行いましょう。15日までに交換申請を行うと、翌月5日ごろにANAマイルに反映されます。

 

例えば、5月15日にメトロポイントからANAマイルに交換申請を行うと、6月5日ごろにANAマイルに交換完了します。5月16日に交換申請を行うと、7月5日ごろにANAマイルに交換完了します。やはり1日遅れると、1か月交換完了が遅れます。

 

 

ここで先ほどの注意事項を思い出してください。メトロポイントからANAマイルへの交換は月に20,000ポイント(ANA18,000マイル)が上限です。ポイントサイトからメトロポイントへ毎月20,000ポイント以上交換しても、20,000ポイントを超えた分はメトロポイントのまま、だぶついていきます。メトロポイントの有効期限は12か月なので、あまり貯めすぎるのは禁物です。

 

またメトロポイントからANAマイルへの交換申請は月に1回だけしかできません。5,000ポイントずつ交換しようと思ってもできませんので、一度に20,000ポイント交換しましょう。

 

 

ドットマネーからのメトロポイントへの交換がおすすめ

交換手数料無料

メトロポイントへ交換できるポイントサイトはいくつかありますが、おすすめはドットマネーです。その理由のひとつは、交換手数料が無料だからです。

 

PeXからの交換は1回500ポイント(50円相当)の手数料が必要です。Gポイントからの交換では5%の交換手数料が必要です。20,000ポイント交換しようと思うと、21,000Gポイントかかります。手数料還元サービスを利用すれば手数料分のポイントは返還されますが、手間がかかります。

 

ポイントの貯まるポイントサイト

もうひとつの理由はドットマネーに交換できるポイントサイトには、ポイントが貯めやすいサイトがそろっているからです。

 

ドットマネーに交換できるポイントサイトにはハピタス、ちょびリッチ、PONEYといった、当ブログおすすめのポイントサイトがあります。これらのサイトで貯めたポイントも、手数料無料でドットマネーに交換、さらにメトロポイントに交換できます。

 

 

ドットマネーへのポイント交換スケジュール

ドットマネーへのポイント交換・移行スケジュールも重要です。

 

ハピタスからドットマネーへの交換・移行スケジュール

ハピタスからのポイント交換は、交換申請の翌日より3営業日(月~金 ※土日祝祭日を除く)以内に完了します。ハピタスからドットマネーへの交換はドットマネーギフトコードの形で交換されます。交換が完了するとお知らせメールが届きます。メールに記載されているアドレスにアクセスし、ドットマネーギフトコードをコピー、ドットマネーに登録すれば交換が完了します。

 

ドットマネーギフトコードは1万ポイント単位で届きます。ハピタスから1か月間に交換できるポイント上限は3万ポイントなので、3万ポイント交換すると3つのギフトコードが届きます。

 

ドットマネーギフトコードの有効期限は2年間です。ドットマネーの有効期限は半年間と短いので、ハピタスから交換したギフトコードを2万ポイントだけ登録し、残りの1万ポイント分は登録せずに置いておくこともできます。

 

 

ちょびリッチからドットマネーへのポイント交換・移行スケジュール

ちょびリッチからドットマネーへの交換はなんと、リアルタイムです。交換申請をしてしばらくすると、ドットマネーにポイント交換が完了します。

 

ちょびリッチからはドットマネーギフトコードに交換もできます。この場合もリアルタイム交換です。ギフトコードはすぐに登録せず、有効期限内ならギフトコードのまま所持できます。

 

 

PONEYからドットマネーへのポイント交換・移行スケジュール

PONEYからドットマネーへの交換は4営業日で完了します。PONEYからは直接ドットマネーに振り込まれる形になり、ドットマネーギフトコードへの交換はできません。

 

 

ポイントサイトからドットマネーへの交換を、メトロポイント交換・移行スケジュール期限の15日までに完了するためには、土日祝日を挟まない場合は毎月11日までに、土日を挟む場合は毎月9日までに交換申請を行いましょう。

 

 

まとめ

  1. ポイントサイトからドットマネーへのポイント交換は毎月9~11日までに。
  2. ドットマネー(PeX、Gポイントなど)からメトロポイントへの交換は毎月15日までに。
  3. メトロポイントからANAマイルへの交換は毎月15日までに。

 

ソラチカルート カレンダー

 

以上を頭に入れて(カレンダーに書いて)ポイント交換・移行手続きを行えば、毎月最大18,000 ANAマイルが貯まっていきますよ。

 

 

コメント